酒と共に去りぬ

めざせ「ゆるラン」の黒帯

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

舞桜 百年の雫…千葉県

2012-04-24 19:00:00 | 
走るようになってからお酒の量が激減しました

日本酒の記事は久々です

昨年末の千葉旅行で購入しました

贅沢なレトロ瓶の中は精米歩合65%の酒
限定酒ならではのボトルNo.375
アル添65%で1,700円は、ちょっと高い気がしましたが
蔵元さんのお薦めなので購入してみました

ずっと常温で保管していたので生原酒の荒々しさが無くなって
円やかな味わいになってしまったのか?
※純米酒と勘違いして放置していました

甘みを感じ原酒ならではのキレがありますが
アル添のため?か舌に妙なピリピリ感が残りました
美味しかったのですが、もうちょっと安ければ…

守屋酒造㈱ 舞桜 百年の雫
冬期限定
原材料/米・米麹・醸造アルコール
アルコール分/19.5%
精米歩合/65%
価格/1,700円(720ml)

人気ブログランキングへ
感謝します
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 南高尾(草戸峠~大垂水~城... | トップ | 不二家ケーキバイキング »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
風味と旨味♪ (スパ)
2012-05-24 12:33:39
とっても香りの良さそうなお酒ですね(^^)
自分はまったくお酒には詳しくないので(^^;)
いつか、shokiさんに手ほどきして頂けたらと思っております(^^)
shokiさんは辛口と甘口はどちらがお好きなんでしょうか。
Unknown (shoki)
2012-05-29 20:23:36
スパ様>

お酒って雰囲気で味わいがかなり変わりますよね。
レトロな瓶って珍しいので楽しめました。
辛口と甘口…どちらかというと辛口でスッキリした日本酒が好きです。が新酒の頃の「にごり酒」も好きです。
結局なんでも良いのでしょうか…
でも量は飲めません。倒れてしまいます。

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事