庭先の四季

庭先や近隣の四季の変化や歳時記、自然観察、動植物等を中心に
綴ります。

赤い木の実が目立つのは何故?

2022-12-02 09:45:38 | 日記・エッセイ・コラム

晩秋から初冬にかけてこの時季の散歩道には、赤く色づいた
木の実が目立ちます。

秋~冬にかけて実る木の実等の色は赤色が一番多いようです。

ところで、植物や木の実にはなぜ赤い色が多いのでしょうか?

木の実が赤い色をしている理由は目立つ事で、野鳥に見つ
けてもらいやすくするためだそうです。

鳥の視覚は人間に似ていて、赤い実は鳥にも赤くて美味しそう
に見えるらしい・・

どうやら赤く熟した木の実を見ると「おいしそう!」と感じる
のは、人も鳥も一緒なのかもしれませんね!♪

メジロ、ヒヨドリなどの野鳥たちは赤い色を好み、鮮やかな
黄色にも反応するそうです。

動けない植物たちにとっては、色々な場所で繁殖するために鳥
に木の実を見つけてもらって食べられることにより、種を運ん
でもらうため「目立つ」ことは重要なポイントなんですね!

赤く色付いたマユミの実。

 

ツルウメモドキの実。

 

クコの実。

クコの実は、美容や健康、疲労回復、滋養強壮、アンチ
エイジングにもよいと注目され、すごいパワーを持った
スーパーフルーツなんだそうです。

 

縁起物の万両の実。

 

パックリ割れた柘榴の実。

植物と違って・・

なんでも目立ちたがり屋の人にはチョッと困りますね(笑)。

 


コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
goo blogユーザーが出品しています
他の出品作品をマルシェルで見る
« 錦秋の舞岡公園 | トップ | 水辺の散歩で出会った鳥たち »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事