庭先の四季

庭先や近隣の四季の変化や歳時記、自然観察、動植物等を中心に
綴ります。

日本の春は三度来る?

2019-03-18 09:48:53 | 日記・エッセイ・コラム

今日3月18日は、春の彼岸の入りです。

朝からよく晴れて日中は暖かくなりそうです。

「暑さ寒さも彼岸まで」といわれるように、厳しく寒い冬のあと・・

暖かな春は万人に待ち望まれる季節ですね。

その春を待ちわびる心から・・・

春は三度来る」と言われているそうです。。

一番目の春は、新しい年を迎える新春の「初春」。

二番目の春は、二月の節分後の立春で「暦の上での春」。

そして三番目の春は、お彼岸を境にやってくる「季節の春」です。

ようやく雪や氷も溶け、自然の気候も本当の春を迎える春のお彼岸。

当地方の桜(ソメイヨシノ)の蕾も膨らみ、もうすぐ咲きそう。

いよいよ嬉しい春本番を迎えます。\(^o^)/ 

青空の下、真っ白なユキヤナギの咲く散歩道。

 

黄色いサンシュユの花。

レンギョウ。

 

白とピンクの競演、白い梅とピンクのオカメザクラ。

 

コヒガンザクラも咲き出した。

 

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 庭先に咲く雪割草 | トップ | シモクレンとヒメコブシ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事