工藤鍼灸院・院長のひとりごと2

真岡市(ハローワーク向かい)
電話 0285(83)3182
真岡のはり屋さん!とちぎ応援プレミアムチケット取扱店

このタイミングで?

2020年10月27日 19時13分00秒 | サッカー馬鹿
都合により本日と明日はお休みをいただいております。大変ご迷惑をおかけしますが、皆様のご理解、ご協力をよろしくお願いします。



閑話休題。



お昼前に栃木SC公式からリリースされたニュース、いやーちょっと驚きました。オビ選手がレンタル元の横浜Fマリノスさんへ戻ることになったそうです。


在籍期間はわずか3ヶ月ほどでしたが、安定したセービングと正確なフィードを武器に川田選手からポジションを奪いJリーグデビューを飾ったオビ選手。前節はGKながらその右足でアシストを記録するなど、攻撃的な守備でチームを牽引する存在となっていました。

横浜Fマリノスさんは正GKの朴選手が期限付き移籍で鳥栖さんへ、鳥栖さんからは正GK高丘選手が横浜Fマリノスさんへ。まるでトレードのような移籍が成立していますけど、鳥栖さんには高丘選手の移籍金が入りますし、おそらく朴選手の年俸は横浜FMさんが負担しているものと思われます。
資金難に喘ぐ鳥栖さんにとってはこれ以上にない助け舟となりましたし、横浜FMさんは栃木で十分プロのレベルでやっていけると証明出来たオビ選手を今後の軸にし、高丘選手をバックアップに据え、何なら来季は朴選手も戻せるという将来を見据えて盤石の世代交代劇を実現することに成功。今回のGK大移動は鳥栖さん、横浜FMさん、双方にとって最高のかたちです。


割りを食ったのは栃木SCだけという形ですが、そもそもの契約が育成型期限付き移籍。シーズン途中でこうなることはある程度織り込み済みだったのかも知れません。
それに栃木には他にも川田選手や塩田選手、大野選手という素晴らしいGKが在籍しています。オビ選手の移籍は大変残念ですが、快く送り出してあげたいです。

オビ選手、短い間でしたが本当にありがとう。将来は日本代表を目指してがんばってね( ^ω^ )

…ってな感じでオビ選手を送り出した4時間後。


( ゚д゚)

栃木での出場機会も少なかったですし、松本さんは得点力不足がかなり深刻でしたから、双方の思惑が一致して戻すことになったんじゃないかと思っていますが…いやーこのタイミングでふたりもチームを去るとは想像もしておりませんでした。

…新加入もあるのかな?

コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 休診のお知らせ | トップ | 明日からまた平常通り診療します »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

サッカー馬鹿」カテゴリの最新記事