庭先の四季

庭先や近隣の四季の変化や歳時記、自然観察、動植物等を中心に
綴ります。

冬木立に沈むと夕陽と富士

2019-01-10 09:43:58 | 日記・エッセイ・コラム

昨日の関東地方は朝からキツイ冷え込みで、一日中文字通り
雲ひとつないような冬晴れの晴天に恵まれた。

夕方散歩ですっかり葉を落とした冬木立の先に沈みゆく、綺麗
な夕陽と富士のシルエットを観ることが出来ました。

冬木立に沈む夕陽と富士。

冬木立」とは、葉を落として冬空に丸裸になった幹や
枝をさらし、立ち並んでいる冬枯れの木々のこと。

いかにも寒そうで、もの悲しい風情を感じさせる言葉です。。

そして夕焼けに浮かぶ富士。

 

『散歩』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 落葉の土俵で相撲をとる河童 | トップ | 寒暁と朝焼けの空 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事