く~は無慈悲な夜の女王っぽい

おしとやか風だけれど、夜な夜な大運動会のパワフルなお嬢さんシャルトリューとの睡眠不足な日々

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

猫踏んじゃった症候群ってあるらしい

2019-06-29 00:15:00 | ペット
今朝の続きです。
 
くーパパは、私の知らない間にCT撮ったり胃カメラしたり、MRI撮っていて、一人で、悪性だったらどうしょーと思ってたみたいです。今まで意識してなかったけど、すい臓がんって、本当に見つけにくいし怖いですね。くーパパ今後もなんともなく過ごせますように。
 
で、くーママもめちゃ忙しくて、心が折れそうだった。
そもそも、くーパパは、今月2週間働いて1日休み、また2週間働いて1日休みみたいな仕事だし、パパもママも出張ですれ違うしね。
 
そして、今日出かけなくてはいけないのに、一昨日くーを踏んだんです。19時40分に。
いつも、同型の色のカーペットに横になっていて、やだなーと思っていたのですが、そこは先代猫から猫のお気に入りスポットなんです。でも、場所が悪い。私の部屋から、一歩出たところなのよ。私の今の部屋は、一段高くして作ってある和室。その一段を踏み出した時に踏んだの。左足に、毛皮で柔らかいのと硬いものを踏んで、くーが、はーーっ!と声を出すのを始めて聞いた。
 
一瞬のことでどう踏んだかもわからない。くーは部屋の隅で震えてるし。19時40分というのがまた微妙で、目を見てもらってる先生は20時までだけど、家からとおいので、何かあったら夜間救急へと言われた。内科を見てる主治医の方は、夜間救急を立ち上げた獣医師会の会長さんの所なのでもちろん夜間救急に行くように言われて、、、
21時から始まるのだけど、20時から待っていたら、スタッフの方に声をかけられて、30分早く開けてくれた。で、入ろうとしたら、おばさんが私をど突いて動物病院の中へ。友人が保護した子猫が具合悪いらしい。
やーくーもやばいんですけど、、どうしよう、、と思ったら、先生二人いて、、良かった〜。
レントゲンで大丈夫で、エコー検査で、膀胱の中に砂のようなモヤモヤがたくさん動いていた。くーお腹触ると痛がるけど、痛み止めを使うほどでないので、家に帰って翌日主治医を受診。なんと、サラサラが無くなってました。主治医の想像では、踏まれた衝撃で、膀胱壁のキズ?皮膚みたいなものが剥がれたけど、出血が続くとかではないので、お腹痛くなくなっておしっこを勢いよくしたらながれたのでは、、とのことでした。でも、現物が無いので想像だそうです。この2日間で計26000円。保険は、検査だけでは降りないそうで、1日目の分はでるけど、2日目の主治医での検査は保険が降りないかもと言ってました。
 
くーは、最初の夜は、なんと、私の手の届かない高いところで寝ました。
今朝はふつうにご飯食べてくれました。夕方はくーパパにご飯もらって食べてました。
大事に至らなくて良かった。本当に。
写真は撮れてません。目薬と、踏んでしまったことで、私たちの関係は、食事の時に一瞬の交流になってます。。。だんだんに戻さないとね、ですね。くーが許してくれるまで待つしかないですね。チュールやや多めで。
 
あー眠くて誤字が増えてきた。昨日くーを夕方病院に連れて行ってから、職場に戻って仕事してきたの。残した仕事そのままには出来なくて。でも、みんな終わってたわー。それでも、確認して、、帰ってからご飯食べて、洗濯して、、荷造りして、、二時間しか寝てない。明日また5時起きなので、、今日はここまでで。。。頭がぼーっとしてる。
 
コメントありがとうございます。明日、鴨川に向かう途中で返信できたらいいなと思ってます。眠くて頭回らない。。今日の聘珍楼の話もしたかったのに。。。(T_T)
 
おやすみなさい
 
シーバスに乗ったのですが、逆光と、揺れで写真ブレブレでした。この橋有名な橋??だつたよね?
寝ます。今日は、頭使った上に会場を行き来してかなり歩いた。山下公園からホテルまでも歩いたし。。
 
痩せたかな。北海道旅行で3キロ太って、今やっと1キロだけ戻ったのに、、明日海鮮食べ放題。シャチにも会います。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 猫、ひと踏み二万六千円なり | トップ |   
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (saraneko)
2019-06-30 10:04:40
くーママさん本当にいろいろとあったのですね!!
くーちゃん何事もなくてホットです、どこか悪かったら病院と仕事の掛け持ち大変ですよね。くーちゃん頭の良い子だから信頼関係が,、多分踏まれたことがショックだった?
Unknown (kukurinyan)
2019-07-02 18:23:09
saranekoさん
鴨シーから帰って、死んだように丸一日寝て、仕事行ったけど夜も爆寝の日々でした。やはり、無理はきかない歳ですね。

くーは、初めは触らせてもくれませんでしたが、私の動きが鈍いので、ここまで来たら逃げれば大丈夫と、、余裕を見せています。
くーは、誕生日を迎えて7歳になっても宙返りをしてます。お腹踏んだ日は出来なかったけど、今はまた空中で宙返りしながらおもちゃをキャッチする事が出来るようになりました。ご飯の時は寄ってきますが、寝る時は高いところに寝ることにしたようです。あと、なかなか捕まえて点眼するのは難しくなってきたので、最初にご褒美を皿に入れると、くー確認して捕まえて点眼可で、点眼後猫キックで飛び、ご褒美を食べにいくのが日課になりました。まだまだ若いくーです。でも、目に腎臓に、なんやかんや病院とは縁は切れません。

私は、もう出かける用はなくてゆっくり出来そうだったのですが、今度は納涼会続き。でも、仕事辞めたらこういう機会もないので、参加してます。

コメントを投稿