「BBB」

BASEBALL馬鹿 BLOG

居酒屋放浪記NO.0072 ~Go For 2010!~「魚鮪旬菜 達(たつ)」(港区三田)

2006-06-23 22:52:18 | 居酒屋さすらい ◆東京都内
 なんか、デジャビュ。
 Bザイの会議室に座った瞬間、既視感に襲われた。
 このあと、確か日刊J動車新聞のF原君はこう言うはず。
 「こないだのベッカムすごかったね」と。
 あぁ。
 あの日も今日みたいにジメジメしてたっけ。
 
 1年に3回ほど、仕事関連の研究会が催される。
 毎年2月、6月、そして10月と。
 あれから4年間、この会に来て一度もW杯を思い出したこともなかったけれど、先日は何故か、4年前の韓日共催のW杯の時期に開催されたこの研究会の記憶が甦ってきてデジャビュに襲われた。やはり、W杯の雰囲気が空気中に漂っているのか。
 4年前の6月8日。
 札幌ドーム、アルゼンチンVSイングランド戦。
 前半の終了間際にデービッド・ベッカムがPKを決めて先制!
 ベッカムは熱狂的なイングランドサポーターへ向かい、自らユニフォームを引っ張って背番号を誇示した。
 その翌日、F原君はベッカムの真似をしてYシャツを引っ張ってみせた。

 そして、4年後のこの日、F原君は開口一番。
 「日本ダメだねぇ」などという。
 気だるい研究会と供にF原君の口調もすっきりしない。

 研究会は2日間行われ、初日の夜は決まって懇親会が行われる。
 この度の懇親会会場は「魚鮪旬菜 達(たつ)」。
 ここ最近東京での開催はここで行われている。
 芝公園のホテル三田会館の地下1階。
 一体誰がこの居酒屋を使うのか、と言いたいくらい人目につかない立地。
 安くもなく、高くもなさそうな、何の変哲もない店構え。
 カウンター席がなく、30坪ほどのお店は全てテーブル席。古臭くもないが、新しくもない。店内は明るめでやや黄色がかった灯りに包まれている。

 北は札幌、南は熊本まで、総勢22人、平均年齢50歳?の懇親会は静かに始まった。
 キリンラガーの瓶ビールで乾杯。
 とにかく、おじさん方はキリンラガーが好きだ。今ではもうラガー製法ではないのに。

 店はこの日、この懇親会のために貸し切られた。
 店の半分は女性ッ気のないオヤジたちが占拠し、あとの半分は無残にも荷物置き場と化している。
 テーブルに運ばれてきたのは「里芋の煮っ転がし」。
 さくさくとした繊維質とねっとり感が交錯する。品種は「土垂」のようだ。
 酒がいくらか入ってもオヤジたちの口からはW杯の「ワ」の字もでない。
 まぁ、そりゃ出ないだろナ。
 知らないのはオヤジたちばかり。
 それぞれに抱えている社員たちの多くはW杯で仕事どころじゃないはずですよ!
 聞くところによると、ドイツの自動車メーカーの工場は、地元のクラブが負けると月曜日の生産性がグッと落ちるそうだ。
 きっと6月13日の日本全国の仕事ぶりは悪かったんだろうなぁ。

 仕事ぶりといえば、4年前、決勝トーナメントに進んだ日本代表の対トルコ戦は昼間の3時半のキックオフだった。
 わたしは、3時頃、強い雨足の中、そっと会社を後にした。
 ホワイトボードに得意先の名前を記して。
 行き先は特に決めていなかった。品川か田町に行けば何とかなると思っていた。
 どういう理由で田町に降りたか、忘れてしまったが、駅前の居酒屋の店頭に「W杯放送中」と書かれているのを見つけ、暖簾をくぐった。
 席はひとつだけ空いていた。
 試合は既に始まっており、20人くらいいる客の目線は頭上のワイドテレビ。
 わたしは、広いテーブルの椅子に腰掛け、目の前にあった品書きに大きく書かれていた「晩酌セット」なるものを頼んで雨降りそぼる宮城スタジアムからの映像を凝視した。

 「晩酌セット」なるものは生ビールの中ジョッキに枝豆の茹でたもの、そして皿に盛られたピーナッツだった。これでちょうど1000円。これでサッカーの大事な試合が見られるのだから安いというべきものだった。
 
 それから4年が経ち、その店はいつの間にか跡形もなくなっていた。
 「山や」という立ち飲み屋に変わっていたことに気がついたのは最近のことだ。

 キリンラガーを飲んでいると、唄のフレーズがさっきから頭を駆け巡っている。
 ♪そして4年の月日が流れ去り♪
 ん?4年じゃなくて2年だろ。
 ♪あれは6月眩い日の中で♪
 いやいや、6月じゃなくて8月だ。

 4年前はまだ江戸川区の西葛西で一人暮らしをしていたっけ。
 まだ、結婚などしておらず、山口に住む妻と遠距離恋愛をしていた。
 勤め先も現在の会社ではなく、大田区の蒲田まで通っていた。
 4年間は短いようで長い。
 次の4年間で、わたしはどのように変わっているのだろう。

 キリンビールに飽きたわたしは、他のものにしようと飲み物が置かれているテーブルに向かった。
 焼酎が置かれている。
 きれいな青のボトル。
 瓶には「麒麟麦焼酎ピュア ブルー」と書かれている。
 氷をグラスに入れ、焼酎をそそいだ。
 カチリと氷が音をたてて少しだけ溶けた。

 また4年後に……。
 そして、今度は世界にブルーを咲かせてくれ。
 Go For 2010!

コメント (8)   この記事についてブログを書く
« モザイクの一球NO.0027 ~さ... | トップ | 居酒屋放浪記NO.0073 ~立ち... »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
4年後には・・・ (まき子)
2006-06-26 15:09:36
4年後にはお子ちゃんも4歳・・・。

すいません、変なネタで(汗)。

でも、4歳ならもう選手の区別もつきますね!



4年後・・・確かに自分も周りもお店もどう変わっているんだろう?!

と思うと耽ってしまいます。

4年前の自分とは随分変わったような

全然変わってないような。
女神のようだぁ。 (熊猫刑事)
2006-06-26 21:31:14
いやぁ、最近誰もコメント寄せてくれなくて。。。。。。。寂しい今日この頃でした。

まるで女神のようです。



「4年前、フリーランスの記者になってドイツにいるよ」と豪語していましたが、結局日本にいます。。。。



なにぃ、今度こそ!!

「4年後は南アフリカにいるぞ~っっ!」

何の脈絡もない返事すみません。
じゃあ俺は (怪鳥)
2006-06-27 16:52:20
さしずめ男神(なんて読むのだろうか?)ですね。だって「何の変哲も無いお店」って言われちゃあ突っ込み様が無いぜセニョール!「居酒屋放浪記」なんだからそこんところヨロシクベイベー!!誰だ俺?
世の中には。 (熊猫刑事)
2006-06-27 21:35:48
いろんなお店がありますね。

いいお店もあれば悪いお店もある。

個性がないのが個性なら、何の変哲がないのも個性かもね。



そこんとこ、よろしく。



この店、一度行ってみる?
はは~ん (怪鳥)
2006-06-28 09:32:33
さては店のネタ切れだな?(笑)いや、私は遠慮しておきます。お客さんの接待や、このような会合には意外と無個性な店が良かったりするよね。だって、その人の趣味なんて判んないからねえ。

今日か明日、どっか行くかい?
ネタ切れ。 (熊猫刑事)
2006-06-28 13:02:19
枯渇してるねぇ。ネタは。

けれど、いろんな店を書きたいやね。



今日、明日都合悪し。

来週にしましょう。



ところで、先日、R天球団の方に言ってくれた?

オファーないんだけど・・・。
了解です (怪鳥)
2006-06-28 14:04:16
そういえば言った様な言わないような・・・・。そんな事言える様な雰囲気だったような、雰囲気じゃなかったような・・・・。ちなみにもし社員で働くとすると平均年齢は27~28歳位みたいよ。みんなものすごく若い!でも優秀そう。ついていけるかしら
それは職員ね。 (熊猫刑事)
2006-06-28 23:08:49
言わなくて正解だったでしょう。

純粋に野球が好きなら、外から見ているほうが絶対に楽しい!

野球がビジネスになったら楽しくなくなるでしょ。

でも、今秋ドラフト諦めていませんよ!

明日は広島出張です!

コメントを投稿

居酒屋さすらい ◆東京都内」カテゴリの最新記事