『満月・散歩・狼』

「満月」ノスタルジー・センチメンタル。「散歩」感性・知性・好奇心。「狼」ポリシー・プライド・ジョーク。


黄昏・コスモス・碓氷峠

2018-10-04 17:01:14 | 一人旅


日暮れ頃になると良く思い出す万葉歌がある。
  「日の暮れに 碓氷の山を 越ゆる日は   
    背なのが袖も さやに降らしつ」 
      上野国の詩

初めて軽井沢へ行った時は、t勿論旧道で妙義山
の異様な光景に峠の険しい道は、不安が在ったと思う。
電気の無い時代、どれ程恐ろしい物だったか
 塑像は難しいが、とびをして居ると多少は解った。
コメント

今日は「愛馬の日」我が愛馬を紹介!?

2018-09-23 15:33:02 | 一人旅


今日は「愛馬の日」生涯、馬とは何の関りももてなかったが
結果的に最後の車と為った、マツダ・ロードスターを
自分の中では、馬と思い楽しんで居た。
これ以前にも、スポーツタイプには乗ったけれど、メカを
信用しないがジイサンのモットーで、生涯無事故で過ごせたのも
車に頼る運転はしなかった事が、理由だと思っている。
 しかし、この車にはナビを付けず、大袈裟だが本気で人馬一体の
運転を楽しんだ。車と会話をしながら旅が出来た。
メカも運転を助けてくれた、ドライバーもメカを労った。
多くの旅の思い出を作ってくれた生涯の「愛馬」
コメント

ナビ任せ車旅。聖高原~東大阪

2018-08-24 10:07:08 | 一人旅


聖高原から東大阪へ、ナビに「一般道・最短距離」とうちこんだ。
何処を走らされるか未知の世界を?が醍醐味。
離合困難なブドウ畑の農道を走らされ、洗馬を過ぎ
本山宿でヤッと中山道木曽路へ合流した。
 写真は08.8.23日。
コメント

冷房車に救われた

2018-07-24 20:30:22 | 一人旅
自然の川風は心地良かったが
文明の冷房車は命を救って?くれた。
無事に帰還出来そうだ。

♂K.T☆
コメント

九年前の今日の写真・遠州灘

2018-06-07 08:05:03 | 一人旅


東海道汐見坂の直ぐ下の海岸、汐見浜へは好んで
態々東名を蒲郡で出て立ち寄った。
東名が出来る以前の汐見坂の食堂の印象が強く残って居た。
 もう一度是非行きたい場所の一つだ
コメント

赤倉・池の平・水芭蕉

2018-05-06 23:48:28 | 一人旅


 部屋に居てリアルタイムに写真をアップすると、カフェばかり。
本人が一番退屈している。
 八年前のGW、聖から水芭蕉を撮ろうと戸隠高原から、赤倉
池の平へ行った。
 いもり池の奥、靴をビシャビシャにして歩いた事を覚えて居る。
此処の一面に広がる水芭蕉は圧巻だ。
 此処へはまだ行く機会が在りそうだ。
コメント

小さな旅・電車・バス

2018-05-05 00:49:14 | 一人旅


今日は、弘川寺だけにして、千早赤阪村は次回と
決めて出掛けた。
 ところが、乗車した運転手に確認の上乗ったバスが
葛城山登山口行きで終点まで連れて行かれた。
 バスは一時間に一本、歩いて戻りながら行き先を変えた。
一万六銭歩余り歩く事になった。
コメント

赤坂村・森屋西口バス停

2018-05-04 19:21:00 | 一人旅
19:07のバスに乗車、今回は間違いなし?
非常食は一個残してあるが、もう必要無いだろう。

”ガラにて投稿“
☆ K.T.♂
コメント

千早赤阪村・楠公生誕地

2018-05-04 16:47:51 | 一人旅
ロールカル電車旅、いきなりのチョンボ!
ジイサンはやはりバスに弱かった。
急遽予定を変更、何とか憧れの赤坂村に辿り着いた。
ガラにて投稿“
☆ K.T.♂
コメント

今日のソト☆カフェ「布施ヴィ・ド・フランス」

2018-03-28 19:33:58 | 一人旅
12,000歩余り歩いて居る。
結局、夕日はホームから撮るだけに終わった。
今日も此れと言った収穫無し。

”ガラにて投稿“
☆ K.T.♂
コメント