「BBB」

BASEBALL馬鹿 BLOG

カレーさすらひ 099 - 店舗限定もの -「カレーは飲み物。 御徒町店」(台東区上野)の「春のバターチキンカレー ラプソディ」

2019-07-16 14:19:36 | カレーさすらひ

会社から最も近い「カレーは飲み物。」はアキバの店舗。徒歩約8分である。一方、御徒町店は約10分。微妙に御徒町店の方が遠い。したがって自然とアキバの店に足が向く。御徒町店は、アンテナショップなのか、時々スペシャルメニューが用意されている。「牛カツカレー」は以前、御徒町店だけのよるメニューだった。ところが、たまたま店の前を歩いていてスペシャルメニューを見つけた。

「春のバターチキンカレー ラプソディ」(960円)。

春のメニューとあるのは、もう随分前から実施していたのだろう。季節はもう夏である。いつ、メニュー終了となっても不思議ではない。食べるなら今だ。今しかない。

しかしながら、いい値段である。躊躇しかねない値段設定だ。

「赤い鶏カレー」が790円という絶妙な価格帯を実現している「カレーは飲み物。」らしからぬ設定ともいえる。

さて店に入り、食券を購入。ごはんは300g、トッピングは、玉子、パクチー、豆サラダでオーダー。

そして出てきたカレーがこれ。

赤でもなく、黒でもない。表現すれば黄色ともいえるバターチキンカレー。

まぶされているのはバジルパウダーか。添えられた副菜はたまねぎのアチャールとみた。このアチャールはベンガルのものに似ている。

さて、カレーソースだが「カレーは飲み物。」とは思えないまろやかさである。これはバターの恩恵の何者でもない。

うまし。

チキンとバターというカレーの王道を行くソースに、しばし感動を覚える。

バジルパウダーの苦味がまろやかさにアクセントを与える。なるほど、バジルパウダーが春っぽさを感じさせるわけだ。

後半戦はレモンをしぼってカレーソースにまぶす。これで爽やかさのギアをもう一段上げてみる。

やはり、うまし。

もしかすると、これで960円は決して高くないかも。

あっという間に食べ終わってしまった。

バジルとチキン、バターは一見すれば繋がっているように見える。だが、「ラプソディ」とあるのは、異なるものをつなぎ合わせたという意味があるのだろうか。

そんな狂詩曲を感じさせない一品だった。

コメント   この記事についてブログを書く
« 居酒屋さすらい 1507 - 伝説... | トップ | 居酒屋さすらい 1508 - マス... »

コメントを投稿

カレーさすらひ」カテゴリの最新記事