こころの羅針盤

私の人生に待ちうける「意識」の大海原・・・心と身体と魂と、日々の感情生活を語ります。

声に出して読む

2019年09月16日 | 自己実現
声に出して読む、「音読」することを続けています。
なんとなくの決まりごとは一日一章ということだけで、
時間を決めていないので、ときどき忘れることもあって。
そういうときは翌日、二章読むことになります。
集中できず内容が頭に入ってこないことが間々ありますが、
はっとして戻ったら気にしないで、そのまま読み進めます。
(ときには、はじめから読み直すこともありますけど)

発声することに大きな意味があると思っています。
気が散って内容が頭に入ってこないことがあっても、
身体は聞いていると思っていて、それが重要と感じます。
時にはストーリーと関係なく目に入ったセンテンスやワードに
ハッとさせられることがあって、ああそういうことかと
現実に結びついた気付きに繋がることも偶にあります。

このような感じで音読は続いていますが、
日課と呼びたくないし習慣化は避けたい感じがしています。
できれば毎回、新鮮でありたいというところでしょうか。
音読を始めたころ、声の調子、息遣いが毎回違うことに驚きましたが、
本当はいつも同じ感覚、統御感で臨める方がよいのか?
そこのところはわかりませんが、その内、見えてくることがあるかもしれません。

あらゆる情報に思考があっちを飛びこっちを飛びしながら、
矢のように一日は過ぎ行くと感じる日々にあって、
音読するひとときが、何か私の心棒を調整してくれている、
無意識のリセットになっているなかな?そんな気もしています。

長い年月の中、受け継がれてきた書物でないと
音読の継続には耐えられないように思うので、
一日一回、万葉集や古典を声に出して、というのもよいですね。
私たちには音読したい書物がたくさんあって、しあわせです。

身心のリセット、健やかな感情生活ために、遠くを探さなくても、
案外、身近なところにタカラモノはありそうです♪

人気ブログランキング クリックありがとうございます
コメント   この記事についてブログを書く
« 意識して知覚する、人生の楽しみ | トップ | もうすぐ新月 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

自己実現」カテゴリの最新記事