KSIの森

劇的に機能するパーシャルデンチャーをめざす歯科技工士の研修会グループKSI(奥森主幹)の情報掲示板です

k.s.i.PARTIAL DENTURE DESIGN Basic Course 4日間集中コース 後編

2018年07月29日 | ベーシックコース

 2018年7月21,22日の2日間、大阪の白水貿易5Fセミナールームにてk.s.i.ベーシックコース後編が開催されました。

 

 宿題だったwax-upのチェックからのスタートです。 普段の臨床でもキャストフレームを製作されたいる方も、そうでない方も受講生の皆さんのwax-up素晴らしい出来栄えでした。

 そして、主幹のスプルーイングのデモへと移ります。皆さん真剣な眼差しでお話を聞き、メモをとっていました。

 スプルーイングの終わった模型をカメラに収めています。ここのスプルーイングはとても重要です。

 全員が埋没も終わり、鋳型を焼却している間、時間の有効活用の為、レクチャータイムとなります。

 まずは私、大澤からケースプレゼンテーションをさせていただきました。昼食後で、私の下手なプレゼンで眠かったと思いますが、皆さん頑張って聞いていただきありがとうございます。続いて会長の基本概念のレクチャーです。さすがでした。私の説明の足らないところを補充したいただきました。ありがとうございます。

 今回、自分でプレゼンテーションを行ってみて感じたことは主幹をはじめ、会長のプレゼンは笑いもあり聞いている人を飽きさせないと感じました。もっと勉強しなければならないと反省です

 

 

 荒川さんサングラスがとてもお似合いですね

 

 恒例の懇親会

「カンパーイ」

 2日目スタートです。

 まずは割り出しから。

 鈴木副会長がご挨拶に来られました。差し入れまで頂きありがとうございます。また、ちょっとしたトラブルがありまして私が慌てていたところ急遽、副会長にお手伝いいただきました。

 ありがとうございます何とか無事に終えることができました。

 適合、研磨のデモへと移ります。適合はとても重要です。ここでも皆さんの真剣な眼差し。

 研磨のデモも終了し、完成です

 

 そして受講生の皆さんも適合へ

 

 

 

 受講生の皆さんの適合を確認して終了式です。皆さんとても素晴らしい出来でした。

 適合が終わって受講生の皆さんとお話をしたところ、皆さん「いつもここまでの適合は得られていなかった。」ということをおっしゃっていて「感動です。」とうれしい言葉もいただきました。私自身も数年前にベーシックコースを受講して適合のレベルは遥かにに向上したと思います。皆さんにもこの適合を体験していただくことができたことをうれしく思います。

 

 

 今回特別枠にて宮崎さんのご子息が聴講に来られていました。次回の東京ベーシックコースを受講予定でしてその前に聴講での参加で、早くもk.s.i.にご入会いただきました。ありがとうございます

 そして、今回も受講生の皆さんがk.s.i.にご入会いただきました。皆さん、これからもよろしくお願いします

 

 そして、適合までで実習は終了です。後はいつもの慣れている環境のもと、完璧に仕上げてください。

 最後になりましたが今回もデンタリードの坂本さん、大石さん、伊奈さん、またまた大変お世話になりました。また次回もよろしくお願い致します。

 P.S. 東京より参加の宮崎さんのお孫さんがご一緒に大坂の方へ来られていたようですが暑さのせいもあり、調子を崩されたという連絡があり、適合まではお済みでしたので急遽お帰りになられました。月曜日にはご連絡を頂き大事には至らなかったということで安心しました。皆様も今年の夏はとても暑いのでどうかお体をご自愛いただき、お仕事を頑張って行きましょう。

                                 report by 大澤

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 中国四国・九州支部合同勉強... | トップ | DENTALEAD Special Seminar... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ベーシックコース」カテゴリの最新記事