コーヒーブレイクに

時が過ぎていく。
ときには、その日の風まかせ。
ほっとひと息しませんか。

筒井康隆氏「若くもないのに若さを誇示してもはじまらない」

2019-01-05 11:08:02 | 日記
作家の筒井康隆氏は語っている。
 老醜は何よりも精神から発する。自分のことを恰好のいい老人だと思っ
ていれば、たとえ見かけはどうであろうと美しい若者と同等の美しい老人
でいられるのである。
 何よりも背筋が伸びているのがよろしい。とぼとぼ歩きもしなくなるし
できなくなる。これは若わかしさの誇示ではない。若くもないのに若さを
誇示したってはじまらない。老人の美しさというのは老年に対処する精神
に由来する美しさだ。

 老人の美学とは実は孤独に耐えることなのである。若い連中に張りあお
うとすればどうしても他者の中へ行かねばならない。出て行くと余計なこ
とを言いたくなる。誰かの言うことすることについていやそれは違うと自
分の意見を主張したくなる。ここから老害というものが始まるのである。
しゃしゃり出たくなる欲望を抑え、用もないのにうろちょろせず、じっと
我慢して孤独に耐えるのが老人の美学なのだ。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 駅伝は筋書きの無いドラマ | トップ | 年頭祈願 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事