庭先の四季

庭先や近隣の四季の変化や歳時記、自然観察、動植物等を中心に
綴ります。

赤トンボが竿の先に止まるのは何故?

2018-10-24 09:08:35 | 日記・エッセイ・コラム

秋になるとよく見かける赤トンボは、竿の先や枝先に止まる習性があるが、
これは何故なんだろう?。


疑問に思って調べてみると、トンボは変温動物のため、秋になって気温が
下がると太陽の光を浴びて体温をあげなくてはならない。


そこで、できるだけ広い面積に日光を当てて、効率よく体温をあげるため、
日光の角度を調整しやすい竿の先のような場所に
止まる習性がある。

つまり赤トンボは日向ぼっこで体温を上げるために、いつも日当たりの良い
竿の先にとまると言う事らしい。

枯れ枝の先にとまって日向ぼっこ?する赤トンボ。

秋は赤トンボと一緒に、のんびり日向ぼっこなどする
には心地よい季節ですね!

『虫』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 柿の実を啄むメジロ | トップ | 複眼の模様が面白い?オオハ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事