久保田麻衣のブログ~今日もブルマ1枚でがんばるぞ

裸教育だった小中学生時代をへて高校、短大保育科へ、そんな麻衣のブログです。
現在の内容と、過去の信じられない内容です。

ひよこ日記 第17回 (中1編)

2018年06月07日 13時14分38秒 | 今日の出来事






                  17、中学生になって思ったこと

 小6の同じクラスで病死した子もいたけど、麻衣は健康そのもので、事故にもあわず、無事4月から中学生になった。セーラー服は私服よりは重かったが、中学生になったという実感があり、鏡で見ても小さい子が悪戯で学生服を着てるみたいで、可愛いなあと思った。中学生になり中学校の入学式の日に思ったのは、≪これで、もう学校で身体検査以外で裸にされることはない≫ということで、裸にされた小6時代は、裸の生活をさせられて、通学してから下校まで裸(といっても、全裸ではなく、一応はブルマは許可されていたので、ブルマ1枚姿)だったので、まるで裸保育の幼稚園に通園してるような気分で、男子も女子も裸になって1日を精一杯頑張るという感じで幼稚っぽかったなあと思った。でも、中学生だから、もう大人だから脱がされることもないし、裸で必死の姿にされることもないと、そんな風に思った。裸教育の基本は蛙逆立ちだと繰り返し言われて、業間体育でもよくブルマ1枚で蛙逆立ちをさせられたなあと、今となっては最近までの自分の姿が幼稚っぽく感じられて、笑ってしまいそうになった。そう、麻衣はもう女子中学生なんだ。女子高生ほどでないけれど、男の人にナンパされるかもしれないし、ぐっと大人になったのだなあと思った。蛙逆立ちとは、もちろん麻衣の小学校の場合だと、和式トイレのうんこの時と似たような姿で大きく大股開きになって両手で体を支えて前を見る技だ。両手の手の平以外は、1分間絶対に運動場に触れてはいけないし、触れると同じ班の男女全員が連帯責任で体罰だったのだから、恥ずかしい格好で必死になってて、幼稚っぽかったなあと思った。でも中学生になったのだから、もうブルマ1枚で蛙逆立ちさせられることもないし、見張られて1分間その姿で頑張らさせられることもないんだなあ、と、安心したような、大人に成長したという満足感とでにこにこして登校した。やはり、小学生だと、12才でも、6年生でも、女子でも、幼稚園に近いと思われてるのか、すぐに裸にされるし、それは全国的にそうだったみたいで(ほんの10年前ならだが)、身体検査以外で体育や掃除や行事でブルマ1枚にされたとか短パン1枚(女子も男子と同じ短パンの小学校もあったようだ)にされたとかいう話はよく聞いた。転校してきた県外の女子でも、裸にされていたよと言ってる子も実際にいたくらいだし。でも、中学生なら、もう幼稚園の続きでない。だから、幼児扱いなんて話は聞いたことないし、まあ大丈夫だろうと安心していた。みんなの見てる前で、授業参観とかで、ブルマ1枚で蛙逆立ちを頑張るのは、カッコ悪いというか恥ずかしかったので、もう、そんなこともないのだなあと思った。
 その後、授業が始まっても、1度も裸にされることはなかった。もちろん、まだ身体検査をしてないせいもあるけれど、普通は女子が人前で裸にされないくらいは当然のことなのに、つい最近まで裸教育児だったせいで、とても新鮮に感じられた。学校で服を着ているのが、とても新鮮な気がした。



 ところが数日後、部活の希望を第1希望から第3希望までアンケートで書かされた。麻衣は6年生の時、健康運動教室に通ったことがあり、体操に興味があったので、
第3希望に体操部と書いた。第2希望が書道部で、第1希望がテニス部だった。書道は上品な気がしたから興味があった。テニスはアニメの影響もあるのかもしれないけれど、とても格好いいスポーツだと思っていたので第1希望にした。中1の間は、球拾いが多く、しかもミニスカートになれず、ブルマで部活なので平凡だけれど、中2になれば格好いいテニスウェアを着れるというのも第1希望の理由だった。その日は提出して終わりだった。他校から転向してきた華子ちゃんという女の子と仲良しになった。小学時代に親友だった早勢千里は別のクラスだったので、少し疎遠になった。その華子の言うには、華子には姉がいて、その姉の言うには、みんな簡単に第1希望にしてもらえるらしい。第1希望でないと、やる気がない部活になるので、だから第1希望にすると先生が言っていたらしい。余程、人数が多すぎる場合や、少なすぎる場合はバランスのために人数調整をするので、稀に第2希望にされる場合もあるらしい。麻衣は第2希望でも第1希望でも、どちらも気にいってるので、どちらでもいいと思った。あと、華子の姉が言うには、体操部はダメらしい。先生が変態で、みんな変態部と呼んでるらしい。体操部は主に中1ばかりで、中2は僅かで、ほとんど子が中1で体操部を止めてしまうという話だ。先生が変態だから止めてしまうんじゃないのと、華子が言っていた。麻衣は≪しまった、第3希望に体操部と書いてしまった。でも、ほとんどが第1希望で、稀に第2希望なら大丈夫か・・・≫と思った。華子の説明だと、「体操部は名前は体操部だけど、実際は集団体操部なので、近所にある健康運動教室みたいな器械体操の初歩を習ってた子供が器械体操ができると思って入部すると、がっかりするよ。他校の体操部はレオタードを着れるから格好いいけど、でも、ここの体操部は体操着のままらしいし。それに女子だけで男子はいないよ。もちろん男子の体操部もあるけど、それは普通の体操部だよ」という説明だったので、第3希望だけは嫌だなと思った。普通のださい体操着姿で部活をするよりは、白いテニスウェアを着てみたいなと思った。パンツの見えそうなミニスカートも、男子が興奮しそうで、格好いいなあと思った。華子の説明だと、「うちらの学校は部活がびっくりするくらい厳しいみたいだよ。校長先生が頭が古い昔の人らしいので、そのせいかなあ。部活は自主的に部長中心に活動すれば同好会みたいで楽しいのにね。でも、実際には、先生にしごかれるみたいで戦前の体育の授業みたいなものなんだって。でも帰宅部になろうとすると凄く叱られるみたいなので、怖くて誰も帰宅部になれないとかいう話だよ」ということだった。まあ、テニスでしごかれるのもアニメみたいで青春という感じでいいかな、と、麻衣は気楽に考えていた。
 ところが数日後、めいめいに所属部が言い渡され、がっかりした。麻衣の番になり、担任がこう言った。「久保田麻衣は、おっ、体操部だな。あそこは一番厳しい先生で、みんな1度は叱られて泣くらしいから、可哀想だけど命がけで頑張れよ。放課後に体育館へ行くように」と言われた。なんで可哀想なのか、なんで命がけなのか意味不明だったが、厳しいことと先生が変態なことは、これまでの知識で分かった。麻衣の後に告げられた華子も体操部だった。あと、同じクラスでは葵という子も体操で、同じクラスでは3人だけが体操部だった。「うわっ、最悪なのだ」と華子が言っていた。



 先生の都合とかで、体操部は30分ほど遅れて始まるらしかった。他の部活を見ていると、やはりサーキットトレーニングとかを頑張っていたり、小学校では考えられないほど大きな声を出して部活をしていたりと、華子の言うように部活はどこも厳しそうだった。「体操着だよね」「うん」と、2階建てのコンクリートの小さな部室で体操着に着替えた。体育の授業はジャージ姿だったので、なんとなく寒かったので、ジャージ姿に着替えた。親友の早勢千里も体操部だったし、仲良しの子が多くて案外楽しそうだなあと思った。全員着替えたので、みんなで体育館へ移動した。早勢の話だと、親のいない孤児の子はハンデキャップがあるので、みんな体操にされたという話である。早勢の話だと、「先輩の話だと、孤児ばかりなので、孤児部と学校で呼ばれてるんだって。ハンデキャップに負けない強い精神力の子に鍛えるのに、特別厳しいらしいよ。やだなあ」ということだった。考えてみると、早勢は継母だよと言っていたことがあった。麻衣は親はいるのかもしれないけれど、ずっと親戚のおじさんの家にいるので、孤児みたいなものなのかもしれないなあと思った。
 体育館に入ると、そこは無人で誰もいなかった。適当に集合して始まるのを待った。3人だけ2年生で、1年生のお手本になるために2年生の途中まで体操部らしい。途中から器楽部に移ると2年生は言っていた。2年生にしては幼い感じがした。他の1年生の子たちも、孤児が多いせいか、痩せていて小さくて幼く見える子が多いなあと思った。実際には、麻衣が一番幼く見えると先生に言われてしまったが、周囲の子を見て≪なんか、小学生みたいだな≫と思った。「普通の子でなくて孤児なので、守ってくれる大人はいないから、先生のおもちゃ扱いにされるから、覚悟しておいた方が楽だよ。いちいち反抗しようとしたり、抵抗しようとしたりしたら、スパンキングされるから絶対だめだよ」と2年生の子が言ったので、「え、スパンキングって何?」と華子が訊いていた。「尻たたきのことだよ。尻たたきのポーズをさせられて竹刀で100発とかぶたれるから、みんな泣くほど痛いから、それで数日は歩くのも痛いくらいだから、絶対に逆らわないでね。あたし、一応は部長だけど、みんなが百叩きされて歩けなくなるのを見たくないからね」と言って、道具倉庫を方を指さした。2年生の部長の差した先を見ると、剣道で使う竹刀が置いてあった。「それから、今日はここは体操部だけだけれど、普段は半分くらいは別の運動部が使うから、部活中の姿は見られてしまうから、そのくらいは覚悟しておいた方がいいよ」と部長が言うので、「え、見られるのに、どうして覚悟がいるの?」と麻衣が不思議に思って訊いてみると、「格好いい部活なら、見せても平気だけど、ここは精神力をつけるのに、カッコ悪いことも女の子なのに普通にさせられるから、カッコ悪い姿を男子とかに見られる覚悟がいるってことなんだよ。それは始まれば分かるけれど。あと部活中にトイレに行くのも禁止だから、これまで失禁した女子も多いから、みんな今のうちにトイレへ行っておいた方がいいよ」と言われた。かなり厳しそうだけど、どう厳しいのか意味不明のままだった。でも、こうして麻衣の中1の初部活は始まったのだった。





 

 


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひよこ日記第16回(小学生... | トップ | ひよこ日記 第18回 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

今日の出来事」カテゴリの最新記事