「BBB」

BASEBALL馬鹿 BLOG

目指せ!ドラフト 草野球日誌♯11「マルチヒット」

2006-06-07 23:30:40 | 草野球日誌
いやぁ、これを書いている今も太腿四頭筋が痛いねぇ。
練習試合から3日目。
おっさんの筋肉痛は未だにひけてないよ。

しかし、この筋肉痛は実に心地よい。
こないだの試合、2安打打ちました!
しかも、全打席出塁です。
2本目のヒットは完璧。5球目の落ちる球を右中間にライナーで破る2塁打。
もし、川の土手がなく、平地が広がっていたら3塁も陥れていたことでしょう。
打ったあと、背後の相手チームの捕手が呟いた言葉が、一塁に走る熊猫に聞こえてきました。
「この難しい球を打たれるなんて」。
2週連続で練習試合をこなした熊猫、いよいよ今秋のドラフトに向けてエンジンがかかってきました!

3年ぶりに活動を始めた浦安ルーキーズ。
6月3日、早朝4時半に起き、葛飾区四つ木にある河川敷の球場で練習試合をこなしてきました。
熊猫は1番2塁で先発出場。相手チームの投手は右投げ。したがって熊猫は左バッターボックスへ。

【第一打席】1回裏 先頭打者・・・・・・結果〔1塁ゴロ敵失〕
 初球  高めのカーブを空振り。
 2球目 ストレートが外角に外れボール。カウント1-1。
 3球目 またもややや抜け気味のカーブに手を出し空振り。
 4球目 やや真ん中の直球を引っ張って一塁手正面イージーゴロ。しかし、一塁手が弾き、その間熊猫は一塁を駆け抜けセーフ。出塁。

その後、熊猫、すかさず盗塁に成功。その後、3番打者のランニングホームランで熊猫生還。1得点。

【2打席目】2回裏 先頭打者・・・・・・・結果〔右前打〕
 初球  内角やや高めの直球ストライク。
 2球目 ほぼ真ん中の直球を強振、一塁線に鋭い打球。一塁手の脇をすり抜けて右翼線へゴロのヒット。
その後は後続が凡退して無得点。

【3打席目】5回裏 無死1塁・・・・・・・・結果〔2塁ゴロ敵失〕
 初球  直球が外角に外れボール。
 2球目 再び直球。内角に来たボールを強振。かすりもせず、空振り。
 3球目 スライダーが内角に。ベース手前でワンバウンドしてボール。
 4球目 そろそろ、カーブが来るだろうと思っていると、案の定、カーブが外角から内角に巻いてくるような軌道で投じられた。「来たっ!」と思ってスイングすると見事相手バッテリーの術中にはまって、ボテボテの2塁ゴロ。しかし、これまた相手2塁手が弾き、熊猫走者に出る。

この回、後続の打者が安打で繋ぎ、今日2得点目となるホームを踏んだ。

【4打席目】6回裏(この回頭から投手交代右投)1死走者なし・・・結果〔右2塁打〕
 初球  外角に直球、判定はボール
 2球目 外角高めカーブが外れボール
 3球目 直球、外角低め、ボール。3ボールナッシング。
 4球目 ストレートで1ストライクを稼ぐ。
 5球目 フォーク、或いはパームボール?とにかく膝元に落ちていく球を見逃さず、やや無心でバットを出すと、前述したとおり、右中間に抜けるクリーンヒット。スタンディングダブル!

後続の打者がその後しっかりつなぎ、熊猫、この日3得点目のホームを踏んだ。

結局、この日の熊猫。
4-2安打で終了。

2試合を消化した熊猫の成績は
6打数2安打。打率.333。打点0。
得点圏打率。1-0で000。

盗塁1。
出塁率6-4で.667。長打率は6-3で.500。
まだまだ物足りないが、久々の練習試合は調整の時間として、有意義だった。
あとはこのまま、快進撃を維持して、今秋のドラフト戦線へ。

6月18日はいよいよマイティフロッグスでの公式戦に出場である。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 居酒屋放浪記NO.0069 ~新橋... | トップ | 居酒屋放浪記NO.0070 ~侮れ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
すごいじゃな~い! (怪鳥)
2006-06-09 10:44:36
でもやっぱりこういう話は失敗した話のほうが面白いと思うのは私だけであろうか・・・。
そうなんだよ。 (熊猫刑事)
2006-06-09 13:48:11
 だんだん書いていてつまらなくなってきた。

 書き方をいろいろ書いてみようとも思ったんだけれど、ね。

 しばらくは、試合の結果が続くけれど、夏が終わる頃から、変わってくるでしょう。

 

 なてったって、この秋にはプロ野球に転職ですからね。

コメントを投稿

草野球日誌」カテゴリの最新記事