はるがきたんよ~☆

布ナプキンに出会い、ワークショップ等、様々な活動を始めました♪ スピリチュアルを日常に!!と毎日楽しむ日々です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2009年総まとめ

2009年12月31日 13時35分11秒 | 日記
2009年は本当に濃い1年でした。



1月

初夢で自分が心から、人のために生きたいと願っていることを知る。


2月

伊勢神宮へ正式参拝のご縁を頂く。
神様への敬意を深めるとともに、
改めて人の役に立てるよう生きたいと強く思う。
お伊勢さん①
お伊勢さん②


(よかったらどうぞ、読んでみてください♪)


人は人、自分はどうか、が大切と教わる。



3月、4月

オーラやプラーナが見えるようになり、
スピリチュアルなことをもっと深めたいと思い、
いろいろ調べるうち、自分の概念がガラガラと崩れ始める。
その詳しい流れはコチラ


5月

無性に歌が歌いたくなり、美穂からゴスペルのご縁を頂く。
ゴスペルへの流れ



6.7月

サトシ@ヒーリングさんにご縁を頂き、
レイキやアデプトなどの世界を知る。

もっと深く知りたい、セミナーやヒーリングを受けたいと思うのに、
金銭的にもタイミングも合わず、なぜか全てにストップがかかり、
焦り始める。
素晴らしい方との出会い、学びの詳細はコチラ

今の自分がやるべきことは家庭にある、と気づく。
地に足をつけ、目の前のことをこなしていけば、
必要ならきっとまたチャンスはくる、と思えるようになる。


ずっと知りたかった過去世を知る。
ドリームマスターバクさんにご縁を頂き、
無料でヒプノセラピーを受けさせてもらえ、

今世では
自分で生きたい!
自分で感じて、
自分で選択して、
自分で学びたい!
自分で経験したい!
地に足をつけていたい!
そして、人のために生きたい!!

そう強く思い生まれてきたことを知りました。
過去世についての詳細はコチラ

ハイアーセルフとダウンジングでコンタクトを取るようになる。



家族でゴミ拾いを始める。
ゴミ拾い
天使のはるはるちゃんのことを知る。

ゴスペルが始まり、様々なご縁を頂き、
愛の深さを知り、
神は一つだということを知り、
自分を愛するということを教わり、意識し始める。


ぱぴぃ。さんにご縁を頂き、
アセンテッドマスターはピオ神父様で、
ひぃおばあちゃんと、パパのひぃおじいちゃんが導いてくれていることを教えてもらう。

上からのメッセージで、やたらとヒーリングやセッションなどを受けて欲しくないと、必要なことはそっと提示するから、その時に自分で選んで、
そのプロセスを大切にして欲しいと、伝えてもらう。
守護存在についての詳細はコチラ

とにかく数打てば何か開けるかな??とヒーリングを受けていたので、
体も頭もずっしり重くて、とても響きました。

もうやめよう、と。


でも、相変わらず、答えを外に外に求める。



マザーホワイトさんにご縁を頂き、
自分の甘さを知る。
特別だと思われたい自分が居ることを知る。
他人の言葉に揺れる自分を知る。
詳しくはコチラ
新しく再スタートを切る。


ゴスペルのディレクターでもある、okameさんこと、城下の母のセッションを受ける。
セッションの内容はコチラ
34歳までの、私の、今すべきことは、
家族を大切に、家族間での愛情の受け渡しをすること。
きちんと、パパに理解してもらえる基盤、絆を築くこと。

を改めて思う。





9月

自分が何をしたいのか、全く分からなくなってしまう。
頭で考えすぎて、パンクする。

コーチングを知り、受けたいと思う。
が、タイミングがやっぱり合わない。

ホ・オポノポノに出会う。
詳細はコチラ


自分の中に答えがある、ということを知り、
考えるではなく、感じる、ということを意識し始める。
詳細はコチラ


赤ちゃんを授かる。





10月

自分自身と繋がることを体験し始め、少しずつ実感する。
詳しくはコチラ

切迫流産になり、入院&安静期間を過ごす。
入院の詳細はコチラ

自分の体調、
命をつないでくれた赤ちゃんのこと、
支えてくれた家族のこと、
そして、自分自身の心がそう望んでいることから、
ゴスペルの参加を断念することを決める。
詳細はコチラ

頭の自分ではなく、心の自分の声を優先したことから、
より自分自身と繋がれるようになる。





11月

スピリチュアルなこととは、
普通の生活には存在しない、もっともっと特別な世界のこと、
そこに通じなければ、開けていけない、
そう誤解していたことに気づく。
詳細はコチラ

自分自身と繋がるための、今の期間で、
家庭にこそ、その場があり、
特別な世界の話ではなく、
自分自身の魂、スピリットを磨くことこそが
スピリチュアルなんだ、そう気づく。


よりハイアーセルフと繋がれるようになる。


クリスタルとのご縁を頂く。
クリスタルに出会うまで



12月

赤ちゃんが女の子だとわかる。
安静に!も卒業できそうな見通し♪


ゴスペルのコンサートに行き、
一つに繋がる、愛でみんな繋がっている
ことを体験する。
詳細はコチラ



ざ~っとまとめたら、めっちゃ時間かかった~

でも、本当に内容の濃い1年だったなぁ・・。

たくさんの人に支えてもらい、
たくさんの人に学ばせてもらい、

すごくすごく成長できた1年でした。


今の私は、答えを外に求めることも減り、
まず最初に自分の心に答えを求められるようになり、
そのことで、とても安定し、自分を愛おしく思えてます。
そして、家族に対しても、その愛は溢れてます。

焦ることなく、自分の道を少しずつ進んでいけていると感じます。

私らしく、私の道を、私のペースで。




来年も、たくさんの私に出会えそうでワクワクします!



2009年、出会えたみなさん、支えてくださった皆様、
本当にありがとうございました。

来年も、どうぞよろしくお願いいたします
コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

嬉しいことが続々と♪

2009年12月31日 13時29分27秒 | 日記
最近、本当に嬉しいことが続々とやってきます



クリスタルとのご縁をもらって、
同時にダウンジングに使っていた指輪が消えてしまいました。

ちょっと寂しかったのですが、役目を終えたということで、
前に進めた自分が嬉しかったです。

そして、クリスタルの浄化が終わり、一緒に瞑想をしたら、
ハイヤーセルフの姿が、ヒプノセラピーでお会いできた姿と全く変わっていました。


タキシードと植物を足して2で割ったような、
なんだかよく説明できない姿の、宇宙人だったハイヤーさんが、
見上げる大きな大きな大樹になっていました。

ビックリしました





そして、こうだったらいいなぁ~思っていることが、
何となく起きるようになりました。


引越し先の階段に手すりをつけないといけないのですが、
4メートルの棒が買ったとしても持って帰れず、
準備できない状態でした。
短いのをつなげると、割高になるし・・・

と思っていると、


パパの実家にある、今使っているものが半分の長さでいいから、と
そのまま外して付け替えるだけで済む事になりました
しかも、使っていない半分の長さのもあって、
結局お金はほとんどかからず終わりました



さらに、牡蠣が食べたいな~と思っていると、
連日のようにパパの実家に届き、
同じ場所だけでなく、違う産地のも食べ比べてみたいなぁ~
なんて贅沢なことを考えていると、
違う産地の牡蠣が届き・・・

うわぁ~ごめんなさい
と思ってしまったくらいです


他にもチョイチョイ小さい、ラッキーと思うことは続き、
現実は、
心に自分でブロックをかけているから制限されている、
ブロックを解き放てば、もっと現実は変わってくる
ということを、前に教えていただいたことがあって、


景品のもらえる抽選など、絶対に当たる分けない!と思っている自分を
変えてみよう、と
子供が当たって喜ぶ姿を想像してみました。
すると、当たりました


ビックリ~


それから、もっと心のブロックを開放することを学びたいなぁ~
と思っていると、
先日の日記で書きましたが、
心のブロック解放ワークhttp://elfin-lord.com/campaign/が、無料で受けられるチャンスが


驚きです


パパの実家の神棚も、もっときちんとまつっていきたいなぁ~・・
と思っていたら、大黒様の夢。。



自分と向き合うことができ始め、
自分を自然と愛することができるようになり、
焦らず、のんびりと過ごせるようになり、
成長しなきゃ!!という思いから、
今を大切にしていれば、必要な時に与えられる
という気持ちになれ、

また今回、久しぶりの友達から思わぬお誘いのメールを頂きました。

私にどうしても紹介しなきゃと感じたので。。
と。
福山にいらっしゃるオーラソーマ、カラーセラピストの方だそうです。
お会いするのは1月終わりになりそうですが、
とても楽しみです
また新たな1歩となりそうです。


育児も少し煮詰まっていて、
自分自身のシフトチェンジが必要だなぁ~・・と思っていると、
ふと読んだ本にすごいヒントがあり、
目から鱗で、気持ちがずいぶん変わりました。


そして、赤ちゃんは女の子だったというサプライズ



この幸せは還元しないと
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ゴスペル 卒業!

2009年12月29日 12時09分10秒 | 日記
行って来ました


JOYのゴスペルコンサート


本当に言葉にならない・・・


最高でした

素晴らしかった~

愛があふれてました

みんな一つでした







自宅を出発する直前、クリスタルからメッセージがきました。

私も一緒に行きたいと。


素晴らしい歌に浄化されたいのかなぁ~??

なんて思いながら、クリスタルを一緒に連れて行くことにしました。




たまたんと、あ★ぼちと、3人でルネスホールへ

夜の街中の運転は非常に怖いので、乗せて行ってもらえて助かりました


妊婦二人を乗せての運転、気を使っただろうなぁ・・ごめんね~
たまたん、ありがとう




そして、受付でパンフレットを渡して頂き、
ここに名前が入ってるからねと・・・。


感激です

言葉が出なかった。。


私もJOYの一人なんだ。。




ドキドキしながら入場、

みほの姿が近くで見えるところにしよう

と着席



最初の曲が始まり、鳥肌が立ちました

2曲目の曲が始まると、

私も、あの場所に居たはずだった。。
練習をしていた頃の自分や場面を思い出し、
悔しくて、哀しくて、心が張り裂けそうな気持ちで涙が止まりませんでした。。
あそこに立って、一緒に歌ってるはずだった。。
どうして、無理をしてでも練習に参加しなかったのだろう、
どうして、何がなんでも参加しなかったんだろう。。

いろんな考えが渦巻いて、本当に辛くなりました。


その時、手に持っていたクリスタルが見えました。


私が、切迫流産になり、練習に参加できなくなり、
優先したいことは何か、をじっくり考え、
無理をしたくない、頑張って命をつないでくれた赤ちゃんにも、
支えてくれた家族にも心配や負担はかけたくない、そう思い、
自分で結論を出したこと、
そして、そこからさらに深く自分と向き合え、
このクリスタルに出会えたこと、
全ては自分で自信を持って選択したことなんだ、
間違ってなかったんだ、

そう引き戻されました。


あぁ、このために、クリスタルは一緒に来てくれたんだ、
とても感謝しました。
ありがとう


そして、そこからは、本当にこころから楽しめました。

不思議な感覚なのですが、
悔しさや、哀しさは、みんなの歌で流されていくようでした。

そして、全てが流された後は、
私も一緒に歌っているようでした。

一つになっているようでした。



みんな一つなんだ、愛でひとつなんだ


わかっているけど、まだまだしっくりこなかったのに、
あの会場では、全ての人が一つに感じました。


あぁ、一つになってる。
みんな繋がってる。
愛があふれてる。


不思議な、心地よい、なんとも言えない一体感でした


I need you to survive

が始まると、お腹のベビーちゃんがすごい反応をし始めました。
それまでも、動いていたのですが、
不規則な動きではなく、

ちゃんとリズムにのって、(ずれてはいましたが 笑)
一緒に歌っているようでした。
小さいキックと、大きいキックを組み合わせて、
ずーっとリズムを刻んでいました

これにはビックリしました





私は途中で参加できなくなってしまったので、
観客として参加させていただいたのに、
名前を入れていただけ、
ひとつになる感覚をもらえて、
思ってもみなかったのに、
一緒に卒業させていただけた


やりたいことは、どうやってでもやってきた私。

こんなにやりたいと思うことが、どうしてもできなかったこと、
そして、諦めるという選択を納得してしたことは、初めてでした。


途中やめに悔やんだのですが、

始めたことに、
出会えたことに、
たくさんの意味があったし、
出会いと学びがあった。

今年1年は本当に様々なことがありましたが、
JOYからもらったことは
本当にたくさんで、貴重なものばかりでした。


書いても書いても溢れてきます。





本当にありがとうございました



これからも、この経験を活かし、自分をもっと磨いて、
自分なりのかたちで次へ渡せていけたらいいなぁ~

2010年への、素晴らしいステップとなりました。
コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

6ヶ月健診行ってきました!

2009年12月26日 11時35分14秒 | 日記
今回は赤ちゃんの検査をしました。
今わかる範囲では心臓やその他の内臓等、問題なく元気に育ってました

私のほうも、問題なく順調で、年内は大人しく、年明けからボチボチ動いていいそうです
やっと『安静に』を抜け出せそうです
とは言え、無理のないようにボチボチです


そして。。。


なんと。。。


オチンチンが。。。













ありませんでしたぁ


キャー


おそらく女の子でしょうとのこと



本当ですか~?
と何度も聞きました。。

オマタの拡大も見せてくれました

まだ信じられないのですが、パパはニヤニヤ
幸せそうです



楽しみです



一応、来月確認しよう
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大黒様の夢

2009年12月25日 01時46分48秒 | 日記
先日、日記にも書きましたが、
大黒様の夢を見ました。


左手に金の打出の小槌を持ち、俵の上に乗り、
両サイドに俵を積み重ねた立派な大黒様。

その大黒様が、パパの実家の神棚にドーンといらっしゃいました。

ただ、実際にまつっている場所ではなく、
違う神様のまつられている場所にでした。


なぜ、そこに??


と不思議に思いました。
あまりにもくっきり、
しっかりとした映像の夢だったので、意味があるんだろうなぁ。。
とは思いましたが、
もしや、宝くじ!?と浮かれてました(笑)


今パパの実家に来ているのですが、ばあちゃんやお母さんに話をしたら、
30年ほど前に母屋を新築したそうですが、
その前の時の並びと違ってると、
大黒様は夢で座られていた場所だったような気がすると、
ポロポロ話が出てきました。


ビックリです。



また新年に、お祓いに来ていただくので、その時に神主さんにおたずねしてみようと、なりました。



うーん。。
不思議だわ
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

赤ちゃんの主張!?

2009年12月22日 10時07分21秒 | 日記
パパが、お腹のベビーに、

「お嬢ちゃん♪」

と話しかけ、女の子だって~

と言うので、なんだかその気になってきた、ある晩の夢。。



健診に行っていて、エコーでおちんちんを確認。

でも、納得できない、私とパパは、しつこく先生に確認しました。


「では、出して見てみましょう」

と先生が、赤ちゃんを出しました

そして、しっかりおちんちんがついていました。
さらに、2800グラムもありました


先生が、

「納得できました??では戻しますね」

と・・・。


いやいやいや
2800グラムもあるなら、もう戻さないで!!

とやり取りをしている夢をみました(笑)



男のだってば

って主張????





昨日晩は、パパの実家の神棚に大黒様が現れる夢を見ました。
とても綺麗なお姿で、
左手に金の打ち出の小槌、
俵の上にのり、両サイドには4つずつ積み上げた米俵。
はっきりとしたお姿でした。

でも、大黒様がまつられている場所ではなく、
違う神様がまつられている場所でした。

しかも、大体、右手に打ちでの小槌らしいのですが、左手にもたれていました。


大黒様は、人や物を授けてくれる神様だそうです。


最初、宝くじ
と思ったのですが(笑)

赤ちゃんのことかな??
もしくは、ご縁を頂いた、クリスタルかな??
嬉しい夢でした


夢も最近冴えてきて、パパの仕事場で起こることが夢で分かりました。
そのことがあって、注意しているのですが、
先日、パパの仕事がらみの夢を見て、
これはパパに伝えておこう、と思い、
すっかり全てを忘れました

そのことを話すと、
この話のフリで、内容もオチも意味もないんか???
と笑われました

ま、そんなもので


役に立つことがあればいいなぁ~


しかし、赤ちゃんは男の子なのか、女の子なのか・・・。
25日には分かるかなぁ~???
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

母の体の不思議

2009年12月21日 12時16分17秒 | 日記
長男はるくんを妊娠して初めて知ったのですが、
私には副乳、があります。
サブおっぱい??といったところかな??

妊娠と共に、おっぱいが膨らむのですが、
それと同時に脇の下にしこりができました。

気になって、助産師さんに相談したら、

「副乳ですよ~♪犬と一緒です(笑)」

とあっさり言われました。
人間にも、進化の過程で無くしたらしいのですが、
犬や猫と同じようにおっぱいが左右対称にいくつかあったそうです。

よ~く見てみると、脇の下にある、乳腺だけでなく、
妊娠したら色濃く浮き出てくる、ほくろのようなものがおっぱいの斜め上に、これも左右対称で二つあります。

乳首の退化したやつ??

脇の下にある乳腺からは、授乳中は白い液体が出ます。
おっぱいと同じかどうかはわかりませんが・・・
飲みたくないし
乳腺から分泌されているそうです。


ちなみに、男の人にもあるそうですよ~♪
脇の下から、股下まで、おっぱいを通るラインで、左右対称にあるほくろは副乳の可能性大だそうです

神秘的~


でも、ほくろだけなら、いいのですが、乳腺がある場合、
乳腺炎になったりもするそうなので、要注意!

生理の時などに、脇の下が腫れて痛い、と思うことがあれば、
それも副乳の可能性大だそうです。





そして、妊娠期間、私の足や腕の毛はどんどん薄くなります。
すごくありがたいのですが・・・

それらが、お腹に集結するのです


守りたいのか、なんなのか・・・
ちょっと微妙~
人には恥ずかしくて見せられない

かといって、健診のたびに処理するのも嫌だし、
出産したら自然に消えるので、見ないことにしてます(笑)



母の体って本当に不思議です
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大きい 小さい

2009年12月19日 10時26分20秒 | 日記
最近、ももくんがよく言うこと。


「ママの車は小さいねぇ~

「パパの車は大きいねぇ~

「ママのおっぱいは大きいねぇ~

「パパのおっぱいは小さいねぇ~



ちょっと聞いてみました


「ママのおっぱいと、パパの車はどっちが大きい??」


「・・・  ・・・ ・・・ ママのおっぱい

グランドハイエースに勝った




先週、いとこの赤ちゃんに会いました。
3ヶ月の赤ちゃんなのですが、めっちゃかわいかった~

泣いている赤ちゃんを指差し、赤ちゃんのママに向かって、

「赤ちゃん、おっぱいが欲しいよぉ~え~んって言ってるんで!赤ちゃんだから、おっぱい、チュッチュしてもえんで!!」

と言いました(笑)
そして、

「ももくんなぁ、チュッチュしたらいけんのんで!触るだけなんで!!」


と暴露





ここ最近なぜか調子があまり良くなく、
夕方になるとしんどくなります。
なので、パパに甘えて休ませてもらっているのですが、
二人が代わる代わるやってきて、

「ママに、はるくんから愛のパワーを送るよ~!これで赤ちゃん痛いのなくなるよ~!!」

といってギューしてくれたり、

「ももくんのお茶、飲み!!ママ、痛いの飛んでってくれるで!ギューしよう!チューしよう!」

と心配そうに何度もこっちを見たり、やってきて、ヨシヨシしてくれたり、めちゃくちゃ優しくしてくれます




本当に、家族っていいなぁ~って幸せ一杯です


赤ちゃんはというと、めっちゃダイナミックに動いているので、
問題なく元気だと思います
クリスマスに6ヶ月健診の予約を入れたので、
その時には、どっちかわかるかな~???


相変わらず、ももくんは
「男の子だよ~」
と言ってます
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

マイケルジャクソンさん

2009年12月17日 11時10分59秒 | 日記
昨日、ふとつけたテレビの番組で、マイケルジャクソンさんのことを特集していました。

なんとなく見ていたのですが、
すごく深くメッセージを受け取りました。


そもそも、そんなに好きな音楽もなく、興味もそこまでなかったので、
マイケルジャクソンさん自体をよくは知りませんでした。

兄がよく洋楽を聴いていたので、その影響で耳にすることはありました。
その程度。

でも、とても綺麗な声の人だな~って思ってました。




大人になって、児童虐待のニュースでマイケルジャクソンさんのことを見ました。

でも、その時は、本当か嘘かわからないし、
どっちが真実なのかも、どうでもよかった。
なぜ、肌の色が白色なんだろう??
お金を一杯もっているから、おかしくなってるんかな??
私とは、まったく関係のない世界のことだから、どうでもいいんだけど。。


失礼ながら、本当にその程度でした。



昨晩見た内容は、児童虐待だと訴えた側の弁護士秘書さんや、
2度目の裁判でマイケルさんの弁護士をしていた方等の話を加え、
マイケルジャクソンという人の一生を振り返る内容になっていました。


別の番組で見たことがあるのですが、
彼は誰よりも努力家で、どんな地位にいても、音楽に対して絶対に妥協しない人だったそうです。
誰よりも練習し、どのステージも常に完璧を目指すそうです。
天才で才能もあって、それでも努力家で妥協しない。
そんな面があると紹介されていました。


そんな彼の作りだす音楽だから、たくさんのファンが魅了されるのかな??

有名になればなるほど、マスコミに追っかけられ、
あることないこと書き立てられる。
パパラッチとか、よくは分からないけど、
テレビでみる限りでは本当に私生活を穏やかに保つのって難しいんあろうなって思いました。

友達のちょっとした批判ですら、しばらく落ち込んでしまう私には、
想像すらできない


偶然出会ったある男の子が、マイケルさんの大ファンで、
マイケルさんが火傷をした時に手紙を送ったんだって話を聞いてから、
二人は交流を始め、家族ぐるみで親密になったそうです。

その男の子の実の父親が、そのことを知ってから、マイケルさんを恐喝し始め、弁護士と共謀し、わが子を使って児童虐待で訴えたそうです。
出会った当時は、すでに離婚していたそうです。

その内容を、その当時の弁護士秘書が詳細に語っていました。


大切に思っていた人からの
全く見覚えのない内容での訴え
有罪に持ち込もうと、執拗に取り調べる警察
潔白を証明したいなら拒むな!というプライドをズタズタにされるような検査

それらから、マイケルさんはひどく傷ついたそうです。
長引かせるより、ここで終わらせて次に進みたい、そう思って、
見覚えのないことに対して、示談金を支払いました。


その間も、マイケルさんの潔白を証明できる内容が出ても、
マスコミは大きくは取り上げなかったそうです。



そして、月日は流れ、マイケルさんは癌を患っているという子供と出会いました。
その子を励まし、できる限りのことをし、家族ぐるみで親密になったそうです。
奇跡的にその子は回復したそうで、そのことを何より喜び、
その子を本当に大切に思っていたそうです。


しかし、またしても、その家族から、児童虐待で訴えられました。
お酒を無理やり飲ませたり、
監禁したり、
ポルノ雑誌を見せたり、
わいせつな行為を行ったと、訴えられました。

それでマイケルさんは逮捕されました。


もう逃げない、最後まで向き合い戦う!と決めたマイケルさんは、
彼を心から信じる弁護士と共に戦いました。


結局、全ては訴えた家族のでっちあげで、
全ての罪に関して彼は無罪となりました。

でも、信じ、大切に思っている相手から裏切られたこと、
法廷での子供達の嘘の証言、
マスコミのバッシング、
様々なことからマイケルさんの心はひどく傷ついていきました。
睡眠薬や精神安定剤に頼るようになったそうです。



マイケルさんは本当に寛大で、深く優しいからこそ、
そこにつけこまれ狙われたんだ、と弁護士さんは話していました。

お金は人を変えてしまう。

マイケルさんに大切にしてもらってるうちに、
狂ってきてしまい、もっともっと!!となってしまったのかな・・。

人を疑うことなく、繊細で心優しい人だからこそ、
利用されたのかな。。


潔白は証明されたけど、彼の心の傷はとても深く残ったことと思います。



とても哀しい気持ちになるお話しでした。



この世の中、理不尽なことってすごくたくさんあると思います。
正義がいつも勝つわけではないし、
正しくなければならない立場の人が、悪いことを率先していたり、
どんな疑いもいつも晴らせるとは限らない。
むしろ、見覚えのない罪を着せられることもシバシバ。

そんなことで、今も戦い、傷ついている人はたくさんいると思います。
私自身、振り返れば小学1年生の時、先生に理不尽な扱いを受けたことがあります。
でも、そのときの私は、先生という人がそんな悪いことをするはずない!そう信じてしたので、
自分が悪いんだ、と前向きに反省し、記憶にもそんなにひどく残っていません。
母のおかげもあるのですが。。


全ては自分次第なんです。
例え、全ての人が私を嘘つき呼ばわりしても、
決して嘘をついていなければ、自分の心に真っ直ぐ誓えれば、
それでいいんです。

もちろん、それで立ちつづける強さは私にはありませんが
戦うこともできないかも


でも、自分がどうか。
どんな時もそれが一番なんだって、今はっきり思いました。

どんなに裕福でも、自分に嘘をついていれば幸せではないだろうし、
貧しくても、自分に正直であり自分としっかり結びついていれば、
どんなことでも幸せになれる。

自分の心がどうなのか、は自分にしかわからない。


今、私は自分自身と深く結びつくための期間を過ごしています。
だから日々発見があり、とても満たされています。


正直、他人をうらやましく思うこともありますが、
でも、振りかえってみると、自分は自分、これでいいじゃん♪
って幸せに思えます。

環境や状態がどうかっていえば、様々ですが、心はとても安定しています。



マイケルさん自身、本当に辛く、しんどい日々だったと思います。
でも、彼は自分自身を裏切ることはしていませんでした。
だから、彼の声はあんなに澄んでいる綺麗な声なんだと思いました。

肉体、物質の世界から開放され、今は幸せに過ごしているのかな??



彼を利用しようとした人々も、
もし、今回うまくいって、マイケルさんが有罪になったとしても、
一生心のなかの自分を裏切ったまま生き続けなければなりません。
それは本人にしかわからない苦しみです。



例え、誰にも認めてもらえなくても、
自分自身は絶対に裏切らない、そんな生き方がしたいと思いました。
そのためには、ものすごい強さが必要だと思いますが、
弱い私には至難のわざ・・・
ありがたいことに、私には私を信じてくれている家族や友人がいます。


全てに感謝し、自分の心を大切に、まわりの人を大切に、
今というこの人生を大切に生きたいと思いました。


マイケルジャクソンさん、ありがとうございました。
どうか、お幸せに
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

思いやりはどうやって身につく?

2009年12月16日 00時51分22秒 | 日記
『思いやり』について書いてある本を読みました。

ほとんどのお母さんが、自分の子には思いやりをもった優しい子になって欲しい、と望んでると思います。

私も一番はそう。
人に優しくできる子になって欲しい。


でも、そもそも、『思いやり』ってどうやって育つの??


そんなことが書いてありました。



誰かに思いやりを持つには、自分自身が満たされていることが第一条件だと。
自分を愛せていることが大切なんだと。

わがままも言えて、自由に自己を表現できて、伸び伸びと満たされている子は、相手の気持ちに共感できたり、
どうしたらいいのか考えるようになる。


自分が満たされていないのに、誰かに優しくしなきゃって親に言われて、親を喜ばせたいから、優しくしようとする。
それは、本当の優しさではないし、何より本人が辛すぎる。


思いやりを持って!と言う前に、
その子が満たされているのか、そこを気遣う思いやりが親としてできているのかを、まず確認して欲しい、と書いてありました。




う~ん。。。すごく反省



はるくんは、自分の気持ちをほとんど話しません。
幼稚園であったことも、よっぽどのことじゃないと言いません。


反対に、1~100まで思いついたことを、ペラペラしゃべり続けるももくん。
自分がどうのこーの、全て言ってくれます。


男の子だから?
1番目だから、2番目だから、
それも個性??

と思い見守っていました。



もちろん、性格の違いはあると思うのですが、
だからこそ、自分のことを伝えにくい子は、伝えやすい環境を作ってあげなければいけないんじゃないかなと思いました。


はるくんが、自分の気持ちや、体験したことを、
私達に伝えやすいよう、聞く態度をちゃんととっていたのか?
話を膨らませやすいように、一生懸命聞いてあげたいたのか?

・・・全てにNOと言えます。


ももくんが生まれたこともあり、
なんだかんだとバタバタしていて、特に気持ちが。。余裕がなく、
一人で遊んでくれることに甘えていました。

話しかけて来てくれていたとしても、
ちょっと待ってな、後でな、
と言ってそのままでした。


はるくんの性格上、気を使い、それ以上は言ってきません。
自分でこらえていたり、ためこんでいたり、
今は邪魔しちゃいけない、と思い込んだりします。

後から気づいて、
言ってくれればよかったのに~
と思うこともシバシバ。。。


でも、言ってくれればよかったのに~

ではなく、

なんで聞いてあげなかったの??
でした。
その時にしなきゃいけないような用事でもないし、
はるくんの話はそんなに長くない、
少しぐらい手を止めて、聞いてあげても何にも支障は無かった。

自分に余裕がなかった。そして、はるくんに甘えていました。


その頃から、はるくんは爪が伸びなくなりました。
噛んでいるんです。。。



と、反省はここまでで、


パパと相談して、これからは、もっと話を聞いてあげよう、
引き出してあげよう、
話しやすい環境を作る努力をしよう、
甘えやすい環境を。
ママやパパは聞いてくれる、話したい、そう思ってくれるように。
そして、それがきっと信頼関係につながり、
大きくなっても、頼ってくれるはずだ!

よし、そうしよう!!

とまとまりました
なんて前向き(笑)



ちょっとした変化でしかないのですが、
聞く、という事をしっかりとアピールしていると、
はるくんは、まだたくさんは話してくれないのですが、

じゃんけんブルドッグしよう!
これ一緒にやりたい!

といろいろ言ってくるようになりました。


もちろん、全部は叶えてあげられないけど、
あしらうのではなく、
なぜ今は駄目なのかを説明するようになりました。



心が満たされた子は、
共感できるようになる。

泣いている子をどうにかなだめてあげたいと思う。
泣き止むための手段が、その人その人によってちがうんだ、ということに気づくようになる。

ここまで行くには、まだまだ先ですけど




もう一つ大切なことが書かれていました。

なぜ、思いやりが必要なのか、その場その場で説明をしてあげること。
例えば、なぜお年寄りに席を譲るのか、
そして、必ず言うだけでなく、実行して見せること。


だからやっぱり、最初は子供の心を満たすという思いやりを、実行することが第一歩なんだな、と思いました。



何度も気づいて、何度も忘れて、子供に甘えてまた気づいて・・

繰り返してます

でも、こうやって何度でも気づき、何度でも修正できることはありがたいなって思いました。


子供に教えられることって本当にたくさんあります。
親としてできることは、本当にシンプルなのに、
親も一人の人間だから。。。ということがチラホラのぞき、葛藤。

ただ、愛情を注ぐってだけのことが難しい。

無償の愛って本当に目標です



今100パーセントできなくても、
10パーセントでも、続けることが、
とても大切なんだと思います。


素晴らしい夫婦の時間を持てたので、いろんなことに気づけました
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする