丙午男の独り言

50歳を過ぎた今、日々の暮らしで思ったことを気張らず気楽に。

読了:グローバル・ヘルス・ビジネス

2018年03月31日 09時02分57秒 | 読書
この本、世界標準で健康を考える、という副題も含めて、タイトルに惹かれて読みましたが、巷に存在する情報をまとめた教科書、ですね。
新しい情報は特に得られず、期待外れでした。
「埼玉学園大学研究叢書」とあるので、推して知るべし、でした。
コメント

読了:悪の歴史(日本編_下)

2018年03月24日 11時14分01秒 | 読書
上巻に続き、日本編の下巻です。江戸時代、家康あたりから、昭和初期、山本権兵衛まで42人が登場します。
中には知らない人も数人出てきますが、だいたいは歴史の教科書に出てくる人物です。
この人はこんな「悪」だったのかという意外感は、上巻より多く感じられました。
大岡越前とか、遠山の金さん、といった名奉行、新井白石や林羅山という学者の悪人ぶり(?)が印象に残りました。
コメント

読了:優れたリーダーはみな小心者である。

2018年03月10日 15時12分21秒 | 読書
元ブリヂストンCEOの荒川詔四さんが書いたです。
自らの経験や信念に基づくリーダーシップ論ですが、とても良い本で、書いてあることみな腑に落ちます。
(アマゾンの書評も全員5つ★でした。)
こんな風に会社でキャリアを積んで、成長していけたら、と思いました。
全部で25節に分かれていて、それぞれにタイトル(教訓)がついているのですが、その中のMy Best 3を挙げておきます。
①次世代に「美田」を残す
②「目先の危機」ではなく、「危機の先」を見つめる
③誰かを「指導」するなどという不遜な考えを捨てる
他にも捨てがたい教訓に満ちています。
コメント

読了:ドクタープレジデント

2018年03月04日 10時37分40秒 | 読書
「開業医の戦略的事業拡大ストーリー」という副題の付いたです。
私自身は医療施設を立ち上げたり、事業化を図ったりすること自体に興味はありませんが、一つの事業を持続的に発展させるという視点でいくつか参考になるところがありました。
・そもそもどんな価値を提供したいのかを忘れない
・挑戦し続ける
・状況に応じて変化する

また、医療グループの経営者というと、何となくやり手の金儲け上手、みたいなイメージを抱いてしまいますが、筆者の志の高さには感銘を受けました。偏見を持ってしまったことを申し訳なく思いました。
コメント