「舞い降りた剣」

ガンダムSEED&DESTINY。MSならフリーダムG、キャラならキラとアスラン、カガリが好き。コメント・TB大歓迎!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

スターゲイザー

2006-03-31 14:43:46 | Weblog
やるんですね。スターゲイザー。でも15分×3話って、まんまプラモデルの店頭プロモじゃん。内容有るのかなー。ストライクノワールは設定画は好みじゃ無いけど、プラモデルのモックはかっこいいな。公式WEBのオープンを待ちましょう。
コメント (19)   トラックバック (5)

FINAL PLUS~選ばれた未来~2005年12月25日 

2005-12-26 03:25:57 | Weblog
待ちに待ったこの日がやってきました。
①おおおお、冒頭からアスカガ追加カットだっ!
②オープニングはvestage。
個人的には、これだろ、やっぱ。ケミじゃないよ。
③えっ、ラストにアスラン追加?でたこのクオリティ。
追加カット加えるんじゃなくて、話し変えちゃうの?
しかし、最後にはシンルナを助けに行って、
ジャスティスの手を差し伸べるアスランまたカコイイ。
④ラクスは戻るんだ、プラント。キラも一緒っぽいな。
アスランはオーブっぽい。ラストはまたアスメイ。
何じゃこりゃ。いったんここでアスカガ派として心が折れた・・・。

たぶん今回のが本当にやりたい最終回なんだろけど、
これを公式にすると、ムウのアカツキでの名シーンは公式カット?
でも結論から言って、意外と楽しめた。
本放送での最終回はほんとひどかったので・・・。

シン、よかったね、キラと和解する見せ場もあったし。
そう、この最終回はみんな見せ場があって良かった。
ただ一人、カガリは今回も口数少なし。何故????
尺もたっぷりあったのに何故??????

でも今回新たに確認できたことが一つ。
メイリン→アスラン→カガリ(→アスラン?)だな。
何が新たかってメイリンはアスランを追いかけ続けるでしょう。
しかし、アスランはカガリを待ち続けるか、思い続けるでしょう。
①のように、おくてな彼が自分からカガリを抱きしめにいってたし。
二人が一緒にいられるのか、いられないのかは受け止める人次第。
私は、カガリは忙しいけど、二人は時々は会えていると思っています。
でもきっとメイリンもアスランにどんどん絡んでくるのでしょう。
なかなか会えずに、メイリンのちょっかいにヤキモキしながらも、
カガリはきっとアスランとの未来を思い描いているはず。
そんなべたなラブコメみたいな感じの日常だと思います。
そんな理解ができるエンディングで良かった。
いったん心が折れたけど、私のアスカガはややベターエンドになりました。
アスカガな皆さんはどう思いました?
コメント (18)   トラックバック (50)

PHASE-50 「最後の力」こちらは最後の力もつきましたが・・・

2005-10-03 14:48:45 | Weblog
終わりましたね。いろいろ言いたい事は有りますが、
そうかー、最後はレイに撃たれたかーって感じです。
直前まで必死になって議長の為に働いていたレイが、
キラと少し言葉を交わしただけで考えを翻したかー。
ここは賛否両論出るだろうね・・・。もうどうでもいけど。

総じて思うのは、種DESは登場人物増やしすぎたね。
旧キャラ、新キャラ、うまく活かせないのに、数だけ多くて。
中途半端にいじって、期待させておいて何もやらない。
結果みんな背景化。

しかし、最終決着についてもシンは蚊帳の外か。
アスランにあっさりやられて遠くから戦局を見つめるだけ。
こんなに不憫な主人公ないな。
いや、エンドロールからすると、既に先週から脇役か。

エンディングといえば、ワケのわかんない過去絵出すなら、
キャラのその後を出してみたらどうだったのか。
ベタな手法といえばベタな手法だが、
ここまで散漫なストーリーになってしまった以上、
多少のベタなお約束、逆に盛り込んで欲しいくらい。
各キャラの幸福な?未来が少しでも描かれれば、
多少はしまった終わり方になったのでは。
これでは本当に竜頭蛇尾。
「最後の最後までバンク総集編か、」みたいな印象・・・。

アスカガについては、まだ想いがまとまらないので、
別途、各サイトの同志の言葉を聞いてからアップします。
まあ結論としては、DVDの特典映像に期待をつなぐしかないなと・・・。

コメント (8)   トラックバック (57)

PHASE49『レイ』アスランカコイイ!ディアイザカコイイ!

2005-09-26 16:21:57 | Weblog
アスランの「ああ、行こう」。やや普段より低めの声で、カコイイ。
やっぱアスランはかっこいい。セイバーでだるまになったり、グフで落とされたり、
散々なめにあった種DESでも、へタレればヘタレるほど、彼はカッコいい。
不思議なキャラだ。これだからやめられない。戦果としても大活躍でしょう。
ミーティアの巨大ソードで戦艦のブリッジを切り落とすジャスティス。
ラクスの演説に戸惑っているスキに撃っちゃうジャスティス。素敵。
今回もアスカガ無いけど、アスラン単体を見て、久々にイキイキしたアスランで
うれしかった。ここんとこ元気が無かった友達が元気になったような気分だ。

ミーティア装備のジャスティス、フリーダムを見るにつけ、やっと大詰めだなと。
年末に見る「明石家サンタ」に似た感情か。2機で戦場を制圧してしまう勢い。
カッコいいんだよなーやっぱ。

今回はイザーク&ディアッカの動きにも注目。
旧作ファンとしては、イザークの気持もわかるような、わかんないような。
でも散り散りだった元クルーゼ隊が共闘して、レイ・議長のステーション1を落とす、
というのもなんだかグッと来るな・・・。クルーゼにとっては皮肉だろな・・・。
イザーク好きのサイトは祭りらしい。うらやましい。アスカガ祭りはいつか来る?
イザークが今回アスランのジャスティスに撃たれたミサイルを落とすところは、
前作でイザークがストライクルージュをかばう所を思い出したな・・・。

クルーゼといえば今回のタイトルでもあるレイ。今回の作画がイマイチで残念。
気持はわかる。悲しすぎる。レイは新キャラでは好きなキャラだよ。
でもキラを怨むのはお門違いだよ。キラもある意味同じ被害者じゃない?
人間の欲望の作り出した「結果」という意味ではレイと同じなんだよ。
「不幸にして命が短い」か「完全なコーディネーター」か、
つまり「成功したコーディ」か「失敗したクローン」か、という違いだけ。
どちらにも愛情を注いでくれる通常の意味での「産みの親」はいない。
それとも単に議長の邪魔になる、という意味で敵視してるのかな。

ムウのアカツキ&ドラグーンバリア。
「やっぱりな」だけど、「よかったね」という感じ。
最後までに一度は記憶の戻った兄貴とマリューの抱擁が見たい。
ドラグーンバリアはやりすぎ。百式かと思えばνガンダムだ。

さあ、最終回。感動させてくれよー!そしてアスカガも祭りさせてくれー!


コメント (6)   トラックバック (51)

PHASE-48 「新世界へ」視聴者も新世界へ。

2005-09-21 14:48:40 | Weblog
今週も書く気があまり起きません・・・・
ぶっちゃけ、土曜日の放送、3日遅らせて視聴しました。
もう別にいいや、どうでも・・・なんて思えて・・・。
いや、でもここまで見てきた一年間を無駄にしてはいけない、と
自分を奮い起こしての感想文執筆です。すみません、ネガな前置きで。

まず・・・なんだろ、あの運命プランの説明の絵。
なんかものすごく安っぽい計画な気がするよ、運命計画。
そんな計画を、ものものしく導入宣言するデュラ氏・・・。
もしかしてあの絵はデュラ氏が監修?しかもジブリ氏の扱いが・・・。
ド肝を抜かれました。よく行くブログサイトの言葉を引用すると
シリアスな展開をぶっ壊す、という意味でまさに「レクイエム」でした。

さてレイ。これまたなんの演出もなくクローンをカミングアウト。
クルーゼの時とは随分違うなー。尺なくなっちゃったんだろなー。
フラガ系のネタカットしたっぽいし。来週で(ToT)/~~~かな?
しかし、シンに対しては最後まで見下した態度。フェイス同士なのに。
彼はクルーゼのクローン?他の人?その辺のバレきてんのかな?
でもクルーゼのクローンなら、信じられる人と出会えて、
人間に絶望しなかった分、クルーゼより幸せだったんだと思うよ。
たとえ、うまく利用されていたのだとしてもね。その辺は来週かな。

そしてカガリ。コメント1回UPしましたが改訂します。
がんばっていると思います。でも「見たい」カガリではない。
「見たい」カガリはアスランと共にいるカガリだから。
為政者としてのカガリに用がないので・・・。

「スカンジナビア王国」も大丈夫か。攻撃されるぞ。
ところでこの「スカンジナビア王国」ってアークエンジェルかくまったり、
真っ先に運命計画否定したり、平和主義というよりむしろ武闘派だね。
どんな国でどんな指導者なんだろ。

まあ総じて、もっとうまく使ってよ、各キャラクター。

さて定番となってきた締めのアスカガ。もちろん今週も進展無しですね。 
ほんとに何の描写もなく終わるのかな・・・。つらいなー。
ぶっちゃけ、もう今回でアニメ封印するつもりなんだよね。
なんかまわりに隠れて見てるのがつらくなってきて・・・。
だから最後にアニメ界からの餞別として、
アスカガハッピーエンドを期待します。涙。
コメント (12)   トラックバック (75)

PHASE47『ミーア』・・・ミーアはもういいから・・・。

2005-09-11 23:14:15 | Weblog
どうでもよかっった今回一番の衝撃は、ドム3人組。
ドムは歴史的に3人1組で、3個ずつプラモデルを売る、
というバンダイのオーダーで無理に作られたキャラクター。
もうちょっとキャラクターデザインこってあげたらどうか。
力入ってないのがよくわかる。しかもおばさん、赤服。

まあ冗談はさておき、ミーアでここまで尺を使って、いったい
何が言いたかったのか。議長の黒さ?Dプランの危うさ?
無理に深読みして解釈しないと何も伝わってこない。

まあ何にしろ、ミーアには全然感情移入できないので、
今週の、特に前半は時間の無駄でした・・・。
無駄というより、怒りがこみ上げて来てしまいました。
ほんとにこんな無駄やるなら、アスカガ描写をしてほしかった。
まあ来週カガリが出そうだから来週に注目かな。
いずれにせよ、来週は佳境だな。

コメント (8)   トラックバック (50)

PHASE46「真実の歌」ええっ、ミーアで2話も使うなら・・・

2005-09-05 00:38:20 | Weblog
今回はいくつも小ネタが炸裂しました。
先回オーブ軍に正式編入、今回は月でいきなり休暇。
宇宙に上がったのは休暇のためかよっ?

「なんかやっぱり・・・別人なんじゃない?」とマリューさん。
いや、むしろそれ、兄貴っぽいでしょ、というなごむ会話の後、
ショッピングチームは、とんでもない展開に(笑)

普通に銃を携帯してのショッピング。
「そんなに怒んないでよアスラン」
「怒っちゃいないさ。ちょっとあきれてるだけだ。」
「同じじゃないか。」「だっておまえなあ」
「大丈夫だよアスラン。もう僕もラクスも。
だからそんなに一人で頑張んなくていいから。ねっ。」
アスラン君、その場で、その婚約者を奪って君の人生を翻弄する
スーパーコーディーを撃ち殺してもいいんだぞ。

元婚約者は一切無視で、「ねぇ、キラ」「どうですかキラ」とラクス。
ラクスちょっとウザめな女であることが発覚。
しかもどんなわがままも、すべて聞き入れる漢(おとこ)、キラさん。
AA艦内より、街で見たほうが、バカップルぶりが良くわかる。
この感じ、田舎のヤンキーのカップルで、男が童貞の場合よくある感じだ。
アスラン君、その場で、その電波発言で君の人生を翻弄する
テロ指導者コーディーを撃ち殺してもいいんだぞ。

また次の偽ハロのメッセージの件が、ほんと最低。バカすぎる。
まずどこから転がってきたんだよ、ハロ。種デスの対象年齢を思い知った。
「なんか思いっきり罠ですね。」「くっそう、それも見越して仕掛けてる」
・・・・アスランのバカ。今回このセリフが一番笑えた。
しかし、あんなたくさんのエージェントがいて、狙撃失敗・・・。
ほんとどっちもバカばっかり。シヴィれちゃう。
しかもエージェントはマシンガン持ってる。ええっ、手榴弾までっ!
いったいどういう作戦だったんだ!!!こりゃまたシヴィれる。
アスランの超ジャンプ、キラが手榴弾を打ち返す、きめ台詞は
「遅いです、ムウさん」えっ、さり気なくムウ確定オープン?
「んぁ゛ぁ゛?」そりゃネオもいきなりそんなこと言われりゃ怒るし。

そしてミーアは撃たれ、当然の如く1回転してダウン。いつの演出だよっ。

さて今回一番気になったのは、アスラン「ほんとに君も、いつもごめん。」
メイリン「いえ・・はい、まあ・・・。」先週から引き続き、アスメイ。
ほんとキてんの?アスメイ。今回も微妙だなー。カガリーっ・・・・。

コメント (8)   トラックバック (36)

種死45話感想②今更わかったよ、アスカガ好きだよ(悲痛な叫び)

2005-08-30 00:49:32 | Weblog
今回の「カガリ指輪なし」事件をよく考えてみました。
そして旧SEEDのDVDを鑑賞。どうしても書きたい。

メイリンは良い娘だ。心の芯が強く、一途だ。
髪を下ろすと美しく、準主人公としての風格もある。
が、いい?キモいこと言うよ?いやなら読まないでよ?

やっぱ嫌だ!アスランとは、カガリしかないっ。
というか、アスランを好きなカガリを好きなんだ。
アスランと離れることを選んだカガリなんてカガリじゃない!
カガリが別人になってしまったような気がしてすごく寂しい。
不器用で照れ屋で、でもアスランと一緒にいるカガリはかわいい。

前作SEEDでの無人島遭難でのアスラン・カガリの出会い、
キラとアスラン相打ち後のやりとり、決戦前の切ないラブシーン、
エンディングの「FIND THE WAY」の最初に出てくる笑顔の二人、
そして最終回の締めを飾った、ルージュの中で泣きながら抱き合い、
大破したフリーダムにキラを拾いに行くシーン。
そしてアスランを支え続けたカガリ。「生きるほうが戦いだ」だっけ。
二人はSEEDの物語そのまま。

しかし、いちゃつきまくりの他カップルに比べ、アスカガは地味。
破局させなくてもいいじゃんか。ぶっちゃけキラ・ラクと対照的。
玉金並「REASON」はアスカガのテーマだと思ってた頃がなつかしい。

バレのとおり、本当にもうアスラン・カガリのからみはないの?
二人には「いっしょに」幸せになってほしい。脳内補完なんか嫌だよ。
最終回アスカガ、ハッピーエンド描写頼むよ~。でないと終わらせられないよ。
アスランのセリフが微妙で、ぶっちゃけ描写がないと、安心できない。

じゃないとDESTINYは、ほんと「見なきゃ良かった」になっちゃうよ。
ストーリーは成り行きでぼろぼろ、新MSもさっぱりかっこよくない、
しかもシリーズで一番好感が持てた二人、アス・カガが破局って・・・。
(まあムウ・マリュ復活はよしとして・・・)

DESTINYはSEEDの遺産を食い尽くして終わるのか・・・。
そんなこと無いって誰か言ってくれよっ!
コメント (12)   トラックバック (5)

PHASE45「変革の序曲」今回も突っ込みどころ満載か。

2005-08-27 19:54:12 | Weblog
タリアの子供。本当にいたんですね。ということはやはり夫がいたんですね。
夫がいるのにデュランダルとH。大人の女ですね。デュラ議長は人妻好きか。
もしくは夫の写真は出なかったところ見ると精子提供のみ? 
いやいや、デュラとの別れの時は旦那(?)が肩か腰を抱いていたような。
初期に話題になったあのベッドインの衝撃がよみがえる。艦長わりとスキね。

カップルといえば、今回は射撃も好調なルナマリアとシン。
カップリングは艦内公認?

バレどおり、カガリは残留か。
カガリも「アイツ頼むな」なんて、ええっ、本当にアスランはメイリンと?
いやだなあ、アスランとカガリも前作からの歴史的カップルなのに。
つか、緊急時もイチャつくキラ・ラク、シン・ルナに比べて、
アスランカップルは地味だ。

キラが准将に昇格!マリューの一佐よりも上。
というかちょっと前まで敵兵のアスランや兄貴も一佐。
ずーっとオーブで頑張ってる人たちを、階級的に一気に追い越す、
敵前逃亡・寝返り兵のアスラン&ネオ。こりゃひどいよな・・・。
オーブ軍の階級審査はちょっとどうかと・・・・。

でアカツキは兄貴にあげちゃうのかよ。形見じゃないのかよっ!

そしてメイリンはオーブ制服なし。エターナルに行くってこと?
というか、脱走時は帽子かぶってなかったのに、どこから持ってきたんだろ。

今日の締めは「悲しき涙、忘れるな ハロ!」。
来週はついにミーア死亡か・・・。
コメント (4)   トラックバック (40)

8月20日phase44『二人のラクス』今週もアスランやや復権?

2005-08-22 01:03:53 | Weblog
いやあ、無理に混乱してますねー、ラクスさんのおかげで。
しかし、一騎当千のスーパーコーディネーターを私兵としてかかえ、
和平協定破りの核兵器MSをいくつも私的に蓄えて私的に運用、
ジブリール氏を捕らえる邪魔をするようたきつけておいて、
キメ台詞が、「無論私はジブリールをかばうものではない」って、
そりゃあんた、「あんたは何がしたいんだーっ!」てなるぜ。

いくらオーブを守るためとはいえ、プラント崩壊の責任はキラ達にあるよ。
「宇宙にあがろう」「打倒デュランダル」で盛り上がる前に、
少しは責任感じろよ。全然共感できねぇ。
でも、今日のこのAA宇宙行き決定のシーン、完全にトークの中心というか、
意思決定の重きがアスランに置かれていたような気がするのは気のせい?
いつもならキラのポジションにアスランが先回くらいから入ってきてるな。
そして最後の握手。ここまでヘタレ演出しか回ってこなかったアスランに、
キラ同等くらいのポジションがやっと回ってきた感じ。

今回の見所は、ちらっと映ったクルーゼの素顔もポイントだったけど、
(ここでまたわざわざクルーゼ出したのはデュラ&クル&レイの謎明かしが近い?)
旧作ファンにはうれしい、待ってましたのジュール隊出撃。
「何がなんでも落とすぞっ!!」久々のイザークらしいセリフがうれしい。
2CHでは遺作&痔祭り開催。死なないといいね。


コメント (2)   トラックバック (8)