庭先の四季

庭先や近隣の四季の変化や歳時記、自然観察、動植物等を中心に
綴ります。

初夏の実り

2019-05-22 09:23:58 | 日記・エッセイ・コラム

二十四節気小満の初候(5.21-25)は、”蚕起きて桑を食う”です。

ちょうどこの時期にあたる旧暦の四月は蚕の餌である桑の葉を摘む頃、
木の
葉採り月という別名があります。

養蚕は日本で戦前まで盛んでたくさんの桑畑が広がっていたそうですが・・

今では桑畑はほとんど見られなくなってしまいましたね。。

私が小学生だった頃は、近所にまだ桑畑が残っていて、桑の実が実る頃は
学校の
帰り道、他所の家の桑畑に寄って桑の実をおやつがわりに食べるの
も楽しみだった・・ 


でも、桑の実を食べると歯や口の周りが紫色に染まってしまい・・

食べた事がすぐにバレバレになるのが問題だった。。(^_^;)

散歩で見かけたヤマグワの実。


初夏のこの頃は、他にも美味しそうな実りを色々と見かけます。

赤く実ったグミの実。

 

黄色に色づくビワの実。

 

ユスラウメの実も色付きました。

 

梅の実も膨らんできた。

 

以下の実は食べれない、食べても美味しくない?

山桜のサクランボ。

 

これは面白い形?のロウバイの実。

 

ヘビイチゴの赤い実。

 


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 小満~生命が輝く季節 | トップ | 初夏の木の花散歩 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
美味しそうです。 (荒川三歩)
2019-05-22 09:48:46
懐かしいです。私も他所の木の実を食べながら帰りました。
思い出したら唾が湧いてきました。
美味しくないさくらんぼも食べました。黒くなると食べやすくなったものです。
好い季節ですね。
木の実 (庭先の四季)
2019-05-22 16:36:15
荒川三歩さん、こんにちは。
お菓子などあまり食べられなかった昔は、お腹が空くと当たり前のように
他所の畑や木の実などでも、おやつ代わりに獲って食べましたね~(笑)。
今では懐かしい思い出です。

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事