庭先の四季

庭先や近隣の四季の変化や歳時記、自然観察、動植物等を中心に
綴ります。

文月~半夏雨の降る半夏生

2020-07-01 09:03:58 | 日記・エッセイ・コラム

今日から七月、気持ちも新たに今年も後半のスタートですね。

七月は「文月(ふみづき)」といいますがその由来は、七夕の笹に文を
結びつけ七夕の織女に書文(ふみ)を供える意味と、稲穂のふくらむ月
ということで、「ふくみ月」が転訛してなったという説もあります。

今日七月一日は雑節の「半夏生」で、この日に降る雨は「半夏雨」 と呼ばれ、
この日の天気によって、一年の豊作を占う習慣があったとか。。

当地方は昨夜から強風と雨降りで荒れ模様の「半夏雨」が続いてますが・・

今年の農作物の出来具合は、はたしてどうなんだろうか?。。

また、この半夏生の頃に花が咲く植物に「半化粧」がありますが、混同されて
半夏生」とも書かれるようになったそうです。

半化粧」は花の咲く頃になると、葉っぱの半分だけが、白粉を塗ったように
真っ白になり、花は地味な穂で 葉っぱの方がよほど目立ちます。 

散歩で見かけた真っ白にお化粧した「半化粧」の葉。

虫媒花の半化粧はあまり目立たない花の代わりに、このお化粧して
目立つ葉っぱの方で虫(男?)たちをおびき寄せているのだそうです。。

植物の戦略も色々あって・・・面白いですね!

 

こちらは野山に咲く白いオカトラノオ。

名前の由来は花の形が虎の尾に似ていることから。

オカトラノオの花を見ながら・・

家のカミさんの虎の尾を踏むのだけは、気をつけねば
ならぬ!と思ったじーさんでした(笑)(>_<)。。

 


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ”祈”コロナ退散!夏越の大祓 | トップ | 夏の木の実が実る散歩道 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ハピハピハート)
2020-07-01 13:32:47
踏んだら噛みつかれます?(笑)

人間はコロナマスクでお化粧しないのに、お花はちゃんとお化粧してる(*^-^*)

応援p
倍返し (庭先の四季)
2020-07-01 15:33:56
ハピハピハートさん、こんにちは。
うっかり、虎の尾を踏んじゃったりすると・・
二倍返し、三倍返しが待っています。(怖!)(>_<)

でも、半化粧は花が終わってしまうと化粧を落として
また元のすっぴんに戻ってしまいますよ(笑)。

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事