K.テツのひとりごと

行動記録、趣味の話などを書いてゆきます

6月度 平家物語を読む会

2018年06月21日 | 講座・会合

6月16日(土)14時から尼崎市立中央図書館で平家物語を読む会がありました。出席者は22名でした。先月は所用のため欠席したので2ヵ月ぶりの出席です。

テキストは巻第十二 柏瀬六代で常陸房正明が(っった一人ついていた侍が足を病んでいたため)和泉国八木郷に逗留していた行家を探し出すところから・・・。前回はあまり進まなかったようです。

平家物語で行家は 巻第八「名虎」で院宣により備後守になったが、行家は備後を嫌ったため備前守となったと言う記述(官途の変更:働きに応じたものを頂くべき)があるくらいで、個性(性格、輪郭)があまり描かれていなかったが、ここに来て「熊野で育った豪胆さ、豪の者+情けの持ち主、(頼朝が警戒するような)武人らしい武人、」であると深く描かれている。

砂川先生は 常陸房が走りこんだ家に行家がいなかった(今朝そこを出た)というところには「行家の心の動き」があるし、行家と従者の行動からは「武者たちの主従の絆の強さ」が読み取れる。このあたりを読み取ってほしいと仰る。

レジュメの「玉葉」に下郎である従者の名前(駿河二郎」が書いてあるのも治承寿永の内乱(俗に言う源平合戦)において行家(以仁王の令旨を全国の源氏などに届けた)は我々の想像以上に重みがあったのだと仰る。

そして先生はひと言「平家物語はとても良くできている。作者の思い、情熱、エネルギーは何だったのか・・・」

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宿泊撮影会下見 2日目 その1 (蒲郡 朝のホテル付近)

2018年06月20日 | 国内旅行

一昨日のブログの続きです。宿泊撮影会の下見の2日目の朝です。

傘をさすほどではありませんが霧雨の中、宿泊したAZホテル愛知蒲郡から海まで散策しました。

 

この川を渡ると広い埋立地が広がります。長い間放置されていた埋立地、最近トヨタグループの研修所、海陽学園ができ、道路が整備されています。

 

トヨタグループの研修施設。向かい側は多目的広場です。

 

海陽学園です。

ヒバリの声が心地よく響きます。突然・・・甲高い鳥の鳴き声と飛び回る鳥が・・・。ケリです。海までの道の一部が縄張りに入っているのでしょう。

 

海岸線に出ました。西側にはラグーナテンボスが。

 

遠くに見えるのは渥美半島でしょうか。

 

山には霧がかかり・・・。天気予報ではホテルを出る頃には晴れ間が出るというのですが・・・。

続きは明後日のブログで。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

順記の会

2018年06月19日 | 講座・会合

6月15日(金)、17時30分から王子公園駅のそばの「天天」で順記の会がありました。

久しぶりに8名全員が集合。今回は芦屋写真展2018を見ることを重視、いつもの開催間隔とは違い、1ヵ月ぶりなのです。

 

美味しい中華料理には紹興酒が似合います。生ビールで乾杯の後紹興酒に切り替え・・・。話が弾むとお酒が進みますね。

10月下旬に再会することを約し、お開きをなりました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宿泊撮影会下見 1日目 その3(明治村 2、モザイクタイルミュージアム)

2018年06月18日 | 国内旅行

一昨日のブログの続きです。

聖ザビエル天主堂です。

  

 

4丁目の呉服座(重要文化財9です。

 

ここから手国ホテルに戻り、地ビールで喉を潤しました。

 

ホテルへ向かいます。途中多治見市にある「モザイクタイルミュージアム」に立ち寄りました。

 

 

蒲郡市にあるホテルへ。夜はお決まりの宴会です。

宿泊撮影会の2日目は明後日のブログから・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こうべ版画シティ「梓の会」展

2018年06月17日 | 展覧会

6月14日(木)、原田の森ギャラリー東館1階で開催中の“第31回 こうべ版画シティ「梓の会」展”を見に行きました。

やろう会の会員のM氏が出展しているのです。

 

感心したの名、14名の会員の方々が思い思いの方法を使い独自性を発揮されていること。技法もさることながら、作品を保護するアクリル板を使ってまでも・・・。

とても参考になりました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宿泊撮影会下見 1日目 その2(明治村 1)

2018年06月16日 | 国内旅行

一昨日のブログの続きです。

五色園から明治村までは車で約1時間。明治村の正式名称は博物館明治村、愛知県犬山市にあり明治時代の建造物等を移築して公開している屋外テーマパークです。

明治村には北門から入りました。北門は帝国ホテル側の門。すぐそばに5年前フォトオペラの一場面を撮影した思い出の「高田小熊写真館」が見えたので懐かしく立ち寄りました。

4人の集合写真を撮影した2階のスタジオは以前のままです。とても懐かしかったです。

 

 

金沢監獄です。

 

聖ザビエル天主堂に向かいました。

 

続きは明後日のブログで。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

芦屋写真展2018 1日目

2018年06月15日 | 展覧会

6月13日(水)、10時から原田の森ギャラリーの2階大展示室で「芦屋写真展2018」がは始まりました。

屋外の大形看板、屋内の垂れ幕です。

 

 

朝9時30分から受賞作品20点に「グランプリ」、「準グランプリ」、「優秀賞」、「審査員賞」「佳作」のキャプション貼り。会場が広いので一汗搔きました。

撮影許可証を着けて会場を撮影しました。

 

皆さまのご来場をお待ちしております。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宿泊撮影会下見 1日目 その1(五色園)

2018年06月14日 | 国内旅行

6月6日(水)、7日(木)9月末に予定されている写塾AIMの宿泊撮影会の下見に同行させていただきました。9月末の撮影会は日程の都合で参加できないのです。撮影場所は愛知県にある明治村(1日目)、佐久島(2日目)とその周辺が候補にあがっているのです。

朝8時30分、JR尼崎からレンタカーで出発、名神高速経由で名古屋方面に向かいます。今日一日は雨模様、しかも強く降る時間帯もあるようです。

草津田上の新名神分岐を通り過ぎたところに一宮まで2時間以上の標識が・・・。名神集中工事(吹田IC~春日井IC)」が5月28日(月)から6月9日(土)まで実施されており、吹田から草津までは工事が終了、工事用機材が取り除かれていたため気付かなかったと思われます。

1日目の明治村と組み合わせる場所として、大正村、モネの池なども今回(下見)の候補にあがりましたが、同行者の誰もが訪問したことがない「五色園」を訪れることにしました。

何とか渋滞箇所を通り過ぎ、東名高速のPAで昼食、日進市にある五色園には12時30分頃到着。まだ小雨が降っています。ここは五色山大安寺の広大な境内を使った日本唯一の宗教テーマパーク?なのだそうだ。

本坊まで車で入ると、石像が・・・。聖徳太子の像です。


五色園の主役たちは花でもなく、孔雀でもなく、100体以上にも及ぶコンクリート製の人形なのです。人形が敷地のいろいろなところに点在しています。その多くは浄土真宗の開祖、親鸞(しんらん)にまつわる逸話を再現しているのです。下の小さい写真はクリックすると大きくなります。

 

  

   


五色園から明治村に向かいました。

続きは明後日のブログで。


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日から「芦屋写真展2018」が始まります

2018年06月13日 | 展覧会

本日から「芦屋写真展2018」が始まります。

昨日(6月12日)、作品の展示作業を行いました。改装なった原田の森ギャラリーは明るく、とても良い雰囲気です。

皆さまのご来場をお待ちしております。

  

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「二坪」写真展

2018年06月12日 | 展覧会

6月9日(土)、西宮市立北口ギャラリーで開催中の“第8回「二坪展」を見に行きました。

友人のI氏~案内を頂いたもの。

風景写真を中心とした活動グループである「阪神写真集団」の方々が9年前に「各自風景写真以外の作品も持ち寄ろう」と始まった展覧会。

11名の方々が取り組まれた思い思いのジャンルの作品が二坪の壁面に展開されています。興味深く見せていただきました。

I氏の作品は横浜の印象を12枚の組で表現した作品でした。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加