丙午男の独り言

50歳を過ぎた今、日々の暮らしで思ったことを気張らず気楽に。

読了:ダークサイド・スキル

2018年01月27日 07時53分45秒 | 読書
清濁併せ呑む器量、という言葉がありますが、組織マネジメントでもそういう能力は必要であろうと常日頃から感じていましたので、この本はタイトルからして引き付けられました。
すんなり納得いかない部分もありましたが、全体を通じておおむね参考になるところが多かったです。
一番印象に残り、実践しようと思ったのは、変革の下準備です。
『組織の変革はいつでもできるわけではなく、条件がそろう(ウィンドーが開く)瞬間が必ずあるので、その時に一気にことをなすべし。ただし、ウィンドーが開いている時間はごく短いので、開いてから準備しているようでは変革は成し遂げられない。その時に備えて、仲間を増やし、地道な布教活動をして時を待つ。』
やってみます。
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国宝・大包平と仁和寺の特別... | トップ | 読了:鳥獣戯画 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

読書」カテゴリの最新記事