紀州新聞 THE KISYU SIMBUN ONLINE

和歌山県の御坊市と日高郡をカバーする地方紙「紀州新聞」のウェブサイトです。主要記事、バックナンバーなどを紹介。

都道府県対抗駅伝に管内男女4選手が県代表入り 〈2017年12月28日〉

2017年12月28日 08時30分00秒 | 記事

 新春1月に開催される第23回全国都道府県対抗男子、第36回同女子駅伝競走大会に出場する県選手団のメンバー23人が発表された。日高地方から和歌山北高1年、家吉新大君(16)=湯川中出身=、南部高3年、西野元喜君(17)=同=、大成中3年、福居夏帆さん(15)、羽衣国際大1年、岡奈津美さん(19)=早蘇中-和歌山北高・日高川町出身=の男女4人が選ばれた。

 中学、高校、大学、一般の選手がタスキをつなぐ恒例の大会で、選考会や今年の実績を参考に男子10人、女子13人を選抜した。
 男子は1月21日に広島県で7区間48キロを走る。1区(7キロ)、4区(5キロ)、5区(8・5キロ)が高校生、2区と6区(いずれも3キロ)は中学生、3区(8・5キロ)と7区(13キロ)が大学・社会人区間。
 3年連続で選抜された家吉君は今季、県高校総体5000メートルを14分49秒90で優勝、県高校ユース1年1500メートルも優勝。県高校駅伝では3区1位で10連覇に貢献し、全国高校駅伝に出場。最終選考会を兼ねた県記録会は5000メートルで15分02秒37をマークし3位。
 初の代表入りの西野君は今季、県春季陸上選手権大会共通5000メートル4位、県高校総体は5000メートル5位、県高校駅伝は1区4位。最終選考会は5000メートルで自己新の15分31秒10で4位に入った。
 女子は14日に京都府で区間42・195キロを走る。3区と8区(いずれも3キロ)が中学生、1区(6キロ)、2区・4区・7区(いずれも4キロ)、5区(4・1075キロ)6区(4・0875キロ)は高校生か一般区間。
 福居さんは初の代表入り。今季は県中学駅伝で1区6位、日高地方中学駅伝では1区で区間新をマークしチーム準優勝に貢献。後半の粘りある走りが持ち味で、奈良県での記録会では3000メートルで10分28秒と自己ベストを更新。
 岡さんは3年連続の代表入り。今季は関西学生陸上対校選手権、西日本学生陸上対校選手権とも5000メートルに出場。終盤に追いあげるレーススタイルに変わりはなく、5000メートルの今季自己ベストは12月の記録会でマークした16分42秒。
 代表入りした西野君は「都道府県駅伝を目指したのは後輩の家吉君に誘われたのがきっかけで、選ばれてうれしい。次は家吉君と共に大会で走ることを目標に、持ち味の粘りある走りを見せたい」。
 福居さんは「都道府県駅伝に出るのが目標だったので代表に選ばれてうれしい。出場できれば、粘りある走りでチームのために頑張りたい」。
 前回、大会直前に体調を崩し代表を外れた悔しさを乗り越えての選抜入りに岡さんは「今年も代表に選ばれてうれしい。和歌山をアピールし、勢いのある走りを見せたい」。
 指導スタッフに管内から県女子チームコーチに間野大奈さん(大成中)が選ばれている。
 県選手団の壮行会は、1月6日午前10時から田辺スポーツパーク陸上競技場で開く。


その他の主なニュース

 みはま学園で大道芸人たっきゅうさん「笑い」テーマに地域づくり講座

 JR御坊駅に故郷への帰省を歓迎する「お出迎えポスター」

 県中学ソフトテニス大会で印南の林李々花・畑中望来組(女子)優勝

 日高病院議会でMRI装置更新契約承認、3月から稼動


この記事についてブログを書く
« 2017年11月 データバンク | トップ | 御坊市第6次行財政改革実施... »
最新の画像もっと見る