紀州新聞 THE KISYU SIMBUN ONLINE

和歌山県の御坊市と日高郡をカバーする地方紙「紀州新聞」のウェブサイトです。主要記事、バックナンバーなどを紹介。

日高医師会創立70周年記念式典「良質な医療提供へ精進」 〈2017年12月5日〉

2017年12月05日 08時30分00秒 | 記事

70周年の節目を祝いさらなる活躍へ乾杯


 日高医師会(髙辻幹雄会長)の創立70周年記念式典は2日、みなべ町の紀州南部ロイヤルホテルで開かれた。会員をはじめ、県内医療関係者や日高郡市首長ら約60人が出席した。髙辻会長は「脈々と伝わる伝統の〝和〟の精神を受け継ぎ、一致団結して地域住民の皆さまに良質な医療を提供できるよう精進する」と地域医療の維持・発展、地域住民の生命と健康を守る使命に決意を新たにした。

 祝賀会で髙辻会長は「戦後の復興期から現在に至るまで、地域医療活動の拠点として、地域住民の健康を守るという使命を全うしてきた。会員一丸となり地域医療の向上にまい進してきた。そこにはいかなる厳しい環境の中でも粉骨砕身の努力を惜しまなかった先輩方の足跡がある」と70年の歩み振り返った。直面している少子高齢社会に対し、地域包括ケアシステム、地域医療構想といった新たな医療提供体制が進められるなか、「かかりつけ医を中心とした切れ目のない医療・介護体制作りが求められている」といい、「これからの激動の時代に向けて臨機応変に柔軟に対応しながら足元を見据えて一歩一歩確実に歩みを進めることが重要と考えている。一致団結して良質な医療を提供できるよう精進する」と述べた。県医師会の丸笹雄一郎監事が県医師会寺下浩彰会長の祝辞を代読。柏木征夫御坊市長は「御坊市は全国で病院数も医師数も極めて多く、住民にとって医療への心配がない地域。この体制を維持してほしい」、郡町村会長の森下誠史美浜町長は「地域住民の健康をさまざまな形で背負っていただいていることに感謝する。さらなる活躍と発展を」、野尻孝子県福祉保健部健康局長は「地域での役割は多大。住んでよかったと実感できる郷土日高にしたいので今後ともさらなる協力を」と感謝と期待の言葉を贈った。日高歯科医師会の柏木健生会長の発声で乾杯し祝宴がスタート。和気あいあいと節目を祝った。
 祝賀会に先立ち、宗教学者で国際日本文化研究センター名誉教授、山折哲雄さんによる特別記念講演が行われ、「日本人の死生観~高齢社会を迎えて~」をテーマに聴いた。


その他の主なニュース

 美浜町吉原運動公園周辺松林で親子らチャンバラやダンボール遊び

 例年より2週間早くインフルエンザ流行期に

 御坊市で宅建協会不動産フェア、こころ亭久茶さんが落語で相続事情紹介

 タイガースカップで御坊ボーイズが準決勝へ