sushigoroの

ぶっちゃけた話し!

就活・・・!?

2010年06月06日 16時07分39秒 | Weblog

4月9日に日本上陸をしてその2週間後から就活を始めました・・・
日本での就職は厳しいとは自負していたが 実際に活動して想像を大幅に上廻る厳しさには正直びっくりです! そして給与も安く・・・
仕事をしたくてもこれでは仕事にありつけないというのが今の日本の社会ですね~
とにかく求人が少ない 3年ほど前が100としたら今は15というところでしょうか? 逆に仕事を求めている人が多くなりその割には働くところが無いということです

募集のほとんどは中から大の企業 小企業や個人経営的なところはほとんど出ていない! それだけ社会情勢が厳しいということでしょ~
アルバイトやパートで職を選ばなければ 若い者であれば難しくなく職に就くことは可能だが40過ぎての就職は日本では厳しいものが更に厳しくなってます

募集要項には性別や年齢などは明記しないかたちにはなっているが これはたてまえだけで雇用する側の判断基準の多くは能力や経験がある無いにかかわらず年齢重視ですね~ 日本は・・・
中には堂々と「年齢不問」と明記しているところもあるが やはり年齢で選っているのは事実です
今はメチャクチャ「買い手市場」ひとつの公募に多くの者が応募する状態です 歳いった者はかなりハンディキャップを負わされているということですね~
そして時間が掛かること・・・
企業は切羽詰っている訳ではなく 募集しても応募者は多いので選り取りみどりで時間も掛けられる! 応募者は「早く仕事がしたい!」という者が多くその感覚にも大きな違いが出ています・・・

そう考えるとまだナンダカンダいってもCanadaの方がマシかもね~
Canadaも以前よりは厳しい状況にはなって来てはいるが 一般的には就職口はあるしCanmoreのスーパーSAFEWAYやsobeys ・コーヒーのTim Horton等で働いても時給13ドル(1300円)スタートですよね~ ジャパレスのサーバーやって最低賃金の$8.80で働いてもチップがあるので 日本で働くよりやはり条件は良いかと思います・・・
金を稼ぐなら日本でという神話は完璧に崩れてますね~
またこれらのことは東京でのことで 地方に行けばもっと条件は厳しいものだと思います?

 

そう いっそのこと東京離れて山にでもこもるかと思っていろいろ調べたが やはりびっくりする現状になってました・・・
この時期は各山小屋で夏に向けスタッフ募集をしているところが多いです 期間は1ヶ月短期から4ヶ月くらいの募集で・・・ すでに募集は終わっているところもあるが・・・
北ア・南ア・八ヶ岳を中心に調べたがそのほとんどが年齢制限を設けているということです

以前は「山好きであれば年齢は問わず!」というところがほとんどであったが 今は35歳までとか40歳までとか50歳くらいまでとか・・・
中には昔と同様に「山好きであれば年齢問わず」と年齢では無い何かを求めている小屋もあるが・・・
山好きで山小屋でもこもってみたいと思っている私には正直悲しいものを感じました  人と人が心で触れ合う山でも事務的なものになっていると・・・

理由はやはり職を求めている人材が多いということです
下界は就職難で職が見つからない者が山に入って来るといことのようです・・・
山小屋でも人材は選り取りみどりのようですね~

今も引き続き就活中です!
もう今月で就職出来なかったら心入れ替え「遊びまくったろ~」に徹しようかな! と思っています・・・
遊びまくろうかな! と思える人はまだ良いが その様な余裕の無い方はかなり厳しい現実だと思います
鳩山君から菅君に変わったがどうなるのでしょうかね~ 日本は・・・?
新内閣発足して今日で2日目 国民の菅総理の支持率は50ン%とのことだが何時までこの数字が保てるか? あまり期待は出来ないが期待せざるを得ない崖っぷちに立たされているのが日本国民の心境ですね~

コメント (4)