K.テツのひとりごと

行動記録、趣味の話などを書いてゆきます

年末のベランダ

2011年12月31日 | 日常のこと

 年末のベランダの花々です。

ゼラニウム、アイヴィーゼラニウム、パンジーが咲いています。

コメント

今日の言葉(12月30日)

2011年12月30日 | 今日の一言

 昨日から風邪気味です。明日は子どもたちと久しぶりのGOLFなので一日静養し、読書、音楽鑑賞します。

今日の言葉(「美人の日本語」 幻冬舎、山下景子著 より)悲喜交々:

 「交々」は、もともと「此も此も(こもこも)」だそうです。これもこれも、かわるがわる、次々に・・・・そんな意味です。

 一年を振り返る時期です。

 あなたの交々は、「あんなこともあった、こんなこともあった」ですか? それとも「ああすればよかった、こうすればよかった」ですか?

 悲喜交々、さまざまな思い出に彩られて過ぎゆく今年。

 喜びばかりの人生はありえないでしょう。

 闇があってこそ光がわかるように、悲しみがあってこその喜びなのかもしれません。それでも、人は喜びをもとめて生きていくもの。

 「これもしよう、あれもしよう」

 そんな交々を用意して、来年に向かいませんか。

コメント

ナショナル・ジオグラフィック日本版 2012年1月号読了

2011年12月29日 | 日常のこと

ナショナル・ジオグラフィック日本版 2012年1月号読了しました。

 

特集記事の双子が明かす生命の不思議、塩と大地が織りなす奇観、パナマに眠る謎の黄金郷が面白かったです。

コメント

錦市場

2011年12月28日 | 日常のこと

 今日11時過ぎから京都錦市場に買い物に行きました。

まず先斗町のおめんで美味しいうどんのお昼。京風のおばんざいをアテにビールと日本酒が進みました。それから錦市場に向かいます。

河原町通りと寺町の年始用のお飾りはとてもシンプル。

 

しめ縄飾りにも賑わいはなし

 

錦市場は明日からが本番(空いている今日行きました)。入り口付近は閑散としていましたが、奥に行くに従い混雑していました。明日からの3日間は大混雑でしょう。

コメント

楊令伝<七> 驍騰の章

2011年12月27日 | 雑誌・本

 楊令伝<七> 驍騰の章読了

コメント

中国春蘭「呉鳳」が咲きました

2011年12月26日 | 日常のこと

 中国春蘭「呉鳳」が咲きました。

 

 

 ほのかによい香りがします。まだ花芽がついていますので当分楽しめそうです。

 

コメント (2)

クリスマス会

2011年12月25日 | 日常のこと

 昨日はクリスマスイブ。次男夫婦、孫たちが集まりささやかなクリスマス会をしました。

 孫たちはクリスマスプレゼントをもらい大喜び。ピザが大好評でした。

コメント

ミッション・インポシブル ゴースト・プロトコル

2011年12月24日 | 日常のこと

 昨日トム・クルーズ主演の映画「ミッション・インポシブル ゴースト・プロトコル」を見てきました。

 物語の舞台はブダペスト、モスクワ、ドバイ、ムンバイと次々に変わり、テンポ良く進むストーリーも楽しめました。監督は「Mr.インクレディブル」などでオスカーを得たアニメの名匠、ブラッド・バード。12月17日の日本経済新聞の朝刊に関連記事が載っており、それを見て映画を見る気になったのです。

日経記事 「M:I」第四作目アニメの巨匠を起用 のアドレス

http://www.nikkei.com/access/article/g=96959996889DE1E5E1E1EAE7E1E2E3E4E3E0E0E2E3E39091EAE2E2E2

 

【映画】『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』予告編

コメント

散歩の途中で

2011年12月23日 | 日常のこと

 散歩の途中で見た植物です。

 阪急電車沿いに数本咲いていました。冬咲きの桜でしょうか?

 

 南天

 

 皇帝ダリア

 

 バラ

 

 サザンカ

コメント

中山~中山山頂~大峰山~武田尾

2011年12月22日 | ハイキング、山登り

 昨日友人4名に誘われ山歩きをしました。

 朝10時、阪急電車の中山駅集合。

 

 中山寺境内には入らずに梅林の横を通り、夫婦岩に到着。展望台からの遠望です。

 

中山寺奥の院もバイパスして中山山頂(478m)へ。山頂~からの眺めです

 

 山頂から少し下ったところで昼食。宝塚高原ゴルフ場の3番ホールの横を通って長尾谷ダムへ。車道を横切り急な岩場(常設のロープ有り)を登って大峰山方面へ。途中ムラサキシキブが実をつけていました。

 

 

 大峰山頂(552m)で記念撮影です。

 

滑りやすい道を下ると東屋があり、桜守として有名な故笹部新太郎博士の演習林だった場所でした。

 

 桜の道として整備された道をおりると福知山線の廃線あとに。

 

枕木が残っている平坦な道を進むと武田尾に到着です。

 

少し時間が早かったので温泉街まで足を伸ばしました。

 

 武田尾駅を通り過ぎ、目をつけていたお店でボタンなべをつつきながらの忘年会となりました。

 軽い気持ちで参加したのですが、急な上り下りもあるコースで山初心者の私にはきついコースでした。ペースを私に合わせたり、しんどくなったところで休憩したりしてくれたりというベテランの4名の気遣いで何とか無事に予定のコースを踏破できました。感謝感謝です。

コメント