はるがきたんよ~☆

布ナプキンに出会い、ワークショップ等、様々な活動を始めました♪ スピリチュアルを日常に!!と毎日楽しむ日々です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今ここで

2011年03月13日 02時50分20秒 | 日記
ここ最近、ずっとあった疑問


わかってる、けどわからない。。。



だけど抜け出せるのはわかってました。





『目の前に起こっていることは、自分が作り出しているということ』


『自分の内側が外側に投影されているだけのこと』







今、起こっていることを捉え方しだいで、どうにでも感じられるということは、自分でも理解できました。



例えばですが、
嫌なことを言ってくる人との付き合いがあり、ストレスを感じても、
自分がしんどければ、付き合わなくて良いだけのこと、
相手の言葉や、行動一つでも、捉え方で、どうにでも変わる。
自分次第だということ。


そこまではわかるし、できた。


ただ、じゃぁ、その人に会うこと自体、逃げられない関係で出会うとか、その自体、
そのどうしようもない自体を、自分が作り出しているってどういうこと??


学ぶため
成長するため
体験するため


うん、そうなんだけど・・・。
自分の疑問にしっくりこない。



そして、時を同じくして、
ある方がどんどん自分の周波数をあげていきました。
その方の日記を読んでいると、

え??
いや、それはどうなんだろう??

という疑問だらけ。
批判の気持ちも生まれます。

でも、その方の目指すところが私の向かいたいとこであることは間違いなくて、
きっと、この私に生まれる疑問、批判が、
その方との私の距離であり、
今の私の立ち位置なんだって思うんです。

その方を批判したいわけではなく、
単に、今の私が感じることです。



さらに別の疑問。
アセンションすると、同じ地球で、人々は違う次元に存在するということ。


???????





感覚が鋭くなっている今の私。

どんどんわけがわからなくなってきました。


たくさんの疑問。



きっと、これは高い角度から見ればあっさり解決するんだろうなってわかるから、
上昇しているその方に会って、いっぱい質問したい。
そんな風に思いつつ、
でもそうじゃないのもわかってて、
なんだか本当にわけが分からない。



そして、ここでやっと、関野あやこさんの無料の動画を見ました。

infiniというHPで紹介されています。




私達はこうだったらいいなぁ~って夢を描きます。

その夢は、違う次元の私がすでにかなえています。


パラレルワールド
世界は複数存在している。
仮面ライダーディケイドみたいな感じなのかな?

自分が、どの周波数を選んで、どの次元の自分に居るかというだけのこと。

制限をかけ、概念にしばられる世界を選べば、
その通りの夢になる。


苦労して、コツコツコツコツ積み上げなきゃ、夢はかなわないし、
それでも叶わないことの方が多い


そう思っていたら、その通りの現実世界に居る。



夢を叶えている私の現実に、自分が周波数をあげていけばいい。


できるわけがない、から、
当たり前にできる、そんな自分の世界に。

できるというより、もう、思ったことがそうなっていく世界なのかな。



その周波数はどうやってあげたらいいのか。


簡単なことで、自分の心がワクワクすることを選択していったらいいだけ。

本来の私達はもっと大きい。


いろんな感情などを体験するのは、
この3次元、地球でしかできない。
だけど、地球に存在するためには、小さな小さな窮屈な服を身に着けなくてはいけない。
だから私達は自分を小さな小さな服の中に入れるため、
自分の指先だけをその服に入れた。
そして、指先以外のことを忘れた。

本当は大きな存在でいつでもつながっているのに。

小さな小さな服についている小さな目を使って、
窮屈な状況の頭でものを見て、
現実を作り出している。

でも、ふと、指先をたどって上を見た時、
もっと大きな自分が居て、もっと大きな目があって、もっと自由な体と頭があって、その大きな私が見る現実は、
小さな私が思いもつかないような現実を作り出す。

その大きな私をもっと感じるには、
指先だと認識すること、
そして、その指先の先があることに気付き、
たどっていくこと。

それがワクワクすることを選択すること。
そして、ワクワク以外のことを感じたら、
ゴロゴロドボーンや、オポノポノなどで手放すこと。

大きな自分をどんどん辿りながら見ていって、
身についた制限、概念を手放していく。

これを繰り返すと、本来の自分により近づき、
そして、周波数が上昇する。
そして、パラレルワールドの、高い意識の現実の自分になれる。




あやこさんの動画のなかでのお話。


質問されている方がいて、
何年後かに地球の水位があがるから、
家を持ちたい私は(質問された方)高台とかの方がいいのか・・・なんとかかんとか。



水位があがるから、高台に。
という、何かが起こる、ということに意識を向けていると、
その現実を生きることになり、
水位から逃れられたとしても、高台で何かが起こる現実を体験するようになる。

そんな時は、何かが起こるかも、ということを手放す。

その現実をつくる自分をなくすということなのかな??



どこに、何に意識を向けるかが、
どんな現実を作りだし、どんな体験をするかの選択になっているのではないだろうか。



目の前で起こっていることは、自分が作り出している、
それが、こういうことなのかな??



地震がくるかも、
そう思っていると、
それを体験できる現実を作り出す。

その不安自体を手放して、今を生きれば、
当然、その現実を作り出さない。


そいうことなのかな??

今の私が理解できたこと。

なんか、スッキリしたかも!!



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

予兆

2011年03月13日 02時49分21秒 | 日記
最近、一ヶ月に1回くらいのデジャヴが毎日あった。

え??
え??

というペースで。

シンクロも、数字のメッセージもすごい勢いで続いていた。


地球儀を使って、地球にエネルギーを送っているのですが、
一昨日の夜は、倒れるかと思うくらいのすごいエネルギーが返ってきた。
初めてのことだったので、ビックリしました。

そして、昨日、友人にお願いして初めてリーディングしました。
その内容はまた別の日記で書こうと思うのですが、
途中で、
鮮明な映像が入って来て、
それは地表?海底?火星の表面のような、緑とかそういうものが全くない感じの広いところに、亀裂のような溝があって、大きな大きな岩がドガーンとはまりました。

なんだ??と思ったのですが、友人には関係ないような感じを受けて、
意味がわかりませんでした。


そして、その午後に大きな地震・・・。


もしかして、そのことを見たのかな??


そうだったら、この予兆、いくらかキャッチできるなら、
毎日確認し、何か生かせれないだろうか。。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

支援物資を送りたい方へ

2011年03月13日 02時48分36秒 | 日記
コジコジさんの日記を転載させていただきました。

オムツがないと困ってる人がいるのではないか??
と私は思ったのですが、
支援物資を送る、ということも、きちんと知らなければならないことがありました。
以下転載します。




この度の地震、国内最大規模、つまり誰もが経験したことのない規模の地震であることは間違いありません。
余震も止むことなく、さらなる被害の拡大も予想されます。

幸い岡山では地震の影響はほとんどなく、マスメディアや、mixi、twitterなどでその悲惨さを知るにとどまっています。

一個人としても何かしなければいけないと思いますが、ボイスにも書いた通り、お金を信頼できるところへ募金するのが結果的に一番いいのだと考えます。

支援物資はどうなのか?という考えもありますが、下記の通り、送るもの、送り方を誤ると、逆に現地で支援作業をしている方々の妨げになる恐れがありますのでご注意ください。
(http://d.hatena.ne.jp/k_ma_calon/20110311/1299837162 より抜粋)

***************************************

災害が起きると全国から様々な支援物資が送られてきますが、物資が原因の新たな災害が引き起こされる危険性があることはあまり知られていません。

中越地震では物資が無節操に届き過ぎることで、被災者が毎日徹夜で仕分け作業を行わなければならなくなったり、日が経って腐ってしまった生ものを報道陣に隠れて処分しなければなりませんでした。

せっかくの支援物資が災害を起こさないために読んで欲しいです。

*まだ、詳しい情報が出ていないのでこれから更新していく予定です。

過去の地震の場合の情報ですので、今回の地震には当てはまらない点もある可能性があります。

○追記○

寄付先です。(リンクは宮城県ホームページ)

こちらは宮城県で常に募集している寄付です。

今後専用の寄付先が開設される可能性があります。

http://www.pref.miyagi.jp/zeimu/hurusato/tetsuduki.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

○物資の送り方○

・1つの段ボールには1つのものしか入れない。
いろいろなものを少しずつ入れると仕分けに苦労します。

・段ボールの表面の見えやすい場所に大きく何が入っているかを書く「水」や「おむつ」など。

・重すぎないようにする。ペットボトル飲料などを入れるときは注意。

・常識ですが、食べ残しのようなものや、消費期限の切れたものは入れない。

・お金を送る方がいい場合もあります。
お金は封筒に入れて送るとわかりにくいので必ず振り込みましょう。

○何を送ればいいか○

避難所で喜ばれる物資を分類して書いておきます。また、送られると困るものも書いておきます。
ソースは「震災がつなぐ全国ネットワークさんの冊子より」

喜ばれるもの:
(食料)
飲料水、カップ麺、お湯だけで作れるレトルト食品、乳児用粉ミルク、哺乳瓶
(衛星用品)
おむつ、生理用品、歯磨き、石けん、タオル、トイレットペーパー、ウエットティッシュ、マスク、水を使わないシャンプー
(その他)
マスク、新品の肌着や衣類、使い捨てカイロ


困るもの:
(食料)
野菜や魚などのなまもの、アイス、電子レンジで調理しなければならないもの、消費期限切れ食品
(衛星用品)
古着(古着は誰も貰いません、ゴミになるだけです)、家でかきあつめたようなこざこざ、趣味で作った装飾品、絵画など。
(医薬品)
医薬品は医師や薬剤師がいないと配れません。
自分に処方された薬などをたまに送る方がいらっしゃいますが誰も使えません。


本音を言えばモノより金です。

自宅の不要品処理のような気持ちで送らないようにしましょう。

***************************************

ボランティアとして現地に赴くことについても考える必要があると思います。
余震が続く中、ボランティアにいったつもりが被災者になるというのは最悪のケースです。

先にも言いましたが、国内最大規模、つまり誰もが経験したことのない規模の地震であり、逆にいうと、これまでの経験(あの阪神大震災ですら)が通用しない可能性もあるのです。

現地に一人でも手助けする人が多いほうがいいのでは?と思うかもしれませんが、逆に足手まといになり、現地スタッフ一人の手を煩わせる恐れもあることを考えないとなりません。
一人でも多くのプロを現地に派遣できるようにバックアップするのが、我々のできることではないでしょうか?


東北で巨大地震 死者数百人か
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1531851&media_id=2



相手のことを考えて、自分に何ができるのか、
しっかり考えて行動をおこそうと思います。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

東北太平洋沖地震で私にできること

2011年03月13日 02時48分09秒 | 日記
昨日、はるくんと、中継を見ながら、
逃げて~!!そっちじゃないよ!早く逃げて!!!

と必死に叫んでました。

中継

という文字に心が張り裂けそうで、必死に祈りました。



津波、
スマトラ島の映像で衝撃を受けました。
これが津波なの???
と。
映像ではゆっくりに見えたけど、
すさまじい破壊力。

それが、今日本で起こっているなんて。。



揺れによる被害
津波による被害
火事による被害

原発、情報、物資、寒さ、停電・・・


家族と離れ離れになっている人もたくさんいらしゃるはず。
病気になっている人も。


いろんな思いが溢れて伝わってきます。


私にできることは??


今の私にできることは、今ここに居ることでできることをすること。
正しい支援をさせてもらう。
情報を伝え、多くの同じ思いの人をつなぐこと。

祈ること。


どうか多くの人の心が穏やかでありますように。


個人的な見方ですが、
消防士さん達のことを思うと、
何を祈ったらいいのかわからなくなってきます。


どうか、無事で。
被災された方々に早く笑顔が戻りますように。





コピペで転送、宜しくお願いいたします。




==以下転送======================

お世話になります。
岡山NPOセンターの石原です。

東北太平洋沖地震、今までにない状況が続いています。

いくつかの情報が入ってきたので、転送します。
今後も、情報がありましたら、転送をさせていただきます。

岡山からもできることを取り組めればと思います。


1.寄付の開始
様々なところで寄付の募集が開始されています。

日本財団 (クレジット決済)
https://www.canpan.biz/products/detail.php?product_id=358

グル―ポン
http://www.groupon.jp/cid/7995/?qaf=ONL___twitter_jp_charity201103

yahoo!
http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/1630001/index.html

民主党
http://www.dpj.or.jp/news/?num=19859

共産党 京都府委員会
http://www.jcp-kyoto.jp/activities/2011/03/post-54.html



2.ボランティア
地震に関するボランティア情報は
「岡山県災害ボランティア情報」のブログにまとめられています。
http://blog.canpan.info/oka_voc_saigai/
以下、転送なような動きもあります。


---------- 転送メッセージ ----------

転送・転載歓迎

平成23年3月11日14:46頃発生した東北太平洋沖地震災害について、
新しい公共をつくる市民キャビネット災害支援部会は支援体制を整え、
活動を開始しました。

被災地NGO協働センター、
国際NGOピースウィンズ・ジャパン及び
全日本救助犬団体協議会
(特定非営利活動法人日本レスキュー協会、
特定非営利活動法人日本捜索救助犬協会連絡が取れた団体)
が出動準備及び出動しました。

【報告】被災地NGO恊働センター
11日先遣隊が出発しました。下記の4名です。
・吉椿雅道(被災地NGO協働センター)
・大西陽治(同)
・武久真大(神戸大学4年生/中越・KOBE足湯隊)
・鈴木孝典(同3年生/同)
東海道・中央道は不通の箇所が多いため、北陸道・山形経由で仙台に向かいます。特
に山形から仙台にかけての道路事情に詳しい方は、情報提供いただけると幸いです。

【報告】日本レスキュー協会です。
現在、出動したチームは京都府警と連絡をとることができ、府警の緊急車両に同行す
ることができることになりましたので、現在合流するべく移動中です。
合流後、東京方面に向かう予定です。

【報告】2011年3月11日20:19 Kaz Uematsu <nrda@nifty.com>:
国際NGOピースウィンズ・ジャパンが宮城周辺の被災地へスタッフ派遣を決定。緊急
支援用大型テント「バルーンシェルター」(1セットで約100人収> 容)や炊き出し
セットを活用した避難所運営等を予定。
植松 拝

【状況】
市民キャビネット災害支援部会は現在松尾道夫自宅(東松山)にあります。
(人形が数点壊れた被害です。電気、インターネットもOK)

埼玉NPOハウス、彩の国さいたまNPOプラザふじみ野または埼玉県県民活動総合
センターに12日「東北太平洋沖地震支援センター」を移動します。

NPO事業サポートセンターは公益社団法人長寿社会文化協会に合流して無事との連
絡を受けています。

埼玉県県民活動総合センターは無事です。電気も来ています。

埼玉NPOハウスは、備品が損壊しましたが、大丈夫そうです。(私は埼玉県県民活
動総合センターへ移動中でした)事務局から被害状況について画像の連絡がありまし
た。(人的被害はないと理解しました)

特定非営利活動法人日本捜索救助犬協会(久喜市)は停電していますので、連絡が難
しいです。(特定非営利活動法人日本レスキュー協会経由がよいです)

現地からの報告を、「東北太平洋沖地震支援センター」で受け、インターネット・ラ
ジオ放送を行います。

ボランティアでの活動となっております。
活動資金の寄付をお願いします。

(送金先)
埼玉りそな銀行 宮原支店普通預金口座 4181235
トクヒ)エヌピーオーサイタマネット

です。出動団体に配布しますので、ご協力お願いします。

情報はこのメールに返信ください

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
市民キャビネット災害支援部会事務局  松尾道夫
〒338-0824埼玉県さいたま市桜区上大久保519番地1
埼玉県浦和・大久保合同庁舎1号館
TEL048-714-0500・FAX048-714-0509
http://fleamarket.or.jp/ http://nposaitamanet.or.jp/
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


----転載ここまで----------


取り急ぎ、以上です。
今後も情報があれば共有させていただきたいと思います。

=================================


よろしくお願い致します
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

決意

2011年03月11日 01時13分11秒 | 日記
私は、絶対におさえつけるような叱り方をしません。

私は、穏やかに話すことで、きちんと伝わることを信じます。


私は、自分が冷静でない時は、何かを言う前に、
冷静になるまで深呼吸します。



私は、どんな私も許します。





書かなきゃ甘えちゃうので、書きました(笑)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

コロンナータ

2011年03月11日 01時12分20秒 | 日記
世界ふしぎ発見を見ていて、
イタリアのラルドという豚肉の加工品について問題が出ていました。

バタバタしていたので、詳しく見ていなかったのですが、
その大きな大理石の風景から、

私、知ってる・・・
が始まり、

ラルドを作るのに大理石を使うのですが、
どうやって使うのでしょうか?という3択問題が出ていました。

それが、いや、それでしょう、という感じで、当たり前って感じで、
分かったんです。

でも、半信半疑で、答えあわせをしたかったのですが、
もう一度テレビを見たら、ちょうど次の問題に・・・。

これも必然。


そして、さっき、ホームページを見たら、正解でした。


なんでわかったのか。


知ってたから。

それは、記憶という感じでした。



アカシックレコードなのか、
私の過去世なのかわかりませんが、
知ってました。

そして、そのラルドの作られる、コロンナータ。
写真をみてたら胸がザワザワ。。。



最近、ほんとに6月のモノリスワークに向けて
いろんなことが出てきてます。。

モノリスワーク。。どんなになるんだろ~
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

49日

2011年03月11日 01時11分59秒 | 日記
パパのじいちゃんが亡くなってから、
本当によく話しかけられた(笑)

すぐそばに居ることがよくわかったんだけど、
49日の法要が終わったとたんほとんど聞こえなくなった。

よっぽど必要がない限りは近くに聞こえない。


不思議だなぁ
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ソウルメイト

2011年03月11日 01時11分05秒 | 日記
昨日、改めてソウルメイトの存在の素晴らしさを実感しました。

幼稚園、小学校のことでバタバタ続き、
色んな思いが重なり、すごくしんどくなりました。
そこへ、同じような思いをしていた人が、理解を示してくれ、
ついつい愚痴りました。
わかっていたのに、
傷ついた自分を守るため、
愚痴る気持ちよさに負けてしまい、
何度も話しました。
そのうち、愚痴ることを期待されるようになり、
もう、そんなに思ってないことまで、
むりやり愚痴っていて、
自分に対して、違和感と、自己嫌悪を感じ、
とてもしんどくなりました。

そして、同じ環境にいたソウルメイトに話したい、って、
彼女に話して元に戻りたいって思うようになりました。

彼女もも、同じ場に居て、私が愚痴ってる姿に違和感を感じ、
また彼女自身もつらくなっていたそうで、
私が、今、こうなんだって話をすると、とてもスッキリ軽くなったそうです。

さらに、今日はスピリチュアルな話をできる人が身近に増えて、
彼女はソウルメイトと同じく同じ幼稚園のママさんなんですが、私になんとなく似てて、
お互いにそれを思ってて、
さらに趣味がめちゃくちゃ似てて、
一番落ち着く過ごし方も同じで、
さらに、歳も、誕生月も一緒でした。

そして、今日、その三人が揃ってなんとなくスピリチュアルな話しになり、
さらに、私達がここに引っ越す前、
井原に住んでいたのですが、接点がなかったものの、
同じ時期に、同じ町内、ご近所だったことがわかり、
かなり驚きました!!

愚痴ではなく、
そんな話しが出来たことで、とてもリフレッシュできて、
本来の自分に戻れた気がしました


心が、感情が揺さぶられることがあると、
自分が見えなくなりますね。
さらに、それを理解し、甘えさせてくれる場ができると、より見失ってしまいます。
共感もポジティブな共感は最高に大きなエネルギーになるんだけど、
ネガティブな共感は、一時の心地よさはくれるけど、
どんどん渦巻き、引き込まれるだけだった。


わかっていながら、止められない自分、
夜中に、もやもやに襲われ、私は、今までスピリチュアル的な面での理解者に囲まれ、
そうは言っても。。的な部分からは離れていられました。
自分らしく、ゆったり居られました。

でも、がっつり現実的な中に入り、それぞれが全く違う生き方をしている人達の中に入り、
いつの間にか、余裕を無くし、自分と比べ、批判、判断を繰り返し、
自分を守るために頭をフル回転して、
本当の自分を傷つけていました。


だけど、私と変わらないソウルメイトが居て、本来の私を知ってくれているだけで、また簡単に軌道修正できました。
ありがたいなぁって、つくづく思いました


スピリチュアルな世界に踏み込み、たくさんのことを知り、学びました。

そして、スピリチュアルは特別な世界の話しではなく、今、この瞬間、この現実にある、ということに気づきました。


それでも、現実にまだまだ活かしきれず、さ迷います

ヒントとしてのスピリチュアル。

そして、それを同じく理解している友が居て、
切磋琢磨しながら成長し、現実を楽しめる。

本当に幸せなことだなぁって、感謝しました。



成長してはぶつかり、
また学び、
確認。
そして、さらにお試し(笑)

絶妙です
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

卒園にむけて

2011年03月11日 01時10分12秒 | 日記
はるくんの卒園に向けて、色んな準備が進んでます

ほとんどが保護者手作りのため、バタバタな日々です
保護者の1人が保育士さんで、私は、今まで作ってたから、自分の子供の時はもらえる側だと思ったのに~
と言われるかたもいます(笑)
でも、そのノウハウを活かして、素敵な文集を作ってくれました


卒園アルバムに、
謝恩会、
卒園記念旅行。。


全てが大切なママ友との時間です

みんな、特技が違って、
それぞれの得意分野を出しあって、全てが完璧に出来上がってます。

みんなの力ってすごい
みんなで出し合うってすごいです
一人一人の力は小さくても、集まると本当に大きな力になりますね

みんなの目的が、子供の笑顔のためで一致しているので、お互い持ってるものを出し合えるし、
認め合え、受け入れ合えて、意見交換もでき、素晴らしいものができるんだなぁって感心します。

7人のうち、二人は隣の学校なので、中学で再会するまでは、一旦さよならです


文集作りや、
謝恩会での出し物等、
全てが手作りで、
その準備で集まる時間が本当に楽しくて、
終わってしまうのがとても寂しいです。


あと少しだなぁ~

卒園したら、
入学、入園、また新しい生活が始まります

パパも帰ってくるし、
春が楽しみです



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

機械と人の夢編集する

2011年03月11日 01時09分09秒 | 日記
ついさっき夢をみました。

機械と戦争をしていて、
故郷の星もボロボロになり、宇宙船で逃げ出した。

その船内でも、人間の形をしたロボットもいて、
昔は一緒に助け合っていたのだけれど、
暴走しました。


私たちは必死に、暴走したロボットと戦いました。
暴走したのも、そうでないのも、
全てを撃ち殺しました。

全てを壊し、
やっと安全になったと確認でき、
新しい宇宙船にみんなで乗り換えようと、生き残った人で集まりました。

手に持った銃は、みんなで捨てていこう、そう話し合い、弾をトイレに流したりしました。

足元には、人形ロボットが何体も転がっていました。
複雑な思いでしたが、
やっとこれで安全だ、幸せになれる、そう思いました。
銃を捨てて、広場に戻ると、三人の男達が銃を構えました。

人間同士の仲間割れでした。


女性やこどもたちは新しい船に乗せられ、
一緒に戦った男達が残されました。


ここから、私は映画を見ているように、遠くからの視点に変わりました。

銃を持った三人のうち一人が、
俺、人を殺してみたかったんだ、と言い出し、
一人の男の人を撃とうとします。


やっと助かったのに、
何をやっているの??
と悲しみが溢れました。


その時、どこからか銃声がして、
三人が撃ち殺されました。

振り返えると、トイレに捨てた銃を持った、
ロボットでした。

彼はボロボロで、私たちが撃ち殺したのですが、
虫の息で、
立ち上がり、やってきました。
そして一言。



こんな危機に、私が来ないと思ったのかい??



彼は、私たちの昔からの仲間でした。
だけど、他のロボットのように暴走しては困るから、全てを壊そう、
と撃ち殺されました。


その彼が私たちのピンチを聞きつけ、助けてくれたのです。



ここで目が覚めました。



なんだか複雑…でした。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする