Jさんブログ~つれづれなるままに~

糸の切れたタコのように日々ふわりふわりしているJさんの、ふわりふわりな出来事を書いてみました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

初代・愛車プリウスさようなら~義弟の下へ

2010年07月19日 | つれづれ日記
5月下旬に発注した新車プリウスが8月初旬に納車ということで、来週がコンサート出演で週末2日共スケジュールが厳しいため、今日納車に向けた準備をすることに。

今日は第一弾・今私が乗っている現行プリウスを義弟に引き渡し、義弟のレグナムと交換することに。ということで、初代・愛車プリウスとお別れをすることになりました。
今まで3年近く乗ってきた思い出を振り返りながら、車内・ボデー共の汚れを掃除。すると、掃除やボデー維持のためにかなり投資したのもあるものの、納車当時とさほど変わらず今も綺麗だなと。とてもまもなく3年とは思えない感じでした。

という訳で、初代・愛車プリウスが私の下を巣立っていったということで、記念に今まで3年間の歴史を振り返ってみようかと…

1)2007年秋・納車時の様子(本牧のトヨタ整備工場にて)~まだナンバープレートが付いていません


2)購入4日目で不運の事故~後部バンパー損傷(事故直後の様子)


3)代車プリウス


4)2008年春・桜の下にて(実は冬に砂袋と激突して前部バンパーが損傷している)
 

5)2008年夏・西湘s.aで海をバックに


6)2008年夏・友人大勢乗せて初の長距離ドライブ~裏磐梯山にて


7)2008年秋・年賀状用の電車写真撮影ロケ~御殿場の田んぼ/山梨・笛吹川
 

8)2009年夏・四国うどんツアー中「セカチュー」のロケ地庵治町にて


9)初の雪道~雪の越後湯沢駅にて


10)来月納車予定の2代目・愛車プリウス模型と現在乗っている初代・愛車プリウスを並べて



総走行距離約32,000km。いろんな人と、その乗せた人といっぱいの思い出を作りました。
次の車はどんな思いでを作ってくれるのでしょうか。

愛車を譲り寂しい気持ちになっている私と、同じく愛車を下取りに出すので寂しい気持ちになっている義弟を見て、横で義弟の妻である妹がバッサリ「なんで男の子って車になると夢中になるんだろう。私には違いがさっぱり」。…はい、そうですね(汗

いよいよ2代目の愛車となるプリウスも納車まであと2週間。
かなり苦労してお金を工面して買っただけに、待ち遠しさもひとしお。納車のその日が楽しみです♪
コメント

夏至の日の夢

2010年06月21日 | つれづれ日記
今日は夏至の日。
一年で一番日の出から日の入までの時間が長い日です。


そんな夏至の日に、ずっと昔からやりたいと思っているものの、叶わない夢がひとつ。
それは…晴れた夏至の日に、日の出から日の入まで思いっきり外で遊びたいということ。

この時期だと、早朝4時には既に明るくなりはじめ、ずっと太陽は高い場所を西へ移動し、夕方19時過ぎてもまだ明るく。結果その間遊ぼうと思ったら、15時間近く遊べる訳で。

「その間ひたすら歩き続けたらどこまで行けるんだろう?」
「電車に乗って移動しながらぼーっと車窓を眺めたらどれだけ贅沢なんだろう」
「景色のいい山の上で、日の出から日の入まで太陽と見える景色を見つめ続けたら何が見えてくるんだろう」
とか、思いつく過ごし方案は数限りなく。

しかし夏至の頃と言えば、梅雨真っ盛り。
大体の年はどんより雨雲に覆われながら、ぼんやり明るくなって、じめじめ雨が一日降り続き、いつの間にか夜になるのがパターン。
なのでスケジュール的にどうこうというより、そもそも前提条件として夢に近付ける状況にはならず、でも胸の中でずっといつかそれを実現しようと思っています。


2010年の夏至の日。今日は朝はどんより雲に覆われていたものの、昼になった途端急に晴れ、そのまま晴れが持続し、夕方は最高の夕焼けが。
そんななるんだったら会社休んで夢叶えたのに…と心で思いつつ、夕方会社の窓からその夕焼けを遠く見ながら、いつかこの夢叶えたるって思ったのでした。

おかげさまで、高校あたりから今までほんと暇で退屈ってのがないくらい、何か充実した日々を過ごしていて、この夢が叶う日ってないんじゃないかなと頭を一瞬ゆぎるものの、夢は叶えるもの。いつかこれを実現できたらいいなと思っています。


ある年、夏至に晴れの予報が出たら、何か企画を立ち上げて、その夏至の日の太陽を楽しむ企画を立てるでしょう。そんな時は、呆れずもしよかったら付き合ってやって下さい。
多分この企画趣旨に従って遊んだら、暫く遊びたくなくなるくらい、充実したものになると思いますから。

いつかこの夢が叶う日が来ると信じて…。
コメント

「聴いて楽しい! たかつサマーコンサート」告知!!!

2010年06月13日 | つれづれ日記
たかつサマーコンサート吹奏楽団「聴いて楽しい! たかつサマーコンサート」

・2010/07/25(Sun.)
・14:30開場、15:00開演
・会場:すくらむ21ホール(南武線:武蔵溝ノ口駅、東急田園都市線:溝の口駅下車徒歩10分)
・曲:アルメニアン・ダンス・パートⅠ(A・リード)、交響的序曲(バーンズ)、海の上のピアニスト(モリコーネ)他多数

プロとアマチュアがひとつの舞台に乗って演奏するコンサートです。


5月に出演させて頂いた武蔵小杉ウィンド・オーケストラのメンバーの方よりご紹介にあずかり、急遽出演させて頂くことに。
出演者がBrass関連だけで58人、他合唱でも多数出演する大きなステージです。

昨年会社の後輩の紹介で観覧したのですが、かなり濃いステージで、今年も吹く側の人間としては聴くには楽しいけど難曲ばかりで、毎週の練習に参加してはまともに吹けず凹む日々です。
なんとか当日までにはお聞かせできる演奏にしないと…。


観覧ご希望の方は、高津区役所地域振興課「たかつサマーコンサート係」へ直接申し込むか、私の方でチケットの取り置きをしますので、もしよろしければ聴きに来て頂けると。

真面目な曲も多いですが、最近話題の曲も盛り沢山!
是非皆さんのお越しをお待ちしてます~♪
コメント

夕焼け小焼け

2010年06月12日 | つれづれ日記
いろいろな街で夕方ある時刻に流れる子供が家に帰る目安を知らせる音楽。
私か子供の頃育った団地では、夕方17時になると「夕焼け小焼け」の音楽が流れました。

家は5Fで、ベランダからあじさい公園という小さな公園があって、母が夕飯の仕度をしながら、私は公園で砂場遊びをして遊び、17時に「夕焼け小焼け」が流れたら家に帰るルール。
この「夕焼け小焼け」が、私が住んでた団地で流れてたものはアレンジがややこっていて、あまり他で聞かないため、今でも昔住んでた団地近くを通りかかった際偶然あの音楽を聴くとなんか懐かしいような気持ちになります。

変わって最近では、会社でうっすら開けた窓から、同じ17時に多摩市のアレンジの「夕焼け小焼け」が聞こえてきます。
多摩市アレンジは曲の終わりがちょっと可愛い感じ。ただ防災無線のスピーカーから街中を反響して聞こえてくるため、音がめいっぱい散らばって聞こえるため、逆にものすごい切ないrit.をかけて聞こえるため、うっすら耳に入ると若干切ない気持ちに。
その多摩市アレンジと同じものがこれ↓

防災行政無線チャイム 神奈川県海老名市/17時「夕焼け小焼け」(多摩市と同じアレンジ)


今日は偶然夕方頃、多摩市付近を車で走っていたら、17時と共に聞こえてきたのがこの「夕焼け小焼け」。今日は非常に暑かったのですが、ひとりで運転していたのでクーラーはもったいないと、車の窓を全開にして走っていました。
外は梅雨とは思えないくらい気持ちよく晴れていて、そんな日の夕方にこの曲が聞こえてくるとなんだか切なくて…。
でもそういいつつも、つい子供の頃からのクセで聞き入ってしまうそんな曲です。

いつか頑張って昔住んでた団地バージョンのアレンジを見つけたい。
そんな気持ちになりながら、You Tubeで音源を探す今日この頃でした。
コメント

iPhone向け鉄道路線乗りつぶしアプリケーション「駅Tomar」本日リリース

2010年06月04日 | つれづれ日記
昨年4月から会社の有志メンバーで進めていたプロジェクト「新規事業研究会」。
何の事業をやろうかというところから始まり、何度となく検討会を開き進めた結果、最近のiPhoneブームに乗じて「スマートフォン向けガジェット」を事業にすることに。

何をテーマにアプリを作ろうか、メンバー全員で悩んだ結果、作ることになったのが”マニアのマニアな人のためのマニアックなアプリ”。
それからいろいろテーマを上げ、その中から第一弾発表することになったのがこのアプリ「駅Tomar」です。

このアプリの原案は私が出したもの。ゆえ当然アレな内容です。
全国のJR・民鉄の乗りつぶしの状況をアプリで管理できるというものです。
そうです。私が欲しかったアプリです。
それを会社の新規事業として、全世界に向けて発売してしまいました。


今回はiPhone向けアプリとして作成しています。
今のところ通信必須の機能がないため、iPod touchでも利用可能です。

現在はお試し版ということで、路線をJR東日本のみに絞った無料版をApp Storeにて配信中。今後夏頃、対象をJR・民鉄全路線に広げ、「乗りつぶし」以外に「降りつぶし」も対応可能とした有料の完全版をリリース予定。
ここで私の欲しかった全国の鉄道乗車記録が管理できるソフトという夢が叶います。

このブログをご存じの方に、あまり鉄道好きが多くないことは知っておりますが、奴が作った怪しげなアプリの正体を見てみたいと思って頂けた方は、App Storeでダウンロードしてみて下さい。


今のところ売れるかわからず出したので、宣伝はかなり控えめに行ったので、今のところ正式なプレスリリースは出していないのですが、いくつかのiPhoneソフトを取り上げるwebページで記事を載せて頂き、そのページから前評判を見ることもできます。

またリリースノート&ヘルプ代わりとして、毎日スタッフブログを更新中。
twitterから連動した記事以外は、大体私が更新しているので、毎度長く、ネタが鉄道200%の濃い内容ですが、そちらも見て頂けると(当ブログにもブックマークにリンクを貼りました)。
スタッフブログURL :  http://blog.goo.ne.jp/eki-tomar


最近この絡みで帰りが遅く、週末のBrassbandの練習と合わせて、かなりスケジュールめいっぱいの状況。
でも自分の欲しかったアプリのためなので、一秒の妥協も許したくないので、ここは頑張りたいところ。
飲み会などで、ふとiPhoneを取り出した時は、奴がアプリに乗じて電車の話しをしたい時です。その際は逃げるか病気だから仕方ないと諦めて聞いてやって下さい。

以上、iPhone向け鉄道路線乗りつぶしアプリケーション「駅Tomar」の告知でした。
コメント (1)

買っちゃった♪

2010年05月31日 | つれづれ日記
今日ちょっぴり大きな買い物してきちゃいました。それは…
「く・る・ま」
…買っちゃいました。30型プリウス(いわゆる新型プリウス)です。

2007年11月に今乗っている20型プリウスを購入。
買って4日でバイクに突っ込まれいきなり事故車に。それから3ヶ月でベイブリッジ上でまさかの砂袋と激突。若干ツいてない車でした。
ただ以来、ようやく買って2日目でお願いした寒川神社の神様が、安全を叶えてくれ、以来は大きな事故やトラブルもなく、これまで快適なドライブを楽しんできました。
強いて言えば、安全祈願をした当日からこの効力が発効されてくれればもうちょっとよかったんですけどね(汗

初めての車で、当初30型プリウス発売時も、まったく買い替える気がなかったのですが、気が変わったのは今冬のとある日のこと。
義弟と地元の飲み屋で飲んでいた時、義弟が車を買い替えたいということを聞き、「これは♪」と思い、ちょっぴり頭の中で検討を始め。
結局構想半年。とうとう今日、発注書に印を押してきてしまいました。



今回は今乗っているプリウスより、いくつか同乗者にもよい機能改善が…。
1)DVDや地上デジタルテレビが視聴可能!
…長距離ドライブなど、どうしても曲だけではネタが広がらず、車の空気が退屈モードになる時もありましたが、これで改善されるかと。
2)iPod/iPhone連動機能
…今まではFMトランスミッタを使って、電波を飛ばす形でiPodの音を再生していましたが、今回から改善。助手席側に専用のジャック&ケーブルを設置。オーディオと連動してiPod/iPhoneのオーディオを再生できます。オーディオと連動するのでトラック操作もパネルから自由自在。便利でしょ!?
3)花粉除去フィルター
…私は花粉症ではないので、あまり重要な機能ではないのですが、誰かが無料で気を利かせて付けたくれたオプション。特に運転席&助手席はかなり即効で効くらしいので、花粉シーズンに花粉症の方は是非助手席に(汗
4)トランクサイズ拡大
…見た目今のプリウスと次のプリウスは同じサイズに見えるのですが、横幅が若干拡大。また内部に何層もスペースができ、今に比べて積載容量が拡大。
ゴルフパックが横に積めるがウリらしいのですが、今のところゴルフはやらないので、私についてはスキーの時にいつもトランクがあふれていたのが、少し改善されるのかなって。
プリウスだからそんな積めないや…と思わず、是非ご活用頂ければ。


今回買った新型プリウス、冬にリコール問題で大きく話題になったものの、結局販売量の落ち込みにはならなかったそうで、相変わらず納車までは数カ月待たされるとのこと。
ディーラーが早めから枠を押さえてくれたおかげで、今のところ8月上旬納車。
8月は例年電車ばかりの月なので、あまり車に乗らない月なのですが、まぁ今のプリウスの事件の前例も踏まえると、納車暫くはあまりがつがつ走らない方が…。

今乗っているプリウスは、義弟に譲ることに。
なので、祭事で親戚が車で集まると、新旧プリウスが2台並ぶことに。
同じ色、同じナンバーなので、なんとも壮観な眺めになるだろうと、そちらも楽しみのひとつ。


納車の折には今のプリウス同様、是非今まで変わらず乗ってやって下さい!
納車日が待ち遠しく、今からワクワクです…。


(写真)駐車予定地で、購入記念にもらったミニカープリウスを置いてみた図。
このミニカー、今回買った車と色、タイプは一緒なのですが、ソーラーパネルがついてない点がちょっと違うかな。
コメント

久しぶりのステージ

2010年05月16日 | つれづれ日記
2002年3月に南高Brassの定期演奏会にOBとして参加して以来、8年ぶりにステージに出させてもらいました。

昨夏、会社の後輩から高津区の主催している「たかつ・サマーコンサート」という演奏会にご招待頂き、何年ぶりかにBrassの演奏を聴くことに。その時に「TANABATA」や「コパカバーナ」等、昔吹いたり、自分が指揮者として振ったりした懐かしい曲をいっぱい聴き、楽器にもう一回触ってみたい!!という思いに。
ただ当時は妹の結婚式や、親しい友人の結婚式のお手伝いなどで忙しく、すぐにはその関連バンドに加入できず、ようやくそのメンバーになったのは今年3月。

満を持しての初練習…8年ぶりの楽器は惨憺たる有様。
音はかろうじて出たものの、指は動かない。
そして曲のテンポで楽譜を追えない。
当時の音楽的な勘はまったくなくなってしまっていました。

そんなで今日の演奏会まで頑張ってスケジュールを調整し、できる限り練習に参加し、音楽的な勘を取り戻すべく猛特訓…。
最後には所定の練習だけでは練習が追いつかず、スタジオで個人練なんかしたりして、どうにか演奏会の日を迎えました。

当日、舞台設営に始まり、リハーサルしていざ本番。
舞台設営に直接携わるのは南高の現役以来なので13年ぶり。
ひな壇を運んだり、椅子をセッティングしたり手伝ってるのがほんと懐かしくそれが楽しくて。


いざ本番。
立ち見がでるほどの多くのお客様に来て頂き、それだけで感無量。
8曲+アンコール2曲を演奏しました。

今日のステージは、子供と親が一緒に客席で楽しんでもらうというコンセプトのコンサートということで、子供が知ってる曲がメイン。
満員の観客席、知ってる曲のオンパレードでボルテージの上がった大勢のちびっこの大合唱の中無事演奏終了。

照明に反射してきらきら輝く客席のちびっこの眼は、まっすぐステージの我々を見ていて、真剣に聞き入ってくれていて。


仕事では、与えられたものを与えられた作業を期限に上げるものという繰り返しで、最近一から作り上げる楽しさをすっかり忘れていた気が。
それを今回の演奏会に参加させてもらったことで、その楽しさを思い出せた気がしました。

頑張って作り上げたものが、多くのお客様の心に残るってすごいことで、その達成感たるやたまらないものがありました。
一緒にステージに上がっているプレイヤー50人の気持ちがひとつになり、きれいにコードが進行した瞬間、「やった!!」って。
そんな手ごたえって普段の生活じゃなかなかないですものね。

今回を出演を契機に、また楽器に本格的にのめりこんでみたいなと。
ボーナスで夢のクランポン製の楽器買っちゃう?
レッスンとか通ってみちゃう?

ほんと音楽っていいなと思えた一日でした。
コメント

いよいよ今日からゴールデン・ウィーク!

2010年05月01日 | つれづれ日記
いよいよ今日からゴールデン・ウィーク5連休に突入!
今年は暦通り、きっちり5連休です。

例年ですとこの時期は決まってどうでしょう旅行へ行くので、明日くらいはいつものどっきりで行き先を聞かされ、知らない場所へ行くのがパターン。
かなりの高確率で四国へお遍路の旅に連れていかれ、記事の画像のような一般の楽しみとちょっと違った連休を過ごすのですが、今年は行きません。

夏から8月1週目の鉄道旅行にはじまり、9月頃ワーキング・ホリデーで長期滞在中の友人を訪ねてオーストラリアへ、10月頃社員旅行でパリへ行く予定。そんなもあって、今年は四国までお金が回らなかった訳でした。
まぁ四国へ行くと何かとんでもない事件が回りに発生するので、行かない方が平和なのかな?

しかもBrassbandの本番も近く、最近平日・土日出歩きっぱなしでくたくただったのもあり、今年はのんびり連休を過ごすことにしました。

友人に家へ遊びに出掛けたり、飲み歩いたりとそんな連休を過ごす予定。

ちなみに普通の連休の過ごし方ってどんななんでしょうね?
みんな連休は四国へ行くもんだと経験的に理解してしまっているので、イマイチ連休ってどう過ごせばよいのかわからず。
もしよかったら皆さん教えて下さい。
コメント (2)

8年ぶりの楽器

2010年04月18日 | つれづれ日記
思い起こせば私の音楽の付き合いは長い…。
昔ピアノの先生をやり、幼稚園で仕事をしていた母の影響で、5歳からピアノのレッスンに通うように。
でもひとりでコツコツやるのが元々苦手な私は、そこそこ実績は上げたものの、楽しさがあまり分からないまま高校2年の時、祖父の病気で長期間通えなかったのをきっかけにとうとうドロップアウト。

そんな裏で、高校から始めたのがクラリネット。
中学の時から仲の良かった友人と、部活選びでいろいろな部を見学していた中で、勢いで門を叩き吹奏楽部に入部。
高校2年の時、学区の高校の全吹奏楽部300人が集まり練習会をやった際、上位3校から1名ずつ学生指揮者を立てることになり、欠席裁判的に指揮者に選ばれ、楽器を吹きつつ、学生指揮者もやりと音楽性の幅を広げる機会を得て、充実した高校生活を送り。

大学に入学した後も、高校のOB指揮者として、毎週高校の部活の指導をしつつ、たまにプレイヤーとしてクラリネットも吹きという生活を送り、結果5歳~大学3年まで何かしらの楽器に触る生活を送っていました。

大学4年になった時、吹奏楽部の顧問の先生が変わり、その時教育実習でしくじったのをきっかけに高校にも行きづらくなり、研究や駅のバイトやらで忙しかったのもあり、楽器に触ることがなくなり、会社に入ってもきっかけがつかめずそのまま音楽とは暫く遠のいていました。

そんな中、昨年の夏。大学4年の時に他の高校に転任した顧問の先生から連絡が「来週、長野県の志賀高原で(転任した高校の)合宿があるから来ない?」との誘い。
新幹線に乗り志賀高原の合宿場に行くと、15歳下の後輩たちが初々しい感じで練習する様子が。みんな楽器を吹くという共通の目的に向かい、切磋琢磨頑張る姿を見て、その時久々楽器を吹きたいと思ったのでした。

それからすぐ、その合宿の話しを会社でしたところ、後輩からBrassband入団の誘いが。
奥様中心ながら、男性もいて、独身でも楽器が吹きたい人なら誰でも入れるバンドがあり、その後輩もそのバンドで吹いているとのこと。
大学4年以来、楽器に触ってもいない私。吹けるの!?…と不安になり、暫く回答を保留し、決断したのが今年3月。…今やらなきゃ一生楽器はできない。そう思い、そのバンドに入団させてもらうことにしました。

入団したのは武蔵小杉ウィンドオーケストラという、川崎市民を中心に活動している吹奏楽団。行くとクラリネットだけで13人という大所帯のバンドでした。

8年ぶりの楽器はというと…意外と音はすんなり出て、過去の栄光はまだ健在といったところ。ただ楽譜を読む力がまったく衰えていて、曲のテンポに目が追いついていかない(汗
そして指が動かない…結果流れになかなか追いつけない。
まさに本当のリハビリ。できるはずと思ったことができない…歯がゆいけど、ここは踏ん張って練習するしかない。
筋肉も落ち切っているので、10分も吹くと口元はしまらなくなり息がスカスカ漏れていき、楽器を支える指が悲鳴をあげてきます。

それから1ヶ月…今日は賛助も混ざって、フルメンバーに近い形での合奏でした。

ようやく昔の勘が戻ってきて、とにかく大勢と曲を吹くのが楽しくて楽しくて。
まだ細かい刻みになるとエアクラリネット(吹いてる格好して実は吹いてない)とかもあるものの、他の楽器と掛け合いが成功すると、心の中のテンションは最高潮!

練習は週1回。最近の楽しみはそこにシフトしつつあります。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

最後に宣伝ですが、来月2010/05/16に8年ぶりにクラリネットで舞台に乗ることになりました。
『武蔵小杉ウィンドオーケストラ・春コンサート~0歳からのコンサートinたかつ』
・会場:高津市民館 大ホール
・時間: 開場13:00、開演14:00
・入場無料、整理券なし

ディズニーや、最近の子供番組から有名曲を取り上げ、Brassを知ってる人も知らない人も楽しめる内容になっています。
…私は3rdで乗るので、まったく舞台では目立たない場所におります(汗
もしご都合のつく方はお越し頂けると嬉しいですm_m

ちなみに南高関係の方は、私の他にもう1名、すごく目立つところに関係者が同じ舞台に乗っています。会社関係の方は、他数名同じ舞台に乗っていますので、その方々の活躍も見がてら来て頂けると…。お待ちしてます!!
コメント (2)

思い出の桜

2010年04月04日 | つれづれ日記
関東でもようやく桜が見頃になったのに、真冬のように寒かったり、暴風が吹き荒れたり、雨が続いたりで、せっかくの花を楽しむ状況になかなかならず…。
今週末も天気がよかった土曜日は、午前中にBrassbandの合奏→午後友人とスタジオで歌とお花見する時間が取れず、今日は予報より早くくもってしまい一日どんよりくもり。
来週末までは散ってしまうという予報なので、今年は残念ながらお花見はできずと諦めムード…。

お花見の思い出というと、まぁ座敷で飲んで騒いでが定番なイベントゆえ、いろいろ本当の思い出もいっぱいあるのですが、それはブログでは書けないので、書けるような思い出を振り返ると…

3年前の4月。父の会社の福利厚生で支給される無料航空券の有効期限がその月の月末までだったため、ぶらり九州へ旅した時のこと。偶然その年は九州は雪が多く、普段の年より開花が遅く、行った日がちょうど見頃。

ならばと予定に収まる限り花見をしようと思い、初日唐津城で満開の桜を見て、佐世保で桜を見て。翌日雨なので島原半島を一周し、雲仙温泉でくつろぎ。3日目博多に戻ると前日の雨予報を見事覆し朝から快晴に。
慌ててホテルを飛び出し、ホテルから近い大濠公園を散歩した時の写真。

この時期らしい、春の訪れを象徴するぽかぽか陽気で、早朝ゆえ公園を歩く人はまばら。
まるで公園を独り占めしたかのような気分で、散歩を楽しんでいると、一角に沿道いっぱいに桜が続く道へ。
木々の根元を見ると、夜に盛り上がる花見用の御座が所せましと敷かれているものの、この時間ではあるのはシートだけで、人は私とジョギングを楽しむ老人ばかり。
なんか秘密の桜を見つけてしまったような、ものすごい感動を覚えた記憶があります。

早朝ゆえ空の色合いが強く、写真だと桜があまり強調されていないのですが、人間の自然の目に映りこんだその景色は、一瞬で脳裏に焼きつくような強烈なインパクトがあった記憶があります。

でも今、もう一度同じタイミングであの場所へ行っても、意図してる分だけあの日の感動は多分ないんだろうなと。あの日あの時、何も知らないで、ふと立ち寄って見たからこそ、あの新鮮な感動があったんだろうなと。

そんなことを思い出しながら、今日は月末出掛ける旅行の手配をしに、近くの旅行センターへ。…それは月末に仲間と行く東北お花見ツアーのチケット。

不意な見た桜がいいとか言って、結局意図して見に行くんじゃん…俺。
…うん。
コメント