はるがきたんよ~☆

布ナプキンに出会い、ワークショップ等、様々な活動を始めました♪ スピリチュアルを日常に!!と毎日楽しむ日々です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Мさんと私の過去世 まとめ

2011年06月26日 16時19分22秒 | 日記
Мさんをリーディングした時、二人で約束をしている時が見えました。
まだ、幼い感じの女の子でした。

三日月の夜に、森の中で、えぐれた切り株に水がたまっていました。
そこに、三日月と大きな木が写っていました。

切り株の中の黒い木の影をみながら、

私は山、私は森
作ろう、守ろう!!
そして再会しよう!
再び一緒に桜を見よう!

そう約束していました。

切り株の中の木が桜に変わりました。



私達二人にはプレアデスの過去があります。
そこはまだ詳しく見えません。


今分かる、共通していた時を書き出してみました。


順番はバラバラです。



第二次世界大戦、日本にて
私は沖縄の小学生。
爆撃に合い、洞窟の野戦病院で、ひめゆり部隊のМさんに看取られました。


魔女狩り
私は水に沈められて亡くなりました。
Мさんは火あぶりでした。


石造りの町で、私はお姫様。
若い青年と恋に落ち、利用され、国を滅ぼしてしまいました。
その時、Мさんは城の中でアロマや魔術をしていたそうです。


キルギス共和国で、私は鷲を使ってチャネリングをしていた青年。
それを教えてくれた老婆がМさん。
Мさんは、ずっとそれをネイティブアメリカンだと思っていたそうですが、
見る写真全てがぴんとかなくて、不思議だったそうです。
私が、それはキルギス共和国なんだと教えてもらったことを伝えたら、
とてもスッキリされていました。


アトランティスで、
アモン王に仕えていて広場で惨殺された私。
大陸が滅ぶことを知っていて、その日も大陸と一緒に沈んだМさん。


エジプトの神官だった私。
エジプトにいたМさん。


次元の違う場所で、墓守をしていた私とМさん。


ルルドの泉。
マリア様を信仰していた私とМさん。


フランス戦争のとき、家族、友人を亡くした、クリスチャンで主婦の私と
シスターだったМさん。


金星の時


インドのお坊さん


厳島神社




なんでこんなに重なるのかな??


と話していたら、メッセージが。




こんなにお互いのことを知って、話合って、何かを一緒にするのは今世が初めて。

今までは近くにいたけど、ここまで関わって居なかった。

最初に決めたことを、何度も何度も生まれ変わって、
何度も確認し合って、
やっとここまで準備ができた。

そして、さぁ、これからなんだ。
いよいよなんだ。

君たちは同じことをするけど、
角度が全く違う。

それぞれのやり方で進むんだよ。



と。


そして、何をやりたいのか。
今後の展開をお互いに話しました。

大きなスタートになりました。


進むために、まだブロックがかかっている部分を少しずつ出して、
手放していく時なんだと思います。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

厳島神社

2011年06月26日 16時18分42秒 | 日記
またまた運転中に出てきた過去世です。

厳島神社に行った時、まだまだスピに目覚めてはいなかった時ですが、

あれ??
ここって、こんな感じだったっけ??
もっと・・・。。。

という感覚になりました。
初めて行ったのに、今思えば不思議な感覚でした。



で、マイミクさんから、厳島神社の過去があるのでは?と教えていただきました。


巫女さんかなぁ~??
なんて思っていましたが。。。


運転してたら、なぜか胸の中がもやもやでいっぱいになり、
涙がと感情が溢れてきました。

悲しみと悔しさと、なんともいえない辛さでした。



天女のような羽衣を着た人が踊る姿が出てきました。
厳島神社の中で、後ろは海。
舞台は右と左に対照的にあった。

その片方で踊る私。

そして、その前に座って飲んでいる身分の高い男達。


私は踊りを神様に捧げたかった。
もっと神性にまっすぐ生きたかった。
私は神に背を向け、男達のために踊っている。
それがとても辛かった。

こんなことがしたいんじゃない。
こんなことがしたいんじゃない。

そんな気持ちを溢れさせながら踊っていた。

そして場面が変わり、私は裸で布団の上で血を流して死んでいた。
側には、男達の飲んでいた真っ赤なさかずきが転んでいました。

遠のく男達の笑い声が聞こえました。



この話をした時、Мさんも同じ舞台に立っていた自分を見ていました。
Мさんは、とにかく無気力でただただ踊っていたそうです。
何も感じない。
感じようともしていないそうです。

そして、Мさんの口から

「お前達は、それぐらいしかできないんだから」

という言葉がでました。


その言葉は私の心に深く深く響きました。
とても辛かった。


私達は奴隷のような、遊女のような、そんな感じで連れてこられ、
見世物のようにされていたのかもしれません。


Мさんは、男の人に虐げられることへの怒りを持っていました。

なんで、男の人は。。。
と出てくるそうです。

男には勝てない。
女の人は男の前に立ってはいけない。
女の人が世に出てはいけない。

そんな感覚が私にもありました。

そして、今世ではやりたいことが真っ直ぐできる幸せ。
今の私の信念を真っ直ぐ貫いても殺されることもない、
それどころか、それを分かち合える人々がいる。

それがとても嬉しかった。


よし。
今世では私はやりたいことをもっとやるぞ!
女でも、男でも、関係ないんだ。

やりたいことをするんだ!
真っ直ぐに生きよう!
そう思えました。


このタイミングで出てくるべき過去世だったんだなぁって思いました。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

インドのお坊さん

2011年06月26日 16時17分58秒 | 日記
過去世の一つにインドのお坊さんがあります。

最初は、何か式典の準備をしている楽しそうな私が見えました。

次は何人かでならんで座禅を組んでいる姿、

そして後手に捕らえられた姿。



Мさんにお会いする時に運転中に出てきました。


石を使ってバラバラ~っと投げて、占っているようで、
手がおばさんや、女性、に変わっていったから、
きっと同じようなことを何度か他の人生でやっていたのかもしれません。


このお坊さんの私も、石を使った占いようなものと一緒に、
チャネリングもしていたようでした。

そして、純粋にすべてを信じて、正確に受け取り、
それを必要な人に伝えていました。

私はとても活き活きとしていて、誰かの役になっていることで喜びに満ちていました。



ある権力者も評判を聞きつけやってきました。
私はそのまま受け取ったことを伝えました。

権力者は、私のメッセージを聞いて実行したことで、
大きな損害を受けました。

そして、私は捉えられました。


うそつきだと、インチキだと、ののしられました。
感謝してくれていた人の中にも、怪しいと思っていた、と言い出す人も出てきて、
私を本当に信じて慕ってくれていた人達も、
私のことをかばってはくれず、
口を閉ざしました。


誰一人、私の味方は居ませんでした。


私は真っ直ぐでした。
だから、人々にもそうですが、
天に対して、深く悲しみを感じました。


なぜ、私がこんな目にあうのか、全くわからず、
なぜ、天が私に嘘を言ったのか、それが分からず。


最後は頭を抱え、白目をむき、泡をふき、気がふれている状態でした。





全ては必然。


メッセージも出来事もその人に最善が尽くされている。


何かを学ばせるために、失敗させることもある。

メッセージが間違って伝えられることもある。
それが必要だから。

全て必然。



それをその時の私は知らなかった。



今の私は知っている。

受け取る人に最善が行われる。



私がすごいのではなく、
私というパイプを引き寄せた、あなたがすごいのだ。

メッセージを受け取りたい、前に進みたい、そう願い、
そしてヒントが受け取れるとこまで進んだ。
そして、たまたま通りかかった私がパイプ役として使われた。
ただそれだけ。
だから、私がすごいのではなく、
あなたがすごいのだ。

それを私はМさんから教わり、本当にそう思った。


私の中の恐さが無くなってきた。
リーディングがとても正確になった。

依頼もポンポンと続き、ありがたいことに、
私自身がたくさんのギフトを受け取っている。




2年前、ハイアーさんに、
あなたはヒーラーではなく、
チャネラーだ、と言われた。


確かに、ヒーリングにはあまり心が動かない。
どちらかというと、チャネリングの方がすきだし、
すごく進んでる。
でも、リーディングしていても、
なんともいえない恐怖が離れない。


このお坊さんを浄化して、手放せたらもっとクリアーになるんだろうな。




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

表現の仕方

2011年06月26日 16時17分16秒 | 日記
ある方をリーディングしていたら、
その方が飼っていた子猫ちゃんがメッセージを送ってきました。
その子はもう亡くなっているのですが、
主人へ大切なメッセージを送ってきました。

その中で、クローバーの山の中、その根っこ?のあたりをくぐっているビジョンを見せられました。
クローバーをくぐって遊ぶのがとっても面白かったと。

なんだか全く意味が分からなかったのですが、
そのまま書きました。

すると、それを読んだご主人が、目に涙を浮かべて言われました。

実は、クローバーの柄のソファーカバーとソファーの間にもぐって入って、
そこで遊ぶのが大好きだったんだと。


なるほどなぁ~。。


受け取る器の、今の私に受け取れる精一杯のわかりやすい形、
それで伝えてくれるんですね。


私のチャネラーとしての器が大きくなれば、もっと鮮明に受け取れるようになるんだろうな。


でも、そうなりたいのかって思うと、疑問がある。

私がやりたいことはそこにはなくて、
それは自分でもよくわかってる。

でも、じゃぁ、なんで今こんなにもリーディングすることが続いているのだろう。。


これも必然だろうから、何かにつながってるんだろうなぁ~



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

そうだったのか・・・!!

2011年06月26日 16時16分31秒 | 日記
少し前に、友人をリーディングした時に、


「わらわは、アレックスなり」

と言われるお姫様が来られました。

彼女はなかなか勝気な?男勝り?な意志の強い方でした。


でも、なんでお姫様なのに、アレックス??
ハーフのお姫様が日本に居たのかな??

と、とても不思議でした。



Мさんに聞いてみたら、
というか、
聞いてる最中に自分でも気付いちゃったんですけど(笑)


アレックスさん、日本ではなく、外国の姫さんだ~!!!


受け取る媒体の私が日本人なので、
日本語で聞き取る。


わらわはアレックスなり

ではなく、

アイアム プリンセス アレックス

って言ってくれたらよかったのに~


なんてМさんと大笑いしました(笑)

実際、英語でも話しかけてくれるんだろうけど、
受け取れる私に一番いい方法を選択してくれてる。

英語を勉強せんといかんなぁ~(笑)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

夢  今肉体をもってこそ

2011年06月26日 16時13分47秒 | 日記
今後の展開じゃ

と言われてから、さらにリーディングしようとしたら、
こはるちゃんが起きてしまったので、

夢でみせて~♪

とお願いして寝ました。


そして見た夢。



その声の主が見守るように隣に居ました。
大きな人。
体も存在も、声も太くて暖かい。

その人と何人かの友人と大きな窓のあるレストランに居ました。
海の家っぽいかも。
窓といっても空いててガラスはなくて、
その真っ青な空と対照的な真っ白な雲、
その美しさを体中で堪能してました。

なんて美しいんだろう!!
なんて・・

言葉にならなくて、心の奥底から感動してうっとりしました。


すると、横の大きな人が言いました。


「肉体を脱いでごらん。」

サングラスを外すように、私は肉体を頭の部分だけ脱ぎました(笑)


そして空を見たら、

・・・????

灰色、薄暗い紫や、黒、

色がない。
コントラストはあっても、
色が・・

何より、そこに感動がなかった。


あまりに驚いて、もう一度肉体に入りました。
そしたら、めっちゃ綺麗な空がそこにあって、
涙が出ました。
心が震えた。

で、また脱いでみた。

???

やっぱり。
恐くないんだけど、
なんていうか、
何も感じない。

感動がない。


そして、何度かそれを体験したあと、
こんなに簡単なことになんで私は気付かなかったの??

と話しました。
すると、隣の人は言いました。
薄々気付いていたのですが、彼は創造主でした。


「君が空を青いと感じ、雲を白いと感じ、その美しさに心が震えることを体験できるのは、

今、この地球にいて、

今、その肉体を持って、

今を生きているからこそなんだよ。

全てにおいてそうなんだよ。


君たちは何を体験して、何を学び、どう成長したいのかを自分で決めてきているよね。

そして、その君たちには
サポートを心から喜ぶ存在たちの、
完璧なサポートがある。

自分を信じ、
そのサポートを信じる。

ただそれだけで、

あとは、今をめいっぱい楽しめばいいだけなんだよ。


とっても簡単なことなんだよ。

答えを外に求めると難しくなるように、
楽しむことを、先延ばしにすると、
自分が見えなくなる。


さぁ、やりたいことはなんだい??

今、この時期に、
この地球に生きている
今、その環境で、
今、その場所で、
今、その仲間達と、
今、その君で、

何を楽しめるかな??」



私は出されたおいしいご飯を食べながら、
早く自分の店に帰って(飲食店をやってるようでした)、
早くたくさんの人に伝えたい!
今、その肉体を持ってるからこそ、
このご飯はおいしく感じられるんだって!
今を生きなきゃ!
もっと肉体に感謝して、
もっと生きよう!!楽しもう!!
って、伝えたくて仕方なくて、
ご飯を口の中にガツガツほおばって食べてました(笑)


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ミカエルからの課題

2011年06月23日 22時55分49秒 | 日記
Мさんと私。

出会ってまだ2年もたちませんが、
彼女はとても大切な存在です。

話をすればするほど、近くなっていき、
二人の過去世が面白いほど共通することがわかりました。


ふたりとも、プレアデスを持っているのですが、
他にもたくさん。


その過去世がなんのために重なっているのか。
なぜ、こんなに一緒の時期に生まれてきてるのか。

二人で、それを過去世を見ていったら、紐解くことができるかも??
となり、
ミカエルからの課題となりました。


その日は16日。

それまでに、過去世をいくつか書き出してみました。
だけど、直前まで深く読み込めなくて、
それはМさんも同じ。

なんでだろう~??

なんて不思議でした。


聞いてみたら、

過去世を深く掘り下げる必要はないんだと。

2人でそれをすることが何のためになるの?と聞くと、

「今後の展開じゃ」

と言われました。



そして昨日、たくさん話をしました。
今後の展開になりました!!

自分の足元がさらにしっかり固まり、
新しい門をあけました。
新しい道をつくる覚悟ができました


少しずつ、日記に書きますね。
よかったら読んでやってください
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

パソコンも操作されている・・・

2011年06月23日 22時54分52秒 | 日記
以前、PCが壊れたことがあります。
全く立ち上がらなくなって、電気屋さんに修理に出したら、
原因不明でそのまま返ってきました。


そして、しばらくして、突然復活・・・。


そこには私が関係してて、
めっちゃネットに依存していたんです。
その時は仕事もしてて、ネットが欠かせないし、
ブログにも、とにかく依存してた。


で、壊れたことで、気付くことができて、
目の前のことを楽しむようになった。

そしたら、突然直った(笑)




そんなことが2年前にあって、
また今回突然ネットが繋がらなくなり、
母屋から無線ranでとばしてるんだけど、
PC以外には届いてて、PCだけが受け取れない状態。

で、パパがめっちゃ頑張って原因究明をしましたが、分からないまま・・・。


Мさんのとこで聞いたら、

「頼りすぎてるからだよ!」

とだけ(笑)


そうだ・・・と気付き、帰って付けたら繋がった・・・(笑)


でも、繋がったり途切れたり。。



全て絶妙に管理されてるよう(笑)


モノリスワークのことを書き込もうとしたら繋がり、
晩御飯のレシピを探す時は繋がり、

ふと日記を書こうとしたり、
何か探そうとしたら、全く繋がらない(涙)



で、ちょっと離れてみました。
携帯から触ってたけど(笑)



そして、昨日、Мさんとミカエルからの課題を解いたら、
自分自身がスッキリ変わって、
ネットもグングン繋がるようになりました。




勘弁してくれぇ~
byパパ



てへっ
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ドアから入ってきたのは・・・

2011年06月23日 22時53分47秒 | 日記
さてさて。。。

ドアから入ってきたのは・・・・




Мさんに聞いてみたところ、


その話の内容にヒントがあるよ♪
とのこと。。




キリスト意識の話・・・


キリスト様???


うん♪そうだね!



キリスト登場


できすぎてる~(笑)




キリスト復活!!
ではなくて、

キリスト意識の復活、浸透みたいですね。
今、みんな地球上の全ての人が、
無償の愛、キリスト意識を実践していますもんね。



そして、Мさんは続けました・・・




え~
はるももちゃん、まだ恐いの??
まだ信じてないんだね~(笑)
こんなにちゃんと受け取ってるのに~。


と・・・???



はるももちゃんが、まだどこかで信じ切れてないから、
わざわざ、物質を使って見せたんだと。

開くはずのないドアを目の前で開けて、そして閉めた。



ひゃ~(笑)



キリスト様のどや顔がみえる~(笑)




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

キリスト意識の広がり

2011年06月23日 22時53分10秒 | 日記
とある田舎で起こったことなのですが、
そこは、なかなかの厳しいマラソンコースで有名な山があり、
そこでマラソン大会が行われました。

すると、そこに参加した20代の青年がゴール後、倒れてしまいました。

たまたま、一緒に参加していたとある病院のお医者様と、
たまたま来ていた看護婦さんたちとAEDによって、
その青年は一命をとりとめました。

そして、その出来事から、AEDを公民館に設置したらどうか、という案が出て、
結局、何十万もするAEDがその市内全域の公民館全てに設置されることになりました。

さらに、設置したからには、使える人を増やそう、ということで、
講習会が開かれ、受けている人が増えています。




これって、全て必然だなって思いました。

誰かが困った時に何かできるように、という意識を持った人が増えること、
それは愛ですよね。
そして、その愛が広がること、
その地域のレベルアップなんだろうなって感じました。

これは縮図で、これと同じようなことが日本各地で、
世界中で、地球で起こってくる、そう感じました!



この話をパパとしていたのですが、
途中で、何故か目の前のドアが開き、
そして、またしばらくして閉まりました。

家の中のドアなので、風で開くことはありません。


今、誰か入って来て、そして出て行ったよね????


と不思議に思いました。



この答えは、次の日記で・・・
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする