庭先の四季

庭先や近隣の四季の変化や歳時記、自然観察、動植物等を中心に
綴ります。

花の咲かない冬の日は、下へ下へと根を伸ばせ

2019-01-07 10:03:58 | 日記・エッセイ・コラム

寒中の今頃は、咲いている花も少なく風景もモノトーンの
冬枯れの季節となり、毎日更新するブログに載せる写真
のネタ探しにも苦労する頃ですが・・

花の咲かない冬の日は、下へ下へと根を伸ばせ
と言う言葉があります。

植物が「下へ下へと根を伸ばす」のは、土から養分を吸って、
エネルギーを蓄えるためです。

寒く厳しい冬の間に十二分に養分を吸い取った桜の木は、
やがて花咲く春が来た時に、満開の美しい花を咲かせて
人々の目を楽しませる事ができます。。 

自然に四季が巡るように、私たちの人生にも花咲く春の様な
時もあれば・・

やることなすこと、うまくいかない冬の様な時もあります。

花の咲かない冬の日は、どんな人の人生にもあるものです・・

そんな冬の時期は、やがて巡り来る花咲く春に備えて・・

下へ下へと根を伸ばして、力を蓄える時季なのだと想う。。

庭先で芽をだして、花咲く春を待つチューリップ。

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 小寒~芹乃栄う(せりさかう) | トップ | 寒中散歩で観た黄色の花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事