「BBB」

BASEBALL馬鹿 BLOG

居酒屋さすらい 1522 - 初カウンターにて - 「鳥勝」(品川区立会川)

2019-08-20 05:11:33 | 居酒屋さすらい ◆東京都内

なんだか、無性に「鳥勝」に行きたくなった。いつもはBザイから直帰の場合、新橋へ向かうのだが、この日はそんな気分になった。たとえマイナスのパスを出してでも、立会川に行きたくなったのだ。仕事が終わったのが17時半。田町から「鳥勝」に着くのは頑張っても18時を過ぎる。

既に混雑しているだろうと入口を開けると、案の定満員。ただ奇跡的に手前のカウンター一席が開いていた。

しかし、カウンターは気が重い。ただでさえ、常連感の強い店。そのカウンターの魑魅魍魎ぶりは想像に難くない。だから、今までカウンターが空いていても、わざわざ奥のテーブル席に着いてきたのだ。

とうとうそこから逃れられない日がきた。しかし、果たしてその席に着いていいのか、もしかして常連さんの席ではないのかと様子をうかがいながら、そろそろと席についた。すると、隣の隣にいた常連さんがこちらを振り向いた。

ギクッ。 やっぱ、ここには座ってはいけなかったか。

だが、その常連さんはニコニコしながら、自分に台ふきを1枚手渡してくれた。それですっかり安心することができた。

カウンターをまじまじと見ると、おかしな造りになっていた。真っ直ぐな一直線ではなく、鍵状というか、一席分クランクになっている。どうして、そうなっているのかが分からないのだが、一席分の直角状のスペースに人は入れず、ちょっとしたデッドスペースになっているのだ。自分がポジションしたのはそのクランクに差し掛かる入口手前のポイントだった。したがって自分の隣に人はなく、右斜めに読書に耽る常連さんがいらっしゃった。

カウンターに無事落ち着いたものの、この場でのオーダー方法が分からなかった。目の前にはマスターがいたが、忙しそうに働いている。常連さんらは口頭で注文しているが、なんとなくそれは憚られた。仕方なく、カウンター奥にあるメモ用紙と鉛筆を取りに行き、この店のスタンダードな注文方法でオーダーすることにした。

まずは、「レモンハイ」と「DX納豆」、そして「ハラミステーキ」。これ自分の定番。これだけでもう幸せな気分になれる。

「レモンハイ」を飲み、「ハラミステーキ」をいただくとレモンの酸味とハラミの旨みが相まって独特の甘味が口の中に現れる。それが堪らなくうまい。既に満席になっていた店内だが、その後も続々と客が訪れる。もはや入れないと思われたが、なんと入口と厨房の狭間部分に急ごしらえの席が作られ、2人の客が通された。やっぱ「鳥勝」はすごい。ひざげりさんの情報によると、ボトルキープの「ダイヤ焼酎」はマスターとママの寝室にもあるというのだから、いずれ客が入れなくなったら、そこまで拡張するんじゃないかと心配になった。

さて、「ハラミステーキ」も残り少なくなり、次の展開に移らねばならない。オーダーするものは、「コブクロ刺し」と決まっていたが、オーダーのタイミングがなかなか訪れず、またもや紙に書いてマスターに示した。カウンターは店のダイナミズムをダイレクトに感じる場で好きなのだが、「鳥勝」のカウンターは敷居が高い。

「レモンハイ」はおいしく飲ませていただいたが、それよりもカウンターの雰囲気にのまれたともいえる。何人かの常連さんとは、笑顔で挨拶できたが、細面のおっさんには無愛想にされた。初訪問とおぼしき隣の若造と親しく話していた、細面。若造が帰り、細面はその席に移動してきたため、「今日も暑かったッスね」と声をかけたら、「あぁ」と面倒臭そうな声で一蹴された。あまり、深入りしない方が良さそうだなと思い、「コブクロ刺」に集中した。

やはりこれはうまい。ピリリと辛いオリジナルタレがかけられた「コブクロ刺」は最高だ。組み立て方としては、最初にオーダーして、次に「ハラミステーキ」へと流れていく方が得策だと思った。

今日も旨かったし、カウンターを体験できたのは収穫だった。次はもう少しリラックスできそうだ。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 居酒屋さすらい 1521 - 最強... | トップ | 居酒屋さすらい 1523 - 休み... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ひざげり)
2019-08-20 10:39:41
カウンターの方が気楽ですよ。
おしぼり渡して来たのは多分、M原さんですね。あの辺の人達はここで人と話すのが楽しみな人も多そうだから、話しかけられるまで黙って飲んでりゃ良いんですよ。
オーダーはマスターよりママに頼む方が精度が高いです。
Unknown (熊猫)
2019-08-20 13:51:34
ひざげりさん。
アドバイスありがとうございます。

お店によっては、カウンターの席が決まっているケースもあったりして、ちょっとドキドキしてしまうんですよ。

マスターに注文すると、「え?」ておっしゃいますね。
今度はいつ行けるかなぁ。

コメントを投稿

居酒屋さすらい ◆東京都内」カテゴリの最新記事