丙午男の独り言

50歳を過ぎた今、日々の暮らしで思ったことを気張らず気楽に。

玉手箱@サントリー美術館

2017年06月24日 19時21分24秒 | 芸術
国宝の蒔絵手箱をいくつか見られるチャンスだったので、金曜日の夜に行ってきました。
それほど混んでいなくて、8時前までゆっくり見られました。
凝った細工をじっくり見たいという人が集まってきているのでしょう、私を含めて単眼鏡を覗き込んでいる人が大勢でした。
サントリー美術館所蔵の国宝は、修理後初公開。しかもこの1週間だけ蓋の内側を展示しているということで、この期間を狙って行ったのでした。
他にも、出雲大社所蔵の手箱が初見。私にはこれが一番見応えがありました。
あとは、初見としてはカウントしないですが、熊野速玉神社所蔵の国宝の古神宝類が、手箱だけでなく、装束、鏡など20点余り展示されていて、こちらも見応えがありました。熊野速玉神社は昨年現地に行きましたが、公開している国宝は一部だけでしたので、単品ではほとんど初見だったと思います。
また、国宝ではないものの、熱田神宮の古神宝類(重文が多い)も多く展示されていて、こちらも昨年現地に行ったことを思い出しつつ、じっくり鑑賞しました。
もう一つ、いくつかの手箱(上記の国宝も含む)の模造品も展示されていて、その中に、本物は海難事故で海に沈んだままという、籬菊螺鈿蒔絵手箱(元は鶴岡八幡宮所蔵)の復元模造品は、見られて良かったです。そのうち引き上げられないかしら?
今回展示されていない国宝・蝶牡丹螺鈿蒔絵手箱(本物は畠山記念館所蔵)は、本物を見たくなる美しさでした。

なかなかコストパフォーマンスの高い展覧会でした。

鑑賞した国宝は以下の通り(番号はこれまでに見た累積の数、(-)は既に見たもの)
(292)浮線綾螺鈿蒔絵手箱(サントリー美術館)
(293)秋野鹿蒔絵手箱(出雲大社)・・・秀逸
(-)片輪車螺鈿手箱(東京国立博物館)
(-)熊野速玉大社古神宝
 例えば、桐蒔絵手箱と内容品、唐花唐草蒔絵手箱と内容品、籬菊双鶴文鏡、などなど
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

庭の木々や草花_2017年6月

2017年06月18日 14時58分52秒 | 植物
最近咲いた花の記録です。

蛍袋(ホタルブクロ)・・・紫と普通の薄桃色


柘榴(ザクロ)・・・一つでも実になると嬉しいが。。


山法師(ヤマボウシ)


笹南天(ササナンテン)・・・もうちょっと開花しないと実がならない


男郎花(オトコエシ)・・・女郎花とペア


女郎花(オミナエシ)


捩花(ネジバナ)・・・毎年生えてくる雑草ですが、見た目が面白いので抜かずに生やしています。


姫岩垂草(ヒメイワダレソウ)・・・グランドカバーに植えたものがだいぶ広がってきました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

横浜・称名寺の国宝

2017年06月18日 14時38分26秒 | 芸術
金沢文庫で開催されている「国宝・金沢文庫展」に行ってきました。
称名寺には4枚の金沢北条氏の人物像と、中国の「文選」の解釈書「文選集注」、昨年2万点余りが一括指定された「称名寺聖教・金沢文庫文書」がありますが、これをすべて一度に見られる絶好の機会でした。
「称名寺聖教・金沢文庫文書」は、昨年東京国立博物館で一部見ていますが、全部で2万点もあるので、見たことがない文書がほとんどだと思います。
ただ、1つ1つの価値はちょっと良く分からないですね。
1点で指定されているものの方が、やはり価値があるような・・。

あまりにマイナーだからか、土曜日なのに思いの外空いてて、ゆっくり見られました。

称名寺の庭園も観賞して、御朱印をいただいて帰ってきました。
天気も良くて気持ち良い一日でした。

鑑賞した国宝は以下の通り(番号はこれまでに見た累積の数、(-)は既に見たもの)
(287)北条実時像(称名寺)
(288)北条顕時像(称名寺)
(289)金沢貞将像(称名寺)
(290)金沢貞顕像(称名寺)
(291)文選集注(巻66、73下・称名寺)
(-)称名寺聖教・金沢文庫文書・・・30~40点が展示されていたと思います。

300が近づいてきました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

茶の湯展(2)

2017年06月02日 21時54分32秒 | 芸術
6/1の午前中に東京国立博物館の茶の湯展へ2度目の来訪。
平日の朝から、予想外の混雑で辟易したが、会期末だとこんな感じなのだろうか。

第2会場から先に見て回る作戦で、こちらはゆったり見ることができましたが、その後の入った第1会場は、ところどころ行列で、ゆったりとはいきませんでした。
でもまあ一通りは見られたので、良かったかな。
土日はさらに混雑するのでしょう。

鑑賞した国宝は以下の通り(番号はこれまでに見た累積の数、(-)は既に見たもの)
(281)出山釈迦図・雪景山水図・雪景山水図(東京国立博物館)・・・三幅一組
(282)尺牘 無相居士宛(東京国立博物館)
(283)山門疏(東京・五島美術館)
(-)尺牘 円爾宛(東京国立博物館)・・・初めてかと思いきや見たことがあった
(284)法語 璋禅人宛(京都・龍光院)
(285)易元吉画巻跋(常盤山文庫)
(286)渓林偈・南嶽偈(大阪・正木美術館)

あとは常設展で、
(-)法華経 巻第一(浅草寺経)(東京国立博物館)・・・国宝室でゆったり。これは国宝にふさわしい逸品と思う。
(-)普賢菩薩騎象像(東京大倉集古館)・・・これも2度目だが、見る価値あり。

なかなか良い企画でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加