男の料理指南

知人がくれたレシピを紹介します。アレンジも含めた男の料理です。
じーじが娘と孫に残したいレシピ

なすとエビのカレー

2013年09月25日 | だし・調味料・スープ類

レシピはカレー二題です。二つとも、№550のカレーソースをベースに夏野菜
代表のなすを取り入れて作りました。なすと干しエビをベースにしたカレーは
№20で、野菜カレーも№20でお送りしました。今回レシピはそれをアレンジして
みました。

ベースにするカレーソースがよく煮込んであるので、具材のエビとなす、夏野菜
を加えてからは、グツグツ煮込みません。特にエビは火が通ったらできあがり。
野菜もあまり煮込まず、野菜の持ち味を楽しむほどにします。

同じソースで、ポークカレーとビーフカレーを作ってみました。酢豚用に買いおき
した角切り豚肉を使いましたが、これも豚肉が煮えたらできあがりです。ビーフ
カレーは、脂身の少ない薄切りのすき焼き牛肉を使います。これもソースに入れ
てからは煮込まず、ソースを絡めるようにしてさっと煮るだけにします。牛肉の旨
味とカレーのハーモニーを楽しむカレーです。

この夏、畑にかぼちゃを2株植えました。それがいくつかの実をつけ大きく育ち
ました。煮ものにしてみますが、味がもう一つなので空揚げにするとホクホクと
おいしくできました。これをカレーの具材にしたら・・と思いますが、まだためして
いません。満足するカレーができたらレシピでお送りします。


名前は、なすとエビーのカレーですが、彩りに赤いパプリカとマシュルームを加えました。
エビ以外でも、ホタテ貝柱やイカ・タコなどもOKでしょうが、シーフードは煮過ぎないのが
おいしくするコツ。薄切り牛肉や、鶏肉・豚肉も、煮込みは避けてサッと煮がおいしいです。


材 料 なす 4本 160g ・・2㎝の筒切り
パプリカ・赤 1/2こ 70g ・・3㎝角に切る
マシュルーム 1パック 70g ・・縦2つに切る
ブラックタイガー 5尾 70g ・・下処理は下記
片栗粉 適宜 ・・エビの処理に使う
サラダオイル 大さじ 2 20cc

カレーソース 1.5カップ 270cc

作り方 ブラックタイガーの処理
エビの皮を剥きとってボールに移す。
片栗粉を一つかみ、エビにまぶしてもみ洗いする。
たっぷりの水で、片栗粉を洗い流し、バターで炒める。
エビは、1尾のままでもよいし、半分に切ってもよい。
・・1尾12gほどのエビなら、1尾のままでよい・・

鍋にカレーソースを入れて温める
このあと、炒めたなすやマシュルームを加えて煮る・・・
火力は、中火と弱火の中間がよい。

なすをオイルで炒める
フライパンにオイル大さじ1を入れて強火にかけ、
筒切りしたなすを入れて炒める。
なすにオイルが回ったら、カレーソースの鍋に入れる。
同時にマシュルームを加える。

エビを入れたら中火より強めにして手早く煮る
なすとマシュルーム煮えたころ、エビを加える。
エビの下処理は、バター炒めでも良いし、皮つきの
まま茹でたのを煮てもよいが、カレーに入れる前に
煮過ぎないこと・・半煮え程にしておくと、おいしい
エビカレーにできあがる。

コメント   この記事についてブログを書く
« 夏野菜のカレー | トップ | リキュールと牛乳のドリンク »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

だし・調味料・スープ類」カテゴリの最新記事