庭先の四季

庭先や近隣の四季の変化や歳時記、自然観察、動植物等を中心に
綴ります。

釣瓶落としの秋の夕陽と富士

2018-10-08 08:53:58 | 日記・エッセイ・コラム

昨日の当地方は、季節外れの真夏日でしたが・・

今日は平年並みの気温に戻ったようです。

今日10月8日は二十四節気の寒露、そろそろ露が冷たく
感じられてくる頃です。。 

秋も深まり、夕方に陽が傾い向いてきたかと思うと、あっと
言う間に空が茜色に染まり、陽が沈んでしまいます・・・ 

釣瓶落としとは、そんな秋の夕暮れ時をいう言葉。

鶴瓶(つるべ)とは井戸から水を汲み上げる桶のことですが、
井戸の底へ鶴瓶がサーッ と落ちていく様子を陽の沈む早さ
に例えた言葉です。

外で夢中で遊んでいた子供たちが、ふと気づくと日暮れとともに
辺り
はすでに薄暗く、家路を急いだ幼い頃の記憶とも重なって・・ 

秋の真っ赤な夕焼け空には、胸を締め付けられるような懐かし
さとともに、一抹の寂寥感を感じてしまいます。。

沈みゆく秋の夕陽と富士山。(写真は過去の蔵出しです)

あっという間に沈んでいきます。。

沈んだ後の夕焼け空と富士山。


コメント (4)