庭先の四季

庭先や近隣の四季の変化や歳時記、自然観察、動植物等を中心に
綴ります。

越後平野~田植えの風景

2019-05-05 22:45:38 | 日記・エッセイ・コラム

故郷の越後平野で撮ってきたの田植えの風景をアップします。

見渡すかぎりの広大な越後平野の水田風景。

菜の花畑越しに観る田植えの風景。

田植機による田植えのあとで・・

植え残った部分等の補完として・・

人力で昔ながらの手植えによる・・

田植え(薄植え)を行います。

 

故郷の角田山と弥彦山をバックに観る
田植えの終わったあとの水田風景。

見渡すかぎり広大な越後平野の水田風景が広がっています。

水田を渡る爽やかな5月の風に吹かれながら・・

この広々とした水田風景を観ていると・・

心の中までスッキリと洗われて・・

広くなりそうな気がします。。

 


コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 水田に沈みゆく夕陽の風景 | トップ | 立夏~懐かしいふるさとの風景 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
広々とした田んぼの風景 (越後美人)
2019-05-06 11:03:53
昔、淡路島出身の友人が北海道を巡った帰りに、私の実家に寄ったことがありました。
その時の新潟の感想として「新潟は田んぼばっかりだった」と言いました。
私はすかさず「新潟はねえ~土地がいっぱいあるから、街は街、
田んぼは田んぼって分かれていてね、鉄道は田んぼエリアを走ってるの!」
と答えておきました(^^;

広々とした水田風景は気持ちが爽やかになりますよね。
スカッとします。
新潟の田んぼはでっかいぞ~(*^^)v
田んぼばっかり (庭先の四季)
2019-05-06 17:19:20
越後美人さん、こんにちは。
確かに私の生まれ育った実家の周りも見渡すかぎり、田んぼばっかりでした。(笑)

最近はコメ作り農家も老齢化が進み、大規模化、集約化されつつあり
離農する農家の方もどんどん増えている現状ですが・・

でもこの豊かな水田風景は、日本の原風景とも言える風景なので・・
いつまでも大切に残しておきたいものです。。
東京に就職したはずが (一笑庵)
2019-05-20 20:30:04
95%が新潟県人という、日本橋は堀留のアパレルメーカーのはずが、社内電話はもちろん、上司に叱られるのも「おめさん!だめだねっかぁ」探し物は「そこにあるろぉ あんねっかぁやぁ~」
懐かしいですねぇ 長岡の同期の結婚式はちょうどこの風景の~中でした
1㎞先は山の甲府盆地に帰って35年が経ち、ただただ懐かしく・・・・・
有難うございました。
新潟弁 (庭先の四季)
2019-05-21 10:11:50
一笑庵さん、こんにちは。
懐かしい新潟弁の入ったコメントありがとうございます。
当時は学校を卒業すると家を継ぐ長男以外の次男、三男は皆んな
都会へ出て就職するのが当たり前の時代でしたね・・

私も故郷を離れてもう40数年になりますが・・
故郷の風景はいつ観ても懐かしいものですね。。

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事