希望&夢

希望や夢あふれる社会になるといいな!
明日や将来のことを思うと、おもわずぼやいてしまいます。

2018年訪日客最多顛万 7年連続増 5年で3倍

2019年01月13日 | 社会

石井国土交通相は月11日の記者会見で、2018年(1~12月)に日本を訪れた外国人旅行者が推計で前年だ8・7%増の3119万人だったと明らかにした。

7年連続で前年を上回り、過去最多。

政府は東京五輪・パラリンピックが開かれる2020年に4千万人まで増やす目標達成に向け、取り組みを加速させる。

訪日客数は2013年に初めて1千万人を超え、2016年に2千万人を突破。

この5年間で約3倍となった。

石井氏は、入国査証(ビザ)の発給要件緩和や戦略的な海外プロモーションなどを挙げて「取り組みの成果が表れてきている。 4千万人の目標も視野に入ってきた」と述べた。

また、1月7日から出国時に1人千円の徴収を始めた新税「国際観光旅客税」を財源として、欧米やオーストラリアなど幅広い国からの呼び込みや、地方の魅力PRを進める考えも示した。

訪日客の国・地域別の内訳など詳細は、観光庁が1月16日に発表する予定。

2018年上半期は、前年比の伸び率が、おおむね10~20%台と堅調に推移した。

夏以降に相次いだ地震や豪雨災害の影響で、9月に前年同月比マイナスといったん落ち込んだが、10月以降は回復基調となった。

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 日本政府 「蒸し返したのは... | トップ | 後部座席着用浸透せず  »

コメントを投稿

社会」カテゴリの最新記事