格差のない平和な社会をめざして   

社民党の理念は「平和・自由・民主主義・平等・共生・連帯」
「社民党の活動を知って下さい」を目的に作成してます。

社民党支持者から手紙「党費の割引制度を」

2018年12月06日 | くまじろうの一言コラム

 党支持者から、「党費の割引制度の提案」のお手紙をいただきました。

 社民党の党費は年齢による党費を設定しています。
収入がある人を対象とした制度です。
他の政党でも、収入の何パーセントとか、定額の党費制度を行っています。

 現在、社民党では割引制度は取り入れていません。
何らかの事情で収入が少なくなった時は、申請により「減免」という事を行っています。

 社会党時代に飛鳥田委員長が「百万党建設運動」の党員拡大運動の時、
イタリア共産党の「カード党員」を提案したした事がありました。

現代風にアレンジすれば、一定額(例えば1,000円)の党費を払い、
1年間の「期間限定の党員制度」などが考えられます。

社民党応援団として「がんばれ社民党OBGの会」もあります。

党員制度ではありませんが、「サポーター制度」を取りれている福岡県連合大分県連合があります。

多様な「党員制度」があってもいいと思っています。
党員にはなれないけれど応援する「サポーター制度」の両輪が必要です。

 

 手紙を転載しました。

『前略 私は、党員ではありませんが、社民党を支持しています。
社会新報を読んでいます。

会員(党員)になるのに障がい者割引制度があるといいと思います。

6千円(*1)は、少し高いので、

「来るものは拒まず、去る者は追わず」でおれば、
入会(入党)を検討するのもいいかと思います。

制約があるのでそこまでしなくてもいいかと思いますが、
社民党はまともなことを言うので支持します。

  かしこ』

(*1)
社民党は、年齢による党費制度を採用しています。
40歳未満、月額1,300円
40~60歳未満、月額2,000円
60歳以上、月額1,000円
年金党員(収入が年金だけの場合)、月額500円
協力党員、月額500円

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 岩槻で「社会新報」岩槻版の... | トップ | 党北ブロック会議 統一自治... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

くまじろうの一言コラム」カテゴリの最新記事