リベルテールの社会学

生きている人間の自由とは、私の自由と、あなたの自由のことだ。そして社会科学とは、この人間の自由を実現する道具だ。

命題を構成する定義と社会科学との関係

2019-01-07 13:14:11 | 社会学の基礎概念
 こんにちは。前回から2日しか経っていないのに突然の登場ですが、前回最後のアリストテレス問題。1週間後に引用もなしに「続き」として議論するのも恥ずかしいので、引用なしにやっつけてしまおうと思いました。「時間がなかったので調べてません」という言い訳(私が教師なら「時間はあるはずです」とか言いますが)。論理学などかったるいからね。

 ではいきます。
 「壺齋散人(引地博信)」という方のブログにこういうのがありました。
 「バートラント・ラッセルはアリストテレスの三段論法説に潜む問題点として、次の三点を挙げている。
たとえば「すべてのギリシャ人は人間である」という大命題があるとした場合、それは「ギリシャ人は存在する」と「もし何者かがギリシャ人であれば、それは人間である」の二つに分ける必要がある。「すべてのギリシャ人」という言葉の中には、「ギリシャ人は存在する」は当然のこととしては含意されていない。それをわれわれに納得させるのは経験に基づく帰納の結果なのだ。このことを忘れて三段論法をもてあそぶと、幽霊の類にも実在性を付与しかねない。これがラッセルのアリストテレス批判の第一点である。」
 ここでは「今回の記事はラッセルは関係なく」ということを言うために引用させていただいたところ。
 さて、この大命題、こんなものは定義です。したがって自由であり、イデオロギーです。「ギリシア人」という概念の規定因子のない文章は、社会科学上の意味はありません。もちろん人文科学でもないでしょう。この「大命題」なるものは、文学であり、思想です。
 それはアリストテレスが悪いわけではありません。すべて「定義」とは個人の趣味であり、他方、政治的イデオロギーなのです。
 
 どうですか? こんなこと誰か言った? いや、ラッセルはくだらないので読む気なく、引地氏のを引用させていただいた、というのもありますが。
 「すべてのギリシャ人は人間である」というどうでもいい文は、その時代・その地域の人間に読ませれば、ペルシア人は人間ではない、と言っていたり、ギリシア人の奴隷は当然に人間ではない、と言っているのです。「そんなこと言ってない? じゃあギリシャ人てなにさ。」「ギリシア人とはいついつどこそこに住んでいる人間だ。」「人間? 重複しますが」「いやホモサピエンスだ」。かくのごとく、この「大命題」なるものは無意味です。論理学なんだから無意味でいい? そう、何度も言うように、社会科学とアリストテレスは、いっさい関係がないのです。
 「そんなことをいったら定義などできないじゃないか」とおっしゃる。そうじゃなくて、定義は無意味であり政治的にしか意味はないのだけれど、社会科学が行うべきことは定義ではない。定義を成り立たせる社会の規定因を述べることなのです。全ての社会の関係は、それをなんと名づけようと、その規定因を述べなければ意味はなく、また、述べれば後の定義はどうでもよいのです。
 いまいち曖昧模糊?
 具体例をいいましょう。
 古いですがソ連は国家社会主義かそれとも国家資本主義か、アメリカ経済はグローバル資本主義かそれとも米国帝国主義か? 後進国Aがとっている国家主導の経済政策は資本主義への過渡期の国家資本主義かそれとも資本主義ではない体制へ向かう国家資本主義か?
 エトセトラエトセトラ。
 すべてこんな定義話は無意味です。それらのどれに賛同するかなど、論者のイデオロギーが反映されるだけ。 
 社会科学徒には定義などどちらでもよい。あるいは政治屋以外の生活者にもどちらでもよいはずです。ソ連が、アメリカが、後進国Aが、なぜそういう政策を取るのか、その規定因子とその影響とその結末を述べればそれでよい。あるいはその規定因子の展開なしに、論者の定義の説明だけ聞いて「こっちが正しい」などと言うやつは、ただのデマゴーグだ、ということです(どっかに規定因があればいいんだよ、ブログの短記事くらいじゃいちいち書いてられないからね、と予防線。)。自称理論学者はほとんど全部がその「定義の説明」地点こそ学問だなどと思っているから、次の瞬間に「マルクスがそう言った」だの、「ソ連は崩壊したのだからその定義は破産した」だのと全く意味不明な話を続けても自分で自分を恥ずかしいとも思わない。規定因が論理的に述べられていたら、「マルクス」も「ソ連の崩壊」も出る余地はない。
 
 もっといえば、ほとんどの理論学者など、ネット掲示板の知ったかぶりとおんなじだと思うね。流行り言葉を並べて「すごいだろ、おいらこれ知ってるんだぜ」、てか。愚。
 いえ、あなたのことではございませんぜ。

 (、、、あ、まず。これは後味が悪くてトップページ変更のコース、、、)
 皆様も語の定義なしに命題を作ることをお勧めしますね。「○○の地域に住む人間は、これこれに規定されて××であるほかはない」とかね。「この命題上で人間の定義は」などという論理学者とは付き合わないように。お互い人生の無駄だし。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 食事3件他 | トップ | 命題を構成する定義と社会科... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

社会学の基礎概念」カテゴリの最新記事