感謝と祈りといやし

熊本アンテオケ教会の神様の栄光の表れを神様に栄光を帰しながら書いていきます

免許証

2018年10月09日 | 感謝
免許証がない事に気がついて、まずは、バックの中から探しました。勿論、感謝しながらです。
ない、ない、ない。
家の中を感謝しながら片付けていきました。
でも、無い!
諦めて、警察に届けようと思い、もう一度バックの中を探しました……
すると、ありました。チャクを開けるとありました。
ハレルヤ!
2、3日不携帯と思い心配しながら運転していたが、
不携帯ではなかったんだ!
ハレルヤ!神様感謝します。
コメント

失敗も益に

2018年09月11日 | 感謝
恵みによって、今年も白馬キャンプに行くことが出来ました。
私達夫婦と甥の和さんも行きます、

彼は自閉症で、知的障害があり、パニックを起こすと、

自傷行為があり、奇声を発します。

それで、精神科の薬を服用しています。

薬を飲んでいてもパニックを起こす事があります。

3年前、薬を忘れ、東京アンテオケ教会のスタッフの方に、病院を探していただき、熊本の病院に連絡したり、
大町公民館から、1時間ほどかかる所に、車で、送ってもらっただけでなく、診察を受け、薬が出るまで待ってくださり、大変お世話になりました。

それで、白馬キャンプに行くために、まずすることは、

和さんの薬の準備でした。

しかし、白馬に向かうバスの中で、

準備していた大事な薬を忘れた!

事に気がついたのです。

😱😥😰😥😓

夫にも言わず、祈ることにしました。

薬を忘れた事を悔い改め、感謝しました。

感謝し続けました。

和さんに平安が与えられ、

パニックが起こらないように、お祈りを続けました。

最後まで、守られました。

神様、感謝します。❣️

和さんは、小さなパニックも起こさず、

ニコニコしていました。

感謝は、すごい❣️

イスラエル




コメント

祈りが答えられた。

2018年04月19日 | 感謝
今週の17日の火曜日に姉の用事で 私達がお仕事をお休みを取ることになりました。
私は事務所なので都合はつきますが、主人は会社の派遣先である高級料理屋さんに作業をしに行く日でしたから救急に休むと、代わりの人がいないので会社にも、メンバーの人にも迷惑をかけてしまいます。
でも、神様に祈った上で上司の方に話したら、1つ返事でお休みが取れました。😃

ただ、主人が抜けた上に高級料理屋さんが忙しいと、少ないメンバーで、セッティングしないといけないので メンバーの人が無理をしてしまいます。
私達はメンバーの人に忙しく無いように祈りますね、と言いました。
そして、当日の早天で2人で作業が忙しくないように、問題がおきないようにとお祈りしました。
後でメールで、メンバーの人にお仕事の事を聞いてみましたら料理屋さんの仕事は全く忙しく無く湯取りで作業が出来たそうです。
今回も、神様が守って下さったをですね、良かったです。
Watanabe

コメント

伯母の召天

2018年04月15日 | 感謝
 先週の日曜日の午後、
施設入所中のアルツハイマーの伯母(母の実姉)が、天に召されました。
 
 おばは寝たきりでもなく、健康状態も上々。アルツハイマーの「あんた誰ね」という症状もなく、極度の物忘れと腰痛位しか問題ない人でした。
 
しかし、朝に少し体調が悪くなり、午後に急変。
私の母に連絡がきた時は、既に伯母は天国の住民となっていました。
 
伯母は80代後半でしたが、若い頃から常々「私ゃ“ピンピンコロリ”がヨカ~」と言っていました。
急変して約30分ほどで本人の希望通りになった事も、神の御配慮があったのかもしれません。

伯母存命中に色々と相談に乗って頂いたり、お世話になった方々には、伯母に変わって感謝のをさせていただきました。
特に、介護職に就いている某兄弟は、「伯母さんどうしてる?大丈夫?」と、気にかけてくれました。神は彼によって、幾度となく母と私の心理的/実際的な負担を軽減して下さいました、神にも彼にも他の方にも、本当に感謝しています。
 
 
 伯母は私が導いて救われた、最初の人です。伯母は、赤ん坊の頃から本当に可愛がってくれました。私も、美人で明るい性格の伯母が大好きでした。
 
 胸に、ふっと湧いてくる寂しさは今でもあります。しかし、不思議な事に悲しみは全くありません。
お通夜で伯母と対面した時、まるで眠っているようなやすらかな顔を見て、「伯母の魂は天国へ行ったんだ」と確信しました。
 
今でも「伯母はもう、この世のどこにもいないけど、天で永遠に生きてる。また会える」と、
神への感謝が心にあふれ、笑顔で神を賛美したくなります。

たまに「“天国にいる伯母”は今、どう過ごしてるだろうか」と、思いを巡らせると・・・
 
「な~んば、あんた達ゃしんみりしとるとね
「私ゃ~、もう死なんとばい。特にhiromiあんたにゃー、あと、999,999人おるとばい(=1,000,000人の救い-おば1人)。気持ちば切り替えんね」(※1)
 
…と、アルツハイマーになる前の《超元気な伯母》の姿をつい想像し、可笑しくなります(笑)。
 
伯母と天国で再会する日が楽しみです。天国にまた一人、知り合いができました。
 
神に、心からの感謝を捧げます。hiromi
 
(※1) 主の十字架クリスチャンセンターの教会では「1人が100万人を救う」という召しが、皆に語られています。(←礼拝を守る。祈る。聖書を読む。神に召された働きをする。それらを通して達成されます)
コメント

ホームペイジ

2018年04月11日 | 感謝
主日礼拝の保存版を作成しょうとしても、パソコンのダウンロードが出来ず、何回やり直しても出来ない。
サポート受けようとしても、意味分からず、諦めてしっかり感謝しました。そうしたら、出来ました。
これからは、祈って感謝します。
コメント

夫が変わってきた

2018年03月09日 | 感謝
夫はB型肝炎による肝臓ガンを発症し、昨年余命1年以内と宣告されました。
最初の病院から「うちでは、もうこれ以上の治療は出来ません」と言われ、肝臓ガンの専門医の居る次の病院を紹介され入院しました。

次の病院でも40日ほど入院し治療を受けましたが、退院の日に「治療は成功していますが、腫瘍の悪性度が強く全く効果が出ていません。 2週間ほど身体を休めて、リフレッシュしてから、久留米大学病院に入院して放射線治療をしてみませんか」と言われました。
いくつかの治療をして、もう放射線治療が最後の治療なのですが、主人も私も、先生の言葉から希望を見出すことが出来ませんでした。

もちろん、私はお医者さんではなく神さまに期待していましたが、主人は病院の先生に期待していました。
ですから、主人の落ち込みは大きいものでした。
私は何としても久留米大学病院に入院する前に、テニスボールほどの2つの腫瘍と複数の小さな腫瘍が、小さくなって今の病院で通院しながら治療を受けれるように、そして神さまの完全な癒しがなされるように祈りました。
そして「この2週間、毎日手を置いて癒しの祈りをしよう」と決心しました。
そして、主人に「手を置いて祈っていいね❓」と聞きました。 主人は「いいよ」と言ってくれました。
いつも主人の態度が冷やかし半分だったので、癒しの祈りは気が進まず、あまりする事がなかったのです。

しかし、その時はテレビを消して真剣に祈る事が出来ました。 主人も黙って祈られていました。 こんな事は初めてでした。
抗がん剤の副作用で毎日熱が出で、熱を下げる薬を飲んでいますが、中々熱が下がらないようでした。
主人は「熱が下がらんけん、祈って。」と言うようになりました。 ある日の癒しの祈りの後「お前、同じ事を何度も祈るなぁ。 何回も同じ事を言うから、俺はてっきり神さまが耳が遠いのかと思ったぞ。」と言ったのです。

主人が初めて「神さま」と言ったのでビックリしました❗️ いつも「アーメンソーメン冷ソーメン」と言っていたので、主人の口から「神さま」という言葉を聞くとは思いませんでした。 本当に嬉しかったです。
主人の救いと、肝臓ガンの癒しを神さまに期待しています❗️


murakami



コメント

感謝です。

2018年02月23日 | 感謝
昨日はバイオリンのレッスンに行きました、月に2回のレッスンなのですが、主人に送り迎えをして貰わないといけないのでどうしても主人次第ということになります。
仕事がキツい日が続いて、夜に教会の行事などがが続くと主人には頼めないので、ここのところレッスンは月1になっていますゴスペル教室の練習が難しいので、どうしてもバイオリンの練習が出来なくて、上達が遅れています。
自分の力ではどうにもならないので、神様に頼らないといけないですね。

Watanabe

コメント

1番

2018年01月04日 | 感謝
3月の礼拝場所を確保する為に、くじ引きに行きました。早天で祈り、運転しながら、1番を引けるように祈りました。祈りは答えられました。思わず、ガッポーズをしました。神様感謝します。



イスラエル出西
コメント

ホームページ

2017年11月22日 | 感謝
私は、私を強くしてくださる方によって、どんなことでもできるのです。

私は、ホームペイジを制作するのに、自分の無力を知りました。
覚え悪いし、習った事を書き留めていても、分からず、
諦めていました。
しかし、私しか今はいない、で、この言葉に頼ったのです、そうして、教会の皆さんに祈ってもらったのです。
神さまは、本当に、私を強くしてくださったのです。
出来るようにしてくださいました。
強くしてくださった神さま、教えてくださったコルネリオさん、祈ってくださった方感謝します。


イスラエル出西
コメント

神さまの助け

2017年10月09日 | 感謝
私は機械は苦手で、家のTVの録画の仕方もわからないのですが、教会ではPAの奉仕をしています。
何も解らないところから、神さまに頼ってここまで来ました。
ところが、最近ワイヤレスマイクの調子が悪く、新しいワイヤレスマイク(ヘッドマイク)を購入して頂きました。 しかし、これが最新式で、どうやってセッティングしたら良いのか、説明書を読んでもサッパリわかりません。
やっとセッティング出来たと思ったら、マイクの方に電池を入れてONにしても、ウンともスンとも言わない。 何処のセッティングが間違っているのか⁉︎
色々やっても、全くダメで時間ばかりが過ぎて行きました。

カリスマ聖会を1日後に控えて、焦ってしまい
「60歳にもなって、こんなの、わかるわけないたい!」と腹立たしく思えて来ました。

感情的になって、つぶやいてしまった事を悔い改めて、神さまにセッティング出来ない事を感謝して祈りました。

そうしたら、「これ、電池を互い違いに入れるみたいよ」と娘を通して助けが来たのです。
なんと、同じ方向に電池を入れていました。
そういう固定観念にとらわれていたようです(>_<)
あっと言う間にセッティングが完了しました。
ライトがついて、きれいに音が出ました!
「良かったぁ!出来た!間に合った!」

60歳で機械が苦手な私ですが、神さまに助けて頂いて日々のPAの奉仕が出来ている事を、心から感謝しています。 神さまをほめたたえます。

murakami


コメント