庭先の四季

庭先や近隣の四季の変化や歳時記、自然観察、動植物等を中心に
綴ります。

薄暑(はくしょ)の頃

2018-05-17 21:55:38 | 日記・エッセイ・コラム

暑くもなく寒くもなく過ごしやすい気候が終わり、散歩していても暑さ
を感じるような季節になってきた。

五月中旬からの、季節が春から夏へと移リ変わるこの頃の陽気を
「薄暑(はくしょ)」と言います。

気温で言うと20度前半くらいで、まだしのぎやすい季節なのですが・・・

時々25度以上の夏日や、五月なのにもう30度超えの真夏日もあり、
木陰や時折吹く風が心地よく感じられる頃です。。

「薄暑(はくしょ)」は、大正時代から定着した言葉で手紙では「薄暑の候」
としてよく用いられています。

薄暑くらいなら、まだましなのですが・・

やがてジメジメムシムシの梅雨や熱暑、猛暑、酷暑の夏が来るのかと
思うと先が思いやられますネ。。

バラの次の主役、紫陽花の花も色づき始めました。

爽やかなブルーに色付く紫陽花。

 

薄紫のクレマチス。

 

赤と黄色のオダマキの花。

 

ゼニアオイ。

 

真っ赤なブラシの木の花。

 

青紫のアゲラタム。

 

 

『散歩』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« バラとワンコ | トップ | 庭先で実る初夏の味 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事