@ kill time

見た!聞いた!読んだ!行った!食べた!
スポーツ観戦、映画鑑賞、旅行紀、読書、食べ歩き等の身近な話題を紹介します。

久間 十義 /刑事たちの夏

2011年07月27日 | 小説

著 刑事たちの夏を読みました。

 

大蔵官僚が墜落死した。自殺なのか他殺なのか―。

緊急招集された捜査一課強行犯六係・松浦洋右はいち早く他殺を示唆する状況証拠をつかんだ。

しかし、突如その死は自殺と断定され、捜査は中止となる。

マスコミに情報をリークし、単独捜査を続ける松浦は警視総監と警察庁長官の対立、その背後にあった大蔵省の暗躍にたどり着く。

北海道のリゾート開発に絡む明和銀行不正融資事件で、大蔵省の不正を克明に記した「白鳥メモ」を巡り、事件は大きく旋回する。

メモはどこにあるのか。 誰が持っているのか。

松浦刑事の息子は事故に遭い、自身は警察に拘留された。

盟友、大和田元刑事と古沢検事の必死の捜査が続く。

大蔵省、警視庁、警察庁、そして…。

陰謀と陰謀がとぐろを巻いて絡み合う・・・。


京都祗園祭りへ行く観光バスの中で上下巻を読破しました。

往きに12時間・帰りに11時間もかかれば読書をするにも充分な時間があります。

さて、この小説は表題通り「刑事達の熱い夏」が描かれてゆきます。

単純な一人の大蔵官僚の墜落死の謎解きが、徐々に政 界と官庁、そして警察組織自身を巻き込む巨大な疑獄に発展して行く・・・。

癒着し合う権力が闇に葬ろうとする事件を,複数の刑事たちがそれぞれの立場から,それぞれの流儀で明らかにしようとします。

最終的には大がかりな物語へと発展してゆきますが、ストーリーが明快かつ巧みで非常に読みやすい。

なにせ、ストーリーが面白く、スピード感があるのでぐいぐい引き込まれました。 

お蔭様でバスの中も退屈知らずで過ごせました。


コメント   この記事についてブログを書く
« 京都 祇園祭 山鉾巡行 その4 | トップ | 納涼屋形船 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

小説」カテゴリの最新記事