コーヒーブレイクに

時が過ぎていく。
ときには、その日の風まかせ。
ほっとひと息しませんか。

駅伝は筋書きの無いドラマ

2019-01-03 15:13:26 | 日記
 正月三が日の昼間は箱根駅伝をお茶の間で観戦。
東京と箱根間を疾走する若者が勇ましくて清々しい。
沿道では大勢の人が応援する。声援がまた選手を後
押しする。
 今年は東海大が悲願の総合優勝を果たした。また、
全出場校の全選手も最後まであきらめずに走りぬいた。
実力以上の力を発揮する選手もいる。思わぬ不調に見
まわれる選手もいて、記録と順位が大きく変動する。
まさに、駅伝は筋書きの無いドラマだ。
 どうして、こんなにも駅伝は人々を惹き付けるのか。
駅伝は人生に似ているからかも知れない。途中どんな
に苦しくなっても、待っている次の人にタスキを渡す
までは、自分の脚で走りきるしかない。このようなと
ころに人生を重ね合わせ魅了されるのだろう。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 目出度さもちゅう位なりおらが春 | トップ | 筒井康隆氏「若くもないのに... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事