こころの羅針盤

私の人生に待ちうける「意識」の大海原・・・心と身体と魂と、日々の感情生活を語ります。

感覚を楽しむ

2009年02月17日 | 意識と知覚
先週から、春の木版摺りに取りかかっています。前にも書いたことがありますが、友人から任されている季節ごとのカード摺りを一日3,4時間。いつもより快調に進んでいるのは、五感を意識的に、楽しむようにしているせいかもしれません。

作業の工程に沿って、使う感覚が変化してゆくのを意識して楽しむことは、今に集中することです。色を調合してバレンで擦りながら、ふとFMラジオの音楽が耳に入ってきたり、筆を洗いに立つと、ガラス戸越しにジョウビタキのタキチャンが目に入る・・・目の前に現われる様々なものを感じていると、思考に気をとられているヒマがありません。

このように過す一日は“精一杯生きた”という、充足感があります。

母から譲り受けた、スミレ模様が編み込まれたスェーター。肌触りのよいニットの感触もちょっと優雅な気持ちになって、快調な作業に一役買ってくれているような気がします。時にはメリハリをつけて、このような演出もよいものです。

もうしばらくは一日一日、五感を意識的に楽しんでみるつもりです。春のカードが摺り上がる頃には気力も漲り、また新たな地平が見えてくることでしょう。

クリック感謝いたします
人気ブログランキングへ





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 美しいなあ… | トップ | 感覚を楽しむ・追記 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

意識と知覚」カテゴリの最新記事