くまどこ

東紀州ポータルサイト「くまどこ」で紹介できなかった写真、大きな画像でお見せしたい写真などを紹介。※写真の無断転載禁止

5/27 大又国有林内 文政杉〜五郷分校跡地ほか:1(熊野市飛鳥町〜五郷町)

2017年05月27日 15時04分26秒 | くまどこ(熊野)情報

今は林道がゲートで閉鎖されているため許可をいただき、この一帯を案内してくれる飛鳥町の竹平巨嗣(ひろし)さんと巡る機会を得ました。
私個人としては3回目となるのですが、かつて林業が盛んだった頃、賀田湾まで索道で13キロの距離を高さ最高30mもある支柱などをはじめ、109基が設置され13キロの距離を1日30tもの材木が運ばれていました。

最初の写真は、文政年間に植栽されたとする200年生の杉が15ヘクタールの中に582本が残る場所です。

一緒に行かれた方の人影がありますので、大体の大きさなどがわかると思います。

ここは参考林として永久に残すことになっています。

モミやツガの群落やトガサワラの群落が残る貴重な山です。

トロッコが通っていた険しい山道で、断崖絶壁の崖がありました。
当時橋がかかっており(現在は道路)戦時中、徴兵されて戦地に行くことに悲観した男女が心中をした場所と竹平さんが教えてくれました。
木々が生い茂っていますが、その木々がなければ断崖絶壁の場所です。
戦争がおこした悲しい物語の一つとして車を止めて、ここで話していただきました。

五郷分校跡地については、次回に。

 

熊野・熊野古道の情報は「くまどこ」からどうぞ。

 人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 5/25 雨のツツジ | トップ | 5/28 「第6回オール熊野 世... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

くまどこ(熊野)情報」カテゴリの最新記事