晴れたら花巡り

晴れたらアウトドア。草花が大好きで、野山を散策しています。

里山にも行ってます。

映画「あん」

2018-12-26 | 未分類

 

  今年9月に亡くなった女優の樹木希林さんの最後の主演映画「あん」

  日にち限定で、追悼上映されるので、鑑賞してきました。

  「あん」とは、小豆の餡のことです。

  ハンセン病がテーマの映画で、元ハンセン病の徳江と言う女性と、

  罪を犯して服役後出所して、借金を抱えて働くどら焼き屋職人の千太郎。

  彼の店に、徳江がアルバイト志望で訪れて、一度は断ったが、

  徳江の作った餡の美味しさに惹かれて雇うことになる。

  徳江は、小豆に語り掛けながらじっくりと、餡を作る。

  その餡の美味しさの噂で、店は繁盛するが、徳江がハンセン病だったと言う噂が広がり

  客は減っていく。徳江はそれを察して、店をそっと去る・・・

 

  ハンセン病の療養所いる徳江を訪ねると、18歳から療養所に入れられ、菓子作りを習って

  餡作りを覚えたと言う。

  酷い病気で、療養所に隔離されて、差別されて、一生を過ごされた患者さんの事実を知る。

  

  療養所の木々が「よく頑張ったね」と語り掛ける。

  徳江は、「私たちはこの世を見るために、聞くために生まれて来た。

  だとすれば、何かになれなくても、私たちには、生きる意味があるのよ。」と言った。

  この言葉に感動して、涙が出ました。

  その言葉は、多くの人に勇気づける言葉、「生きる意味」だと思った。

 

  

  

  

  

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« クリスマスリースと苔玉 | トップ | 今年出会えた春の花 ベスト10 »
最近の画像もっと見る

未分類」カテゴリの最新記事