紀州新聞 THE KISYU SIMBUN ONLINE

和歌山県の御坊市と日高郡をカバーする地方紙「紀州新聞」のウェブサイトです。主要記事、バックナンバーなどを紹介。

御坊市 ふるさと納税10億円超え期待 6億円突破で過去最高(前年度)更新 〈2020年12月20日〉

2020年12月20日 08時30分00秒 | 記事

インターネット活用で好調を維持


 御坊市の令和2年度ふるさと納税寄付額が、9日現在で6億円を突破し、過去最高だった前年度を上回った。平成28年12月からインターネットを活用した大手ポータルサイトに委託して以降、毎年度2倍以上の伸びを続けている。今年度も2倍のペースを維持しており、納税ピークを迎えた12月も好調が続けば10億円の大台突破が視野に入る。市企画課は「御坊のヒト、モノの魅力を発信し、さらに御坊ファンを増やしていきたい」としている。

 インターネットを活用した大手ポータルサイトに委託した平成28年12月以降は好調で、28年度は3955件、4844万円▽29年度は6501件、1億395万7008円▽30年度は1万8332件、2億4424万4070円▽令和元年度は4万7512件、5億9459万423円-と、件数、寄付額とも毎年度2倍以上伸びている。
 令和2年度も2倍以上のペースを維持し、9日現在で4万9363件、6億1488万9000円で過去最高を更新。12月に入り、若干ペースが落ち、件数で前年度同期比1・9倍、寄付額で1・95倍の伸びとなったが、ほぼ2倍のペースは維持。昨年は12月だけで2億3069万円の寄付があり、年末年始も今のペースを維持できれば10億円超えが期待できる。
 返礼品はイチゴ、スイカ、メロン、ミカン、梅、フルーツセット、野菜セットが人気メニューで果物・野菜類が全体の93・5%を占める。寄付者は東京都が25・8%と最も多く、神奈川県10・4%、大阪府8・8%、愛知県7・2%と続く。関東地方が全体の50・4%を占め、近畿地方が20・2%、東海地方が13・3%。寄付額は1万円が全体の93・8%。最高額は95万円(全自動麻雀卓)。
 出店業者は当初13業者だったが、現在は45業者まで増え、品数も事業者と連携しながら魅力ある商品づくりに取り組み、当初32品目から594品目に拡大。今年度から委託ポータルサイトを5サイトから7サイトに増やし、新規寄付者開拓に努めているほか、返礼品なしの御坊応援寄付金を設けたり、返礼品に市内での食事券や買い物券、オリジナルプレートセットを追加するなど地域の魅力発信にも力を入れている。
 市企画課は「今の段階で前年度を超えることができ、ありがたい。制度を通じて御坊の良さを知り、お越しいただけることで御坊の人の温かさにふれていただきたい。御坊のヒト、モノの魅力を発信し、御坊ファンをさらに増やしていきたい」としている。返礼品は寄付額の3割程度で、送料や手数料を加えた必要経費は約55%。残りの約45%が市の収入となり、教育環境整備、福祉の充実などに活用している。


 その他の主なニュース

全国総合高校文化祭書道部門 細田菜月さん、加賀友弥さん(紀央館)県代表

 リトルシニア和歌山選抜 由良、南部の7選手Vに貢献

日本ゲートボール連合 原保治さん(日高川町)寺西和夫さん(美浜町)が功労賞受賞

青山学院大 日高地方出身選手が一部昇格に貢献


この記事についてブログを書く
« 御坊市が総活躍希望大使を創... | トップ | GoTo商店街事業 イルミ... »
最新の画像もっと見る