庭先の四季

庭先や近隣の四季の変化や歳時記、自然観察、動植物等を中心に
綴ります。

やわらかく瑞々しい「わかば」

2019-04-21 08:50:38 | 日記・エッセイ・コラム

桜の季節が駆け抜けると・・

野山は、あっという間に若葉の季節へと変わってゆく。。

柔らかな緑に包まれてゆく、森の中を歩きながら・・

新緑の緑の爽やかさと、その生命力の豊かさを讃えた
この懐かしい唱歌を想い浮かべました。。

 唱歌 「わかば」

 作詞:松永みやを、作曲:平岡均之

♪ あざやかなみどりよ

 あかるいみどりよ

 鳥居をつつみ

 わら屋をかくし

 かおる かおる

 若葉がかおる

 

♪ さわやかなみどりよ

 ゆたかなみどりよ

 田畑をうずめ

 野山をおおい

 そよぐ そよぐ

 若葉がそよぐ

YouTubeより共有

『散歩』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 春の野の花とベニシジミ | トップ | 野の花とバッタの赤ちゃん »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (msroom_miharu)
2019-04-21 09:17:17
おはようございます😃

気持ちのいい緑の季節ですね。
懐かしい歌の歌詞、、聴いたことあるナ、、と感じました😃
YouTube 聴かせていただき嬉しくなりました😊😍
このメロディの曲ですね!もう一度聞きながら歌い笑いました🤣
どうぞ良い1日を!
わかば (庭先の四季)
2019-04-21 13:07:17
msroom_miharuさん、こんにちは。
この歌は昭和17年に作られたそうですが・・
戦争中の軍国主義一辺倒だった辛い時代に、このように爽やかで
美しい歌詞とメロディーの歌が発表された事にホッとする気がします。。
もちろん、その当時私はまだこの世に生まれていませんでしたけど。。(笑)
自然を唄う (三毛子)
2019-04-21 15:49:09
小学校の音楽の教科書に載ってて、歌った覚えがあります。
隣りに「かおるさん」という名のおばさんがいて、
(みんな『ちゃん』付けで呼んでいたので)
町内の子供たちがからかってこの歌を歌っていたことを
思い出しました。
このようなゆったりとした、しかも何にも代えがたい自然の素晴らしさを歌った曲は
ずっと歌い継がれて行って欲しいと思います。
思い出させて下さってありがとうございます。

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事