熊八郎の試験勉強

資格試験の勉強でつかんだことをお知らせします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ビジネス実務法務2級、3級

2014-07-02 06:46:34 | 資格試験
先日ビジネス実務法務検定(以下「ビジ法」)の2級、3級を同時受験し、TACの回答速報で、十分に合格していましたので、合格体験記を記しておきます。

(受験の動機その1)
伊藤塾の行政書士の講師が、行政書士試験のサブセット(民法、会社法)として、勉強の達成度確認のため、受験するのをススメていたため、この資格試験を知りました。
結果的には、民法の事例当てはめ問題が、自分の弱点なことを再認識しました。(後で詳述します。)

(受験の動機その2)
この試験は、近年のコンプライアンス(法的規範・法規制)重視に対応したものです。
私自身、社内で、コンプライアンス関連の事務局をやっていましたので、実力を確認し、知識の穴を埋めておきたいと考えました。

(他の資格試験との関係)
どの会社でも関係する法規制は、次の3つの資格試験でカバーされます。
・簿記→経理
・社労士、FP→社員の納税、年金
・ビジ法→その他全般

行政書士と比較すると、ビジ法2級は、ほぼ同レベルです。
ただ、債権回収や、破産時の処理等は、ビジ法2級の方が詳しく、その他の民法では行政書士の方が難しいと思います。
会社法に関しては、ほぼ同レベルだと思います。
また、その他の分野でも、行政書士の一般知識問題のベースになる知識をインプット出来ます。

(ビジ法試験の特徴)
普通の法律系資格試験と比較し特徴的なことを列挙します。
・出題範囲が、公式テキストにほぼ限定されている(2問程度、テキスト外の内容も出題されているようです。)
 問題によっては、公式テキストの記載表現や、具体的事例が、そのまんま問題の選択肢に入ります。
・テキストの構成が、法律単位ではなく、「取引を行う主体」等で、特に民法は、あちこちの章に分散して記載。
 (→全体の大系を頭に入れるのが困難。→あきらめました。(→次章))
・問題の出題順が、完全にランダム、毎回シャッフルされる。
 (→前項とも相まって、過去問から、該当テキストページを探したり、テキストに該当する過去問を探すのが困難。)
・2級は全て5択問題なのだが、配点が、前半20問は3点、後半20問は2点となっている。
 (難易度の高い問題は、2点側で出題されることが多く、基本的なことを高配点にする傾向は有る。)
・出題の大半は、過去問に出題済みの知識を問われます。
 (数年前から出題傾向の変化が無いようです。)
・2級と3級は、公式テキストの章構成はほぼ同じだが、重複した記載はほとんど無い。
 (2級のテキストでは、「基本的なことは3級で述べたが、ここではこの点について詳述する」という記載が他用されます。)
 (しかし、2級で、3級テキストにしか記載が無いが難易度を上げた問題も出題されます。
  →2級受験時も、3級テキストは不可欠。)

(ビジ法の試験勉強の特殊性)
・法律系の資格試験(社会科系の大学入試も)では、通常、出題範囲全体の大系を把握することから入ります。
 そのため、テキストの目次を頭に入れて、知識の幹を作った後、徐々に、枝→葉と知識を細かくするように勉強すると、効果的です。
 しかし、ビジ法では、テキストの構成、問題の構成ともに、そのような勉強方法を否定し、個々の知識のインプットを積み上げ、自在にアウトプット出来る能力を求めているように思います。
・また、過去問に出題歴の無い知識も、多少は出題されますが、合否に影響が出るほどでは有りません。

→これらの結果、ビジ法では、ある程度の基礎知識をインプットした後は、過去問を一つ一つ解いては、その関連知識を完璧にインプットすることの積み上げとなります。

・公式テキストが初学者には難しすぎる記載のため、「ある程度の基礎知識」までの学習が困難です。
 入門テキストがほしい人も少なくないと思います。
 残念ながらオススメ入門テキストは有りません。

(テキストの選択)
上述のように、公式テキストの記載そのまんまの問題も出題されるため、公式テキストを使うことが必要です。
他社からのテキストでは、多少は噛み砕いた説明を試みていますが、あまり成功しているようには思えません。

また、出題履歴のほとんど無い箇所を思い切って飛ばしたようなテキストが行政書士や社労士には有りますが、ビジ法には有りません。
(そのようなテキストは、90~満点は絶対に取れない代わりに、70~80点分の知識は確実にインプットしようという目的を絞ったものです。)

ということで、頑張って公式テキストを使うことをオススメします。

ただ、3級に関しては、数年程度旧版でも大丈夫です。
私自身、ブックオフの100円コーナーで買った2008年版ですが、全く問題なく(→後述)学習出来ました。
(2006年施行の会社法新設(商法からの分離、内容も見直し。)の影響は大きいので、それ以前のものは避けた方が良いでしょう。)

(問題集の選択)
私自身は、公式問題集を用い、2級は、直前に翔泳社のものを弱点強化用に併用しました。

公式と翔泳社が同等な点
・総問題数が、240問前後
・分野別問題と、直近の年度別問題から構成

公式問題集が勝っている点
・年度別問題が3回分(翔泳社は2回分)
・解説に、公式テキストの参照ページが明記(学習初期は、これが無いと、テキストと問題集の紐付けはほぼ不可能)

翔泳社が勝っている点
・分野別問題の出題範囲が年度別の前7回分と明記(公式では、不明。あまり更新されていないかも?)
・分野別問題が約40問(年度別1回分相当)多い。
・法改正対応が、改正前後の比較情報まで明記(公式では、不明。ただ、問題を解く上で障害になるほどの改正はなかった。)
・解説が充実(テキストを参照しなくても理解可能。また、公式では、正解肢の時に解説の手を抜くことが多く、翔泳社も全くそれが無いわけではないが、少ない。)

実際、今回の2級で知識不足で解けなかった問題の類題が、翔泳社の分野別の中に有り、難問と言えども、3~5年ごとに繰り返していることが判明。

よって、確実な合格を狙うなら公式問題集だけで十分だし使いやすい、
さらなる高得点を狙うなら、翔泳社の方がオススメだと思います。

(その他の教材)
・オンスクの無料スマホアプリ(3級のみ)
 TACの子会社オンスクから無料のスマホアプリが出ています。
 これは、講義と問題集からなるものです。
 講義の内容はかなり充実しています。
 私自身は、試験の3日前にこれを知ったのですが、もっと早く知っていれば、かなりインプットが楽だったと思います。
 問題集部分は、解説がごく簡単なものですので、実力診断用としてなら用いることが出来ます。

・伊藤塾の通信教育
 Web講義です。
 2級3級あわせて20,700円とWeb動画講義としては廉価であり、これまで伊藤塾の無料講義は何度も活用し続けて来たので、その答礼も兼ねて、使ってみました。
 3級は、女性講師が、公式テキストの重要部分を2度繰り返し読み上げ、それに多少の解説を加えるものです。
 1回目の受講時に、音声を録音し、倍速で2度ほど聞き返しました。
 倍速でも声が聞き取りやすく、通勤時にインプットするには良いと思います。
 3級だけだと、4,400円と適価ですが、上記オンスクの無料講義でも十分かと思います。

 (前述のように、私の3級テキストは2008年版ですが、読み上げた箇所で未収録は1カ所だけ。読み上げられた内容も、全く同文で、6年前のテキストが十分使えることが実証されました。
  また、3級公式問題集は2012年版ですが、解説された過去問も、分野別からのものは、ほぼ全て収録されており、分野別問題の改訂があまりなされていないことが、実証されました。)

 2級は、伊藤塾の行政書士ではNo2の看板講師によるものです。
 しかし、その内容は、行政書士受講生へのオプションの講義に終始しており、ある程度、行政書士の勉強が進んでいることが前提になっています。
 本気かつ高得点狙いで2級を受験する私には、あまり役に立ちませんでした。
 また、3級はなんとか取れるが2級はこれから、という方にも、オススメ出来ないと思います。

(民法の事例当てはめ問題について)
2級で得点出来なかった問題の大半は、事例当てはめ問題でした。
事例当てはめ問題とは、「債権者Xは、債務者Yに対して、…」というような具体的な事例に対し、法律知識を当てはめて解く問題のことです。
この種の問題では、問題の内容に対し、どのような法律知識が必要かを思い出すことが必要になります。
知識があいまいだったり、うわべだけのモノだったりすると、カンで解くことになります。
学習時は、各事例と、該当法律知識の関係をしっかりと確認し、また、関連する条文間の違いをハッキリと認識する必要が有ります。

ビジ法2級では、公式テキストの知識だけでは、解くことが困難な問題が数問出ます。
しかし、過去問には出た履歴の有るものばかりですので、過去問学習で、しっかりと確認しておく必要が有ります。
この点で、過去問は、公式問題集よりも、翔泳社のものをオススメします。

単に資格がほしいだけで良いのなら、この種の問題は、全て投げても(読まずに全てCに回答するとか)、他の問題がしっかりと取れていれば合格します。
ビジ法は、資格がほしいことよりも、勉強のキッカケにするものだと思います。
そのような試験では、満点近い高得点を狙うための勉強をしたいものです。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

鉛筆と消しゴム

2014-06-06 11:33:44 | 資格試験
(写真手前から、アリストの「3Fit」、三菱のノック式消しゴム、コクヨのマークシート用)

マークシート試験では、太書きのシャープペンシルと、ノック式消しゴムは大変重宝します。
塗る時も、消す時も、確実に素早く行えます。

太書きのシャープペンシルは、コクヨの「マークシート 最適セット」を使っているというブログ記事をよく見ます。
http://www.amazon.co.jp/dp/B00F2YSDJE

この1.3mmシャープペンシルでも、十分実用になります。
しかし、アリストの 「3フィットシャープ1.3」の方が比べ物にならないほど持ちやすく書きやすく、手放せません。
http://www.amazon.co.jp/dp/B003T99VW2

試験場には、落として壊したとかリスクを考え、この2本を持って行きますが、実際には、アリストしか使ったことが有りません。
なお、1回の試験で、2mmくらいしか使わず、替芯を持っていく必要はなさそうです。

ノック式消しゴムは、どこかの100円ショップで見かけた三菱の「EH101」というものを使っています。
三菱鉛筆のカタログからは消えているようで、今は、「 ノック消しゴム EH105P」というものになっています。
http://www.amazon.co.jp/dp/B002U0QN6I
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テキスト(基本書)の目次をコピーしよう

2014-05-15 11:06:15 | 資格試験
試験勉強のスタート時、テキストの目次をコピーして、机の前に張り出しましょう。
目次が長い時は、適宜縮小コピーして、A3 一枚にまとめ、視覚の中に全体が入るようにすると良いです。
主に図書館や自習室で勉強する人は、クリアフォルダーに入れて持ち歩くとよいでしょう。

効果はいくつか有ります。
・試験内容の全体構成を捉え、森⇒木⇒枝⇒葉という記憶を構造化しやすくなる。
・問題集から、テキストの該当ページを探しやすくなる。
・勉強しているという雰囲気が出て、モチベーションが上がる。

メインで使うテキストが無い場合は、試験範囲の一覧等で代用すると良いでしょう。

この写真は、FP2級の、キンザイ「最短合格」テキストの目次です。
壁には、テープのりで貼っています。ウチの壁は、のりの跡が付かないので、好都合です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

知的財産管理技能検定2級

2014-05-07 14:07:41 | 資格試験
本日、知財検定2級の合格発表が有り、自己採点どおり、学科、実技ともに合格していました。

知財2級の難しさは、3点有ります。
・過去問が公式サイトでは、3回分しか入手出来ない。(市販されているものは、2回分、その前の2回分のも購入可能だが)
・公式テキストの出来が悪く、それを軸にした勉強が出来ない(同じ会社から出ている「完全マスターシリーズ」の方が良いが高価。)
・合否ラインが80%と高く、穴無く記憶しなければならない。

私は特許・実用新案だけは実務経験が数年有り、意匠もちょっとは実務で経験してきたのですが、商標・著作権・不正競争防止法については普通の人よりは知っている程度でした。
このため、勉強の主体は商標・著作権と言うことになります。
また、私固有の問題として、2週間前に簿記2級、3級を受けており、大苦戦だったので、事前にやったことは、過去問をザッと見て「2週間でなんとかなるだろう」と見極めを付けた程度です。

さて、本題に入ります。

用いた教材の内、役に立ったものは、次の3つです。
・テキスト:工業所有権法(産業財産権法)逐条解説(特許庁の公式サイトで無償公開)
   http://www.jpo.go.jp/cgi/link.cgi?url=/shiryou/hourei/kakokai/cikujyoukaisetu.htm
   いわゆる青本ですが、iPadの読書アプリに取り込んで活用しました。
   問題によっては、法改正時の解説本も、公開されているので、活用しました。
   また、特許庁のレポート(特許庁のサイトで公開)を取り上げている過去問も有りますので、それもザックリ目を通す様にしました。
   特許庁以外の各省庁のサイトも活用しました。
   ・各法の法文:これはGoogle検索で適切なページが一番上に出ますので、リンクは省略します。
   ・文化庁の著作権の入門情報、農水省の種苗法の入門情報、
・問題集:TACの「スピード問題集」
   http://www.amazon.co.jp/dp/4813253067
   http://www.amazon.co.jp/dp/4813253075
   これは、オススメです。
   過去問が分野別に整理され、「さらにこんな選択肢がでたら?」という予想選択肢が追加されたものです。
   過去問の類似出題を勉強することまで出来ます。
・過去問:公式サイトに3回分掲載されているもの
   PDFファイルをセブン-イレブンのコピー機で印字して用いました。
   用紙サイズをA3、小冊子形式で印字し、2つ折りにすると、本番問題と変わらぬものが得られます。

問題集、過去問は時間が無かったので、1回だけです。
分からなかったもの、間違えたものは、ポイントをノートに書き出し、試験直前に見直すようにしました。

私自身は、実務経験時に、けっこう青本を読んでいるというベースが有りますので、このような勉強法を取りましたが、

★★普通に3級からステップアップする人には、次の勉強法をオススメします。★★
・テキスト:アップロード社の完全マスターシリーズ3冊
   http://www.upload-j.com/webshop_2qmastar3
・問題集:TACの「スピード問題種」(上記)
・過去問:アップロード社の公式過去問(2冊とも)
   http://www.upload-j.com/shopbrand/006/003/X
・過去問:公式サイトの3回分(上記)
・勉強手順
  ・まずテキストを1章読む(特許だけとか)
  ・TACのスピード問題集の該当部分をやる
    間違えたら、解説を読むだけで無く、テキストの該当箇所も読む。
    テキストのキーポイントには、直径1mm程度の赤丸を付ける。
  ・アップロードの公式過去問の該当部分をやる
    間違えた時の対応は上記同様。
    テキストに2つ以上赤丸の付いた箇所は、ノートにポイントを書く。
  ・以上を、1章づつ、最後まで進める。
  ・公式サイトの過去問を古いものからやる。(時間を測る)
    実施直前に、ノートを見ても良い。(始めたら、見ない)
    間違えた時は、いきなりテキストを見て確認するしかないが、この段階では、該当箇所をすぐに開けるはず。
    同様に、テキストに2つ以上赤丸の付いた箇所は、ノートにポイントを書く。
  ・テキストの説明で納得の行かない箇所のみ、特許庁等の青本(上記)で確認する。
   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

資格試験の勉強の共通的な手順

2014-05-04 15:14:20 | 資格試験
各試験に共通する勉強の手順を記します。

1)まず、受験計画を立てる。
  各試験の公式サイトの情報を参照し、半年先まで、どの試験を受けるか、計画を立てます。
  ノートに、以下の内容を記します。(受けるか迷っているものも含め)
  ・試験日
  ・資格名
  ・申込期間(特殊な申込手順のあるものは、その内容:例:社労士はネット申込できない)
  ・合否発表日

2)テキスト・問題集の仮購入
  ブックオフやヤフオク等で、2・3年前のテキスト・問題集を安価に購入します。
  公式サイトに過去問が掲載されている試験では、3回分程度をダウンロードし、コンビニでプリントします。
  これは、ノートに上記日程計画をエントリーしたら、すぐに実行します。
  これにより、自分に取っての難易度を検討します。(受験を迷っているものは、この段階で判断)
  また、安価に入手可能な音声講義が無いか、探してみます。(Podcastや、予備校DVDのヤフオク流出)

3)勉強開始
  試験の直前期(原則2週間)以外は、2つ3つ先々の試験の勉強を同時並行的に行います。

  目的は、以下の3つです。
  ・試験内容全体の基礎知識の取得(過去問をテキストを見ながら、時間を掛ければ解けるレベルが目標)
  ・直前期の時間調整(原則2週間だが、1~4週の範囲で調整)と、その間に行う内容の検討
  ・テキスト、問題集の買い替えの検討

  基本的な手順としては、以下です。
  ・テキストの全体構成を目次レベルで把握
  ・テキスト全体に目を通す。(ページをパラパラとめくり、1時間くらいで飛ばし読み:これを数回繰り返す場合も有り。)
  ・テキストの1章を読む
  ・該当する過去問を解く。(分からなければ、すぐに解説を読む)
  ・出題のポイントを記録(自信の無い問題のみ)
     ・網羅的なテキストを入手出来ている時は、テキストの該当箇所に、直径1mmくらいの赤印を付ける。
     ・そのようなテキストが無い場合は、ノートにメモ
     ・問題集の解説にマーキング(間違えたポイント)

  テキスト、問題集の買い替え検討のポイントは以下です。
  ・法改正や出題傾向の大改正により、使えないものでないか確認
  ・テキストでは上記の勉強法に耐えるものであるか確認(試験範囲はOKだが、記述の細かさが過去問に追いついていない場合も有る。)
  ・問題集も、過去問のレベルの問題が書かれているか確認
  ・苦手ポイントでは、その分野に特化したテキスト等の買い足しも検討
     ・社労士の年金
     ・行政書士の40文字記述問題

4)直前期の勉強
  直前期は、これまで検討した勉強方法を信じて、そのまま行います。
  試験毎に、やり方が異なるのですが、今のところ、それが明確になったものは合格しています。
  具体的な内容については、別途詳細記事を起こします。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加