こころの羅針盤

私の人生に待ちうける「意識」の大海原・・・心と身体と魂と、日々の感情生活を語ります。

同調に、ご用心

2015年04月28日 | 意識と知覚
自分の不一致(深層心理での本音が意識や言葉と一致していないこと)に、
さっぱり気付かずにいたところから、微妙な違和感を覚えだす時期を通って、
ついに不一致が明確に意識されるときがきたとして。

不一致に気付かなかったときには苦も無く「同調」できていたのが、
心楽しく同調できていたのが、本音に気付きだすと、
とりあえず言葉で同調していても、以前にはなかった違和感を覚えて、
以前は楽しかった対話や交流に身をおくことが、とても苦痛に感じられます。

この苦痛は「同調を強いられている」と知覚するところから生まれてくるようで、
そこには小さいとはいえない脅威と圧迫感もあります。
しかし、相手に同調への期待はあっても強いられていると知覚するのは、
明らかにこちらの“感じすぎ”と思われるので、
「同調を期待されても強いられてはいない」と書きかえるのがよさそうです。

不一致を自覚したその上で、どう行動するかの選択肢は、
本音を自覚しながら相手に同調することを優先させるか、
同調していない本音を伝えるかの、どちらかになるのでしょう。
後者は場合によっては関係性の習慣を壊すことにもなるので、
時間をかけて習慣を作り変えるような気持ちで臨むのがよいのかもしれません。

ここ数日の出来事と心の流れの中で「同調」がキーワードのように出てきて、
なんとなく。考えるともなく考えていて、「不一致の意識化」と同調の問題が、
ここにきて繋がり、問題がくっきりとみえてきたわけですが、
「同調を強いられてはいない」と自己概念を書き換えることと、もう一つ。
「自分が同調を期待している」瞬間を意識してみたいと思っているのです。
自分がどんな時と場面で、どういう相手に同調を期待しているのか。
その瞬間をとらえて、自分の傾向に意識的になってみようと思うのですが、
意識するだけで―無意識の意識化が成るだけでー変化することも何かあるでしょう。

頭の中が整理されて方針が定まってくれば、最近の一つの気がかり、
同調を強いられていると知覚したことから生まれていたストレス曲線も宝物だったと思えます。
感情には意味があります。ストレス曲線は疎かにしないで誠実に接したいものですね。
コメント   この記事についてブログを書く
« 散歩。。。 | トップ | 思いつくままに、最近の幸福曲線 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

意識と知覚」カテゴリの最新記事