@ kill time

見た!聞いた!読んだ!行った!食べた!
スポーツ観戦、映画鑑賞、旅行紀、読書、食べ歩き等の身近な話題を紹介します。

有川浩/図書館内乱

2011年07月30日 | 小説

有川浩 著 図書館内乱を読みました。





相も変わらず図書館は四方八方敵だらけ!

山猿ヒロインの両親襲来かと思いきや小さな恋のメロディを 叩き潰さんとする無粋な良化「査問」委員会。

迎え撃つ図書館側にも不穏な動きがありやなしや!?

どう打って出る行政戦隊図書レンジャー! 



「図書館戦争」シリーズの第2弾。

このシリーズは読んでいて実に楽しい! 

登場人物それぞれが全て魅力的で、しかもユーモアに溢れている。

本作では主要登場人物6名それぞれの家庭の事情や恋愛も折込み、さらに詳しく知ることができます。

それぞれの登場人物のエピソードを描きながらも、最終的にすべてが繋がって「内乱」を構成しています。

”次は何を読もうかな~”、なんて本の選択に迷った時の繋ぎに読むには最適ですね。

シリーズ第3弾も、もちろんHさんの本棚にありますが・・・

”今度は何時読もうかな~”

なんて、逆に楽しみは後に取って置きます。


コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« クレイジー・ハート | トップ | 三年 ぶた蔵 池袋店 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

小説」カテゴリの最新記事

トラックバック

図書館内乱/有川浩 (本と映画、ときどき日常)
『図書館戦争』の続編。 ますます面白くなっています。 今回はまさに内乱。 しかし”仲間の絆”で問題を乗り切っていきます。 もう読んでいて気持ちの良いこと♪ 鳥肌が立つほど素敵だったセリフが 「お前、なに踵の高い靴履いてんだ」っての。 問題を回避した主...